fc2ブログ
topimage

2024-02

高野山<後編>〜護摩修法と茶籠で野点 - 2020.11.09 Mon

翌日は、空海が嵯峨天皇に賜った土地に最初に諸堂を建立した壇上伽藍から。



DSC03650.jpeg


しかしながら建物よりもどうしても紅葉の美しさに目を奪われるのである。


DSC03656.jpeg



あちこちガイドブック通りに廻ろうと思っていたが、ここで初めて高野山に来て宗教的体験をして、1時間ばかり時間を費やしたのが、、、、



DSC03658.jpeg


愛染明王を祀る愛染堂の護摩修法であった。
ちょうどまさに始まりを告げる鈴がならされたところである。

真言密教の仏具はどれも興味深い。それらが並ぶ護摩壇の前で若い僧侶が無言で真言を唱える。お堂の中で正座してその様子を見守ること約30分、そんなに長くなるとは思わなかったが、足を痺れさせながらすわっているとなにやら心がおちついて、お堂に吹き込む微風や外のざわめきなどをいっそう感じられる。



IMG_3643.jpeg



おもむろに護摩壇に護摩木をやぐらに組んでいって、火をつけるのにfat wood(樹脂の多い木)を使うが、これが2回消えてしまって、はらはらどきどき、3回目にやっと木に燃え移ったときにはほっとした。(よくあることらしいが)火はだんだんと勢いを増して、その中に香油や薬種、芥子の実?(種類不明の)常緑の木の葉などを投入していく。何かがはじけ飛ぶ、いぶされるような煙の中で、仄かに丁字の匂いがした。僧形と所作のすがすがしさ、絵になるなあ。

時間にして1時間、今回の旅のなかで一番印象深いと私も思い、みんなが言う。やっと高野山へ来た気がした。



DSC03665_20201103230948717.jpeg



壇上伽藍の根本大塔。建物はなんども焼失しているので、この目に鮮やかな塔は昭和9年に再建された鉄筋コンクリート製。中は弘法大師の思想をあらわす立体曼荼羅の呈であるが、京都の東寺の立体曼荼羅の方がより荘厳な感じがするのはしかたあるまい。


DSC03667_20201103230946a2a.jpeg


境内を歩いていてごろごろごろごろ、臼をひくような音がするな、と思っていたらこの六角経蔵であった。基壇の処の取っ手を押してごろごろ1回回すと一切経を一通り読んだと同じ功徳があるとか。マニ車のようなものか。こちらも昭和9年の再建だが、発願は鳥羽天皇の皇后であった美福門院の発願だったというのが興味深い。


DSC03668_20201103230945116.jpeg


この数カ所有る取っ手を押すのであるが女子一人では重くて動かず。数人で押すのが正解。



DSC03693_20201103230937f92.jpeg


他にも渋いお堂がたくさん立っていて、金剛峯寺より宗教的な感じがよかった。


DSC03647.jpeg


金剛峯寺へ通じる道、蛇腹道も紅葉が美しい。


DSC03694.jpeg


人も多いが、、、


DSC03683_20201103230940bac.jpeg



さて、先ほど買った酒饅頭を手にやってきたのは、壇上伽藍に続く湯屋谷弁財天神社の境内である。
名前の如く、かつてここに共同浴場があったとか。



DSC03685_20201103230939325.jpeg


ここの綺麗な紅葉を見上げながら、、、


IMG_3723_2020110500594156c.jpg


ミニ野点会を。


DSC03676.jpeg



いつも海外旅行のお供に連れて行く茶籠を持参。(今年は出番なかったな)
お菓子は酒饅頭と、持参した金平糖、友が持ってきたすはま。



IMG_3730.jpeg


茶碗は鶴野啓司さん。


IMG_3739.jpeg


ポットのお湯がなくなるまで、それぞれお茶をいただく楽しい時間はこの小旅行中のハイライトの一つであった。今回はよき茶友たちが一緒でいつも以上に楽しめたのである。



関連記事

● COMMENT ●

自然数の本性

  ≪…ごろごろごろごろ…≫は、人類が築き上げた数の言葉ヒフミヨ(1234)が、〇を創る操作に生ると観る。「空海の風景」司馬遼太郎著に、[一切は、一であり 一は、一切である  零は、一切であり 一切は、零である 」の眺望に想うに・・・

 (円周)=2×(π)×(半径)

 の数の言葉ヒフミヨ(1234)へと帰結させたい。

 (円周)+(直径)=
 (半円周)+(半径)+(半径)+(半円周)

 この眺めは、例えば(円盤)を真上から観立てたなぞりの軌跡を表す(式)だ。

 チョット観方をかえて、円盤を立てて真上から円周(輪の幅)を観立てると、
 その目による計測は、
  (円周)
  (半円周)
  (直径) 
  (半径)+(半径)
 も同じ長さに観えてしまう。

 これこそ「身体がする数学(密教)」だ。
 1+1=2  は、
 (円周)=(半円周)+(半円周)
 (直径)=(半径)+(半径)

 この言葉の世界の意味を抽象化した言葉として
   1+1=2 
 があるのだ。
 我々が使う十進法の基に[算数]される。

 数の言葉ヒフミヨ(1234)を[大原問答]で知る・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1479-970d73ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

淡路にて賓客のご相伴にあずかる «  | BLOG TOP |  » 高野山<前編>〜宗教都市と奥の院ナイトツアー

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR