fc2ブログ
topimage

2024-02

江里佐代子・截金の世界〜美術館「えき」KYOTO - 2021.01.11 Mon



IMG_5346.jpeg



故江里佐代子さんと御主人の仏師・康慧さんの岡崎にあるアトリエの前を通ったら、このポスターを発見。JR京都駅の美術館「えき」でやってる。これは久しぶりに行かねば。

最初に江里先生の作品を見たのはもう8年も前、神戸の香雪美術館までわざわざ出かけたのを思い出す。その後ご縁あって、アトリエ隣接の数寄屋(業躰先生のお宅だった)での茶会にも参席させていただいた。


IMG_5352.jpeg



截金(きりかね)は奈良時代から伝わる伝統装飾技法で、細く切った金箔、銀箔、プラチナ箔を筆と漆を用いて貼っていくもの、かつて仏像や仏画の荘厳に使われた技法。
仏師である夫君の仏像を截金で荘厳するうちに、独自のセンスで仏像以外の截金作品を世に送り出し、人間国宝になられたのが江里佐代子さん。残念ながら10数年前に渡欧中、急逝された。まだ62才の若さであった。

以前、先生の実際の作業の様子を写したTV番組を見たことがあるが、髪の毛よりも細い金箔を筆2本あやつって、下書きもなく目分量で幾何学模様を狂いもなく作っていく様はまさに神業であった。



IMG_5354.jpeg


まあ、こまかい、こまかい。それだけでなく、色漆と組み合わせた一連の彩色毬香合、盒子はほんとうに美しくて、それも手の中にいれて愛玩したくなるような愛らしさ、そのくせまじまじとみつめると正確な幾何学模様の向こうの宇宙につれていかれそうなくらいの奥深さがある。


DSC01024.jpg



こちらは3年前の9月に京都迎賓館へ行ったときに撮ったもので、彼女の代表作でもある能舞台の8枚扉である。これに近づいてみると、、、



DSC01031.jpg



1本1本の金の糸が見えるだろうか。

のちに小作品だけでなく、壁面装飾や、スクリーン(衝立)などの大きな作品、素材も木材だけでなくガラスやステンレスなどへの試みもされて、デザインもかなりアバンギャルドな感じのものもある。


IMG_5356.jpeg



でもやっぱり私は手に乗るサイズの作品が好きだ。印象に残って、いいな〜と思ったのが「華遊」と名付けられた飾筥。一見蒔絵?かと思うような截金で装飾された小さな小箱の三段重ね、それが四組で卍に組み合わせて、やはり美しく荘厳された取っ手付きの枠にすっぽりおさまって、まるでお雛様の御弁当箱の様な作品。この小箱ひとつひとつに何をいれようか、あれこれ想像までしてしまった。

この細かい超絶技巧にはどれだけの美的センスと、それ以上に辛抱強さを必要とするのだろうか。まさに命を削るような作業だと思われ、先生が早逝されたのもそのせいかもしれない。
江里先生の作品はもう新しいのがでてくることはないが、後を継がれた娘さんや多くのお弟子さん、その方々の作品がこれから世にでていくのを楽しみにしている。できたら一つくらいウチに来ないかな〜。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1508-ad96e7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新薬師寺修正会2021 «  | BLOG TOP |  » 池干しの広沢池を巡る

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR