topimage

2017-10

京都会館〜この景色を目に焼き付けて - 2012.12.19 Wed

岡崎のランドマーク、京都会館。
大学に入学したときからずっと岡崎の景色の一部でした。

前川國男の設計により、1960年に開館。
優れた建築として、日本の近代建築100選にも選ばれました。

思えば二条通りはずいぶん広い通り、、、というイメージが以前からあったのですが、よくみると通り自体は普通の道幅です。
なのになぜ広い印象があったのかといえば、あの絶妙の高さの京都会館の存在によるのだと思います。
(もちろん会館前の広い歩道もね)

それが突然の京都市による建て替え決定、今年春からはもう使用停止、、、とあれよあれよというまにあの建物の景観と調和した美しさは風前の灯火。
多くの建築家の反対、ユネスコの諮問機関ICOMOSの勧告はことごとく無視された形で。

それに関して、思うことは山ほど、、山ほどあれど、ここではあえて、それは封印します。

この問題に興味のある方は以下のURLをご参照下さい。
  
京都会館を大切にする会
京都会館再整備をじっくり考える会
I love Kyoto Kaikan


実はそれほど反対があるので、京都市はすぐに壊すことができないのでは?とかすかな期待をもっていたのです。
ところが、ところが、、、、

先日お向かいのみやこメッセからふと見ると、、、

snap_cherubinpriel_2012123235458.jpg


うそっ!!
壊れてる!!


やっぱり、どうしても第1ホールは壊されちゃうのか。o(;△;)o



ならば、今のこの京都会館のある景色をしっかり目に焼き付けておこう。


P1010680.jpg

学生時代、友人が大学のオケでバイオリンを弾いていたので、1年に2回はチケットを買わされて^_^;かならずここに来ていたな。
学生にとっては少し晴れがましい場所だった。

P1010681.jpg

いろんなミュージシャンのコンサートにもいったっけ。
印象に残っているのはなんと最盛期のダウンタウンヴギウギバンド!
宇崎竜堂、超かっこよかった。

P1010682.jpg


大好きだった「風」のコンサートも記憶に残る。
(伊勢正三さん、好きだったの)

P1010683.jpg

未だによく何のイメージかわからない第1ホールのホワイエの壁画オブジェ。
これも懐かしいなあ。

P1010685.jpg


京都市内のほとんどの保育園児が出演して主に鼓隊の発表がおこなわれる幼児音楽フェスティバルもここで開催されていました。
子どもたちが保育園児だった頃、小太鼓を一生懸命たたいていた姿が目に浮かびます。

P1010686.jpg

使われなくなった建物というのは、こういう大きな会館でも、家でもなんだかさびしい感じがただよいますね。

P1010687.jpg

学生のオケだけではなくて、ちゃんとしたプロのオーケストラを聴きにいくときは、ここに並んだ行列はなんとなく華やいで、(若かりし頃の)私も背伸びをしてちょっとだけおしゃれしていったっけ。
誰と行ったかって?
それは言わぬが花 (Ψ▽Ψ*)♪

P1010688.jpg

ああ、、、
穴があけられちゃって、、、、

P1010689.jpg


しばし、、、

P1010690.jpg



しばし今のままの姿を思い出とともに目に焼き付けて。


P1010693.jpg


関連記事

● COMMENT ●

私もここで、

歌ったことあります(笑)。
京都へ引越して間もない頃、ほんの一時期、京都移住の先輩に紹介頂いて(この方は入れ替わりに旦那様の転勤で引越されてしまったのですが)、合唱サークルに入ってたんですね。鴨沂高校が練習場所でした。結局、あまりの本格的な感じについていけなかったんですけど・・・。
コンサートもやってたんですね、そんな舞台に立っていたとは思いもせず。。。

ほんまですね。

こっそり工事、始めちゃうんですね。

京都の学生なら、ここ、行かなかったヒトはなかったんやないかと思うくらい(第一に限らず、第二や別館もあるし、音楽系クラブの友だちとかの定期演奏会ってのも…)。

個人的に一番の思い出はユーミンを一番前の席で観たことかなぁ。
そういえば舞台に立ったことも何度かあります(ちょっと音楽もしてたので…)。
子たちも保育園の音楽フェスティバルで太鼓を叩きました。第一で叩いたってのが子たちにとってはすごい思い出のようです。今でも時々、そのときのDVDを視るくらい、大事な宝物ですわ。

いろいろ思うところはありますが、こっそりってのは切ないなぁ…

陽水もここで聞きましたね。
フォークルも行ったよな・・・

ちゃみ様

ええ〜っ!?
ここの舞台に立たれたこともあるんですか?
私は観客席ばかりで残念ながら、一度もこの舞台にたったことないんですよ。うらやまし〜。
天井の傘を広げたような音響装置がユニークでしたね。

ほんとに行政のやることは分かりませんね。
奈良でも平城京跡をアスファルトで固めようとしていたり、若草山にリフトを設置しようとしているそうです。
そんなことより先にせなあかんことがいっぱいあるやろ(怒)。

あまね様

あまね様も舞台経験者ですか?
貴重な思い出ですよね。
どうも経過、なりゆきが不透明で、市民の意思にここまでさからってごり押しする意図はなんなんだろう、と思いますが、ここでこんなつぶやきをいってもせんないし、、、、
音楽フェスのDVDは貴重な記録になると思いますよ。大事にね!

夢風庵様

夢風庵様はフォークルに陽水ですか?
年代と好みがでますねっ!(^o^)
私が京都を留守にしている間に(?)北山にできたコンサートホールへオケなんかはいっちゃったようで、帰ってきてから行くチャンスが一度もなかったのが返す返すも悔やまれます。

relax様

とくに京都会館の件はあまりに不透明なのです。
Living Heritageを平気で壊すことを、京都がやってはいけない、と思いますが。背後に○ームの50億円の話とか、市民にかくれてこそこそなにやっとんだ!?と思いますね。

無残!

すでに穴があいているなんて。悲しいですねえ。
解体工事差し止めの裁判判決が出る前に急いで壊しているのでしょうか。何を言っても全く聞く耳ありませんね。

私は南こうせつと西本智実を聴きました。どちらもわりと最近だけど。

vivasan様

vivasan 様はこうせつと智実様ですか(^^)
みなさま、それぞれアーティストの好みが多様でおもしろいですね。

目立つ表側はそのままでも裏側からこっそり壊しているんです。
おおっぴらにできないってことは、少しは罪の意識があるのでしょうか( ̄‥ ̄)=3

しぇる様へ
京都会館の建て替えには、複雑な思いがあります。
京都で学生生活を送られた方は、あまね様が仰言ったとおり、一度は、コンサート、イベント等で御世話になった経験が有る筈です。
私自身、クラスメートから券を購入して(押し売り?・・)、マンドリン、音楽会等に出かけたことがあります。
新しい京都会館が岡崎の風景に相応しい物であることを祈るだけです。
ところで、母校の西部講堂はまだ健在で、学生たちがコンサートとかにまだ使用しているようで、私の学生時代から残る木造
のクラブハウス(予算がなくて解体出来ないそうです。)と共に
西部では希少な建物になっています。

narahimuro様

建物の高さ規制までこの新たな会館のために改変する、という強引さが不可解です。あの絶妙の高さをつぶしてさらに高いハコをつくるらしいです。圧迫感があるんじゃないかと思います。
それより、オペラ関係者ですら反対しているのになぜオペラハウスなんか作るの?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/15-5fa6d64a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

都の最後の紅葉〜下鴨神社 «  | BLOG TOP |  » 年の瀬の茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (213)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR