FC2ブログ
topimage

2020-07

南禅寺〜奥の院・駒ケ滝 - 2020.05.29 Fri

いまは近所の人しか来ないけれど、普段は観光客で賑わう南禅寺のその奥に、滝行場となる滝があるのをご存知だろうか。実は私もしらなかった。


DSC01809.jpeg


夕刻、散歩がてら碧雲荘界隈を通って、南禅寺へ。
碧雲荘の花菖蒲はまだ少し早いみたいだ。昔はこの季節だけ堀の近くまで行けたのだが。


DSC01814.jpeg


碧雲荘脇の疏水分線の道も緑あざやか、夏草も茂りはじめた。ここで野の花をつむのも蓬をとるのも。


DSC01815.jpeg


珍しくここに鴨のつがいがいた(写真はメスの方)。やっぱり人がいないせいかね〜。


DSC01819.jpeg



野村美術館、自粛休館する前の最終日に行ったのもずいぶん昔のことのような気がする。まもなく開館すると思う、、というか、してほしい。


DSC01826.jpeg



西門を通って南禅寺境内に入る。
南禅寺は徒歩圏内、自分の庭の延長のような感覚であるがゆえに、かえって今までわざわざでかけることも少なかったのであるが(インバウンドでごった返しもあるので)。



DSC01824.jpeg



苔と木々の緑が美しい。


DSC01827.jpeg


絶景かな〜の山門も緑の中にひっそりと。


DSC01828.jpeg



なにしろ紅葉の名所なので、青楓の季節も麗しいのだ。


DSC01834.jpeg



TVのサスペンスもの定番の水路閣。(なぜ謎解きをここでするかな〜?)



DSC01838.jpeg


夕刻ということもあったが観光客ほぼゼロなので普段は撮れないこんな無人の写真も簡単に撮れてしまう。


DSC01841.jpeg



アーチをくぐって、上に登って、、、


DSC01842.jpeg


この水路閣の上、琵琶湖疏水は流れ、、、


DSC01844.jpeg


隧道を通って山科まで水は流れるのだ。


DSC01847.jpeg



そこにあるのが南禅寺では一番奥にある東山の麓の最勝院高徳庵




DSC01848.jpeg



だれが創建したのかいつ開山なのかはっきりしない、、くらい古い塔頭である。(現地へ移転は大正年間)


DSC01849.jpeg



境内に奥の院・駒ケ滝まで二町とある。ええ〜っと二町でどれくらい?遠かったらやめようと思ったが計算すると200mくらいなんでこれならいけそう。



DSC01850.jpeg



最勝院の右手の道をずっと山の方へ登っていく。


DSC01853.jpeg


坂道はゆるやかだ。


DSC01855.jpeg


奥の院への道である。とちゅう大杉明神とか豊丸明神とか土着神を祀ったとおぼしき社や碑がほんとうにたくさんある。


DSC01856.jpeg



このあたりは東山山系の足元になるので山の水が滲み出るような水の気配だ。



DSC01858.jpeg


お、お社が見えてきた。


DSC01859.jpeg


奥の院についた。背後に駒ケ滝、空気がぜんぜん違う。

奥の院は、鎌倉時代に駒道智大僧正が隠棲したとされる。僧正は摂関家の出自で比叡山で天台密教をきわめ、のちに南禅寺管長(長更)、永観堂住持もつとめ、伝説によると白い馬(駒)に跨り天空に身を隠した(なくなった)といわれる。よって駒大僧正とよばれ、その隠棲した奥の院の滝を駒ケ滝とよぶようになったとか。



DSC01861.jpeg



駒ケ滝、ほとばしる水は山水であろう。



DSC01862.jpeg



この滝は滝行ができるらしく、行者のための小屋も整備されている。洛中からあまり距離のない場所での滝行なんて!こんなところがあったなんて、すばらしい!



DSC01864.jpeg


滝のそばにはお不動さん


DSC01866.jpeg

滝から下を見る。


駒大僧正にはもうひとつ伝説があって、亀山上皇がこの地に離宮を作った際に、この地への執着強かった僧正の死霊が夜な夜なあらわれたという。最終的には東福寺・第三世無関普門(大明国師)がこの死霊を鎮めたとされる。この功績により、のちに大明国師は南禅寺開山となったのであった。



DSC01869.jpeg


ほとばしる水の清冽さ、つめたさ


DSC01871.jpeg



そして美しさ
山の清浄な空気につつまれて、最初心細かった心もおちつき、しばしここに身をゆだねる。
こんな場所が家の近くにあったなんて、、、

さすがに滝行は今は風邪ひきそうだし遠慮しておく。


DSC01875.jpeg



周辺には、観世音菩薩、八劔大明神、飛車大明神、八ツ崎大明神、駒ケ滝地蔵大菩薩、力彦大明神、、、、名前を聞いただけではわからない土着の神さまがたくさん祀られている。



DSC01877.jpeg



かなりあやしげな雰囲気もただよう。ほんまに日本は八百万の神の国やな。お寺にあるというのも、こういう日本人の宗教観って好き。



DSC01879.jpeg


しらべたけれど不明だった「力彦大明神」
何系の神様なんだろうか。


この滝の上には洞穴があって、厳島弁財天など祀られているそうだが、さすがに夕刻ゆえちょっとこわくて遠慮した(^◇^;)

地図をみるとその先をどんどん行くと大文字山の三角点に達する道もあるようだがかなりケモノ道っぽい。(ツレが他日どんどん奥へ行って、新島襄墓所に出た、と言っていた。)


そろそろ暗くなってきたので、人ならぬモノもでるやもしれぬ、とそのあとはとっとと帰路についた。南禅寺の奥をきわめたい人、昼間ならこわくないので是非。





関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

>最勝院高徳庵

此処、参道が格好いいですよね^^

来週になると

色んな寺院が、拝観再開されますね^^

高兄様

美術館もですよ〜。本日京セラ美術館、行ってきました。
企画展は中止になったけれどお目当ての「瑠璃の浄土」見られてよかった。

さて、高兄様はきょうと京都の最後の撮影にどちらを選ばれるのでしょう。

しぇるさん、再び、こんにちは

>京都の最後の撮影にどちらを選ばれるのでしょう

ははは、もう、答え載ってますよ^^

本日を以って、拙blog終了いたしました

いつも、暖かい応援、感謝しておりました

ありがとうございました^0^

高兄様

最後の写真の数々、青楓が目にしみるとともに心にしみました。
なるほど、なぜかふさわしい場所だったような気がします。

長い間美しい写真をありがとうございました。

(今後ともオフ会の方はよろしくおつきあいくださいませ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1392-b9a014d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コロナ後初の茶会〜これからの茶会のスタイルは? «  | BLOG TOP |  » 自粛下の皐月雑記2020

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (286)
茶事(亭主) (43)
茶事(客) (100)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (71)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (75)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (10)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (10)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (13)
美術館・博物館 (92)
奈良散歩 (48)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
コロナ下の祇園会2020 (0)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (36)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (8)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR