fc2ブログ
topimage

2024-02

高野山<前編>〜宗教都市と奥の院ナイトツアー - 2020.11.09 Mon

今回学んだのは、「高野山」という山はないってこと。


IMG_3537.jpeg



1000m級の山々に囲まれた平坦地、そこにある宗教都市を高野山とよぶのだ。
おかざき真里さんの空海と最澄を主人公にした漫画「阿・吽」を読んで、比叡山へはこの前いったし、今度は高野山だっ!とミーハー魂を炸裂させて一泊旅行にやってきた。(友人3人も巻き込んで(^_^;)
10代のころ、一度は来ているはずだが、限られた記憶しか残っていないので、深山幽谷の宗教都市を想像していたら、なんと、高野山は「町」だった。



IMG_3538.jpeg



しかもGO TOやらなにやらで、週末で、車が渋滞するほどの賑わいでびっくりした。



DSC03578.jpeg
 

高野山だけに高野槙があちこちに植えられて、売られてもいるのがものめずらしい。


IMG_3534_2020110323093339a.jpeg



そして標高800mの町は市中よりも一足お先に紅葉、秋たけなわの時期を迎えていた。


IMG_3536.jpeg


うわ〜〜〜!の紅葉があちこちで見られるのである。


IMG_3540.jpeg


どこにカメラを向けても絵になりすぎるので困る。


DSC03571.jpeg



今回京都駅から高野山直通のバスがあるのを発見して、ハイライトだけを見ようと思えば日帰りでも十分なのだが、奥の院ナイトツアーに参加したく、また宿坊にも泊まってみたいので、一泊とした。お世話になった宿坊はビルマ戦線戦没者を祀る摩尼宝塔のあるこちらである。
なにしろ高野山には100以上の子院があって、その半数が宿坊を兼ねているし、宿坊案内所もあって、気軽に泊まれる。



DSC03570.jpeg


あ、ビルマの竪琴。今の若い人にはわかるかなあ。


DSC03641.jpeg


部屋からの眺めがまた絶景で、ここからも紅葉が堪能できた。


IMG_3546.jpeg


でもって、お坊さんがサーブしてくれる精進料理がまたおいしくて、みなさん完食。
翌朝早朝6:30からは朝のお勤めが本堂であって、これにほぼ強制的(^_^;に参加。不信心者ではあるが、なにやら敬虔な気持ちになるのである。


DSC03577.jpeg



宿に荷物を置いて、まずは明るい内の奥の院へ往復4kmを歩く。
奥の院は苔むした墓碑や壮大な供養塔が杉の大木の間にたちならび、有名な武将の供養塔もたくさんあるである。その昔来たときに、郷里の備前池田藩の供養塔のショボさに憤った記憶があるが、たしかに2〜3mはあろうかという供養塔の立ち並ぶ中にしょぼしょぼっと墓石が並んでいるだけで、やっぱり記憶通りしょぼかった。

深山の趣はあるが、なにせたくさんの人が歩いているので怖さとか敬虔な気持ちとかはわかないのである。あかんがな。


DSC03592.jpeg


その昼往復した奥の院を夜、歩こうというツアー。申し込んだときにはせいぜいうちらのグループくらいやろうと思っていたら!なんと最終的には30〜40人の団体さんになってしまって、ますます怖さもおどろおどろしさもなかったのである。(この週末は特別に多かったらしい。おそるべしGoTo)


IMG_3547.jpeg


当日は10月の満月の日で月明かりが美しい。


IMG_3552.jpeg


恵光院のお坊さんが案内してくださる。まずは高野山について簡単なレクチャーを。


IMG_3550.jpeg


ここで数グループにわかれて出発。


DSC03612.jpeg


それなりに灯籠や灯りはあるが、一人や二人ではやっぱり恐いだろうなと思ったが、お一人でお参りされている方もいらした。


DSC03613.jpeg



実際はこんな暗さである。
逆に灯籠の光りが届く範囲しか見えないので、供養塔とか、墓碑とか暗くて見えず、かえってこわくない。


DSC03615.jpeg


要所要所、有名な人の供養塔の前で立ち止まって解説を聞く。光秀の供養塔は五輪塔の真ん中の石がなんど組んでも割れるのだとか。怨念か?(^_^;


DSC03616.jpeg


汗かき地蔵さんの横に姿見の井戸があって、ここをのぞいて自分の姿が映らなければ3年以内に死ぬとか。夜はのぞかん方がええよ。多分くらくて映らないから。


DSC03618.jpeg



杉の大木の合間から時折見える満月が心強い。


DSC03623.jpeg


とちゅう緩やかな覚鑁坂(かくばんざか)という階段があって、ここもこけると3年以内に云々。まあ足元に注意しろということだろう。


DSC03630.jpeg


御廟橋を渡る前に、自分の身を清める代わりに各種仏様に水を掛ける。ここから先は聖域なので写真撮影は御法度である。
無数の寄進された灯籠が下げられた灯籠堂は夜見ると壮観であるが、現在はLED、かつては一つ一つ蝋燭をつけていったのであろうか?
いまもお大師様が瞑想されているので御廟の前には毎日食事が運ばれるそうだ。
昔それを聞いて即身成仏の姿で残っているのかと、地下礼拝所で恐い〜とおもった記憶があるのだが、現在地下はコロナで入れない。



DSC03634.jpeg



帰りの2kmはマイクロバスで帰還だったが、われわれ4人だけ、徒歩で歩いて帰ることを選択、奥の院の夜と満月の雰囲気を満喫したのであった。
この日歩いた歩数はゆうに26000歩以上。ぐっすり眠れましたわ。


IMG_3646_20201105002341e1d.jpg


翌朝、前日目をつけておいた釜飯屋さんに30分ほどならんで、、、(なにせ食堂少ないこともあって、どこも行列ができる)


IMG_3647.jpeg



やっと山菜釜飯にありつく。おいしい♪本場だけあって胡麻豆腐のねっとり感がまたたまらん。



IMG_3679.jpeg


宗教心より食い気の新旧女子4人が次にめざしたのは酒饅頭であったが、ここでお菓子を仕入れて続きは野点へ。



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1478-ba7ca69a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高野山<後編>〜護摩修法と茶籠で野点 «  | BLOG TOP |  » 今年最後の名残の風炉茶事〜月やら菊やら

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR