fc2ブログ
topimage

2024-04

復曲能「篁(たかむら)」謡奉納〜六道珍皇寺 - 2020.10.18 Sun



IMG_3066.jpeg


お盆に毎年来ている六道巡りの六道の辻、お盆以外にはこんなに静かなんだな。


IMG_3067.jpeg


六道の辻にある六道珍皇寺、毎年お盆には大勢のお参りの人で賑わうが、今年はコロナで蓮の花や高野槙を売るお店もなくさびしかった。


IMG_3068.jpeg


なんと今季、秋の特別公開にあたっているらしい。


IMG_3069.jpeg



お盆の時の地下にある迎え鐘も、特別に鳴らしてもいいみたい。(ご先祖様、間違って帰ってこないやろうな(^_^;)


IMG_3070.jpeg


今日、ここへきたのは復曲能「篁」の謡奉納が閻魔・篁堂であるので、それを聞きに。
京都観世会館は上演が途絶えていた作品を復曲される取り組みをされており、今回は法政大学の西野名誉教授による監修校訂による「篁」、室町時代にすでに廃絶した演目らしい。


IMG_3072.jpeg


小野篁といえば、平安初期の有能な官吏であり、また白楽天にも匹敵すると言われた漢詩人・歌人でもあったが、有名なのは地獄通いであろう。夜な夜な井戸を通りぬけて地獄へ行き、閻魔庁の役人をしていたという。
これは本堂の中の庭にある地獄へ行くときの井戸だそうだ。黄泉がえりの井戸(帰るときの井戸)も奥の方にあって、特別公開中は拝見できる。



IMG_3078.jpeg



本公演は来年2月13日だが、本日は小野篁に敬意を表してシテを演ずる味方玄師はじめ4名の能楽師さんがクライマックスの部分のお謡を篁の像の前で奉納される。



IMG_3083.jpeg


お謡奉納中。

小野篁像は実物大というがかなり大きい。記録では身長六尺二寸(188cm)もあったというから、それが本当なら平安貴族としては破格の巨漢であったといえよう。

また反骨の人で当時の嵯峨天皇を揶揄するような漢詩を作って隠岐の島に流されたりしている。(百人一首の「わだのはら八十島かけて、、、」はこの時の歌だそうだ)2年後に呼び戻されているのはそれだけ有能の人であったからだろう。
時代は下って同じく隠岐の島に流され、ここで亡くなった後鳥羽上皇がツレである。後鳥羽上皇が篁を慕って(流された者同士)弔っていると鬼形の篁が地獄の官吏としてあらわれ、バッタバッタと逆臣を地獄に落とし、後鳥羽上皇は溜飲を下げる、、、というようなお話らしい。



IMG_3082.jpeg



特別公開でたまたま観光で来ていた人、これをねらってきた能好きの人、でけっこうたくさんの方が拝聴していらした。マスコミもね。
奉納が終わったあとは本堂で味方師による「篁」の解説を聞く。



IMG_3063.jpeg


後鳥羽上皇とのからみのストーリーや見所、復曲の苦労などを聞く。
片手に金札(生前の行いの評価が書いてあり、地獄行き極楽行きが決まる)片手に中啓でばっさばっさと判定を下す鬼形の篁にはこれがふさわしかろう、と天神の面を使うことにされた、というお話しも実際に使う面を見せていただきつつ。


2021_fukkyoku.jpeg


本公演は来年2月13日、シテ・味方玄  ツレ(後鳥羽上皇)・片山九郎右衛門

12月23日にプレ公演、本来プレス向けだが今年は一般見学も可能。





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1466-09efe61c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横浜で(名物だらけで頭が煮える)茶事 «  | BLOG TOP |  » 三五夜・月釜2周年記念2回目

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR