fc2ブログ
topimage

2024-02

スアン(XUAN)と茂庵(もあん)〜北白川・吉田あたり散歩 - 2021.01.30 Sat




DSC04088.jpeg



学生時代からおなじみの場所、北白川。
京大農学部より少し東、今出川通りから斜め北に道が分かれる場所がある。これはここに昔からあるお地蔵さん。なんでここだけ斜めなんやろ、と思っていたが、これはかつて西近江に到る重要な街道で、ずっとすすむと(すごいカーブでたいへんな)いわゆる山中越えにつながっている。(ちなみに起点は荒神口になるらしい。京大キャンパスで道は分断されている)



DSC04091.jpeg



この道をみちなりに東北へ進むと琵琶湖疏水(白川疏水)にぶつかる。この疏水はやがて銀閣寺〜哲学の道に通じる。


DSC04095.jpeg



疏水べりで黒猫発見。排泄中失礼ね!と怒っているようで(^_^;ごめんごめん。



IMG_5856.jpeg



そんな疏水のほど近く、ベトナムフレンチのお店XUAN(スアン)へランチをいただきに。



DSC04097.jpeg


アプローチに埋め込まれた陶器片、ついつい安南がないかさがすという、、、(^_^;


IMG_5860.jpeg


お昼時はいっぱいで予約とれず、少し時間をずらしていくと独り占め状態で、コロナのご時世でもあるしこれはありがたい。


IMG_5862.jpeg


「11の食を楽しむセット」というのを頼む。まずはベトナムのお茶と言えばこのイメージの蓮茶(lotus tea)


IMG_5863.jpeg



ベトナム料理といえば、まず生春巻きが連想されるが、でましたでました、生春巻き、しかも中にはぶっといもやしがぎっちりで、食感とてもいい。上賀茂の無農薬農家さんと提携したお野菜がたっぷり使われている。揚げ春巻きも美味しかった。右上の蓮の葉で包んで蒸したベトナム粽も珍しい。



IMG_5864.jpeg



2種のデザートのひとつを野菜サラダに代えてもらう。上にのっている白いのはグリーンパパイヤなんだそうだ。そういえば「青いパパイアの香り」なんてベトナム映画あったな。
10年ほど前、ハノイ周辺を旅した。ベトナム戦争リアル知ってる世代だが、印象としては飯が美味い!雑貨がかわいい!だった。


IMG_5865.jpeg


バッチャン焼きの窯元へも行って、これに似た模様の茶碗をもとめ「いちおう安南、、、(^_^;」と。

さて、お野菜が多くてヘルシーなんだがちょっと物足りないと思っていたら、最後にこのフォーでかるく裏切られる。スープが私好みで絶品。お腹もいっぱいに。中華よりあっさり、韓国やタイみたいに辛くなく、でもしっかりアジアの味。



IMG_5867.jpeg



デザートについてくるお茶はベトナムで採れた茶葉を発酵させた黒茶である。プーアルほどくせがなく飲みやすい。



DSC04098.jpeg



ごちそうさまのあとは今出川通りを西へもどって吉田山(105m)越えで帰ろう。


DSC04099.jpeg



吉田山三角点では正面に大文字を眺める。ここから見た、昨年の非常事態下の点火(五点点火)は忘れられない。今年はどうなるのか。


IMG_5869.jpeg


途中茂庵があるので、久々に行ってみた。


DSC04103.jpeg


以前は人気で、待合室で待ち時間をつぶさないといけないことが多かったが、ラッキー、私の他おひとりだけであった。


IMG_5868.jpeg



窓は大文字ビューと市中を見下ろすビューがあって、今回は見晴らしのよいこの席で。ゆっくり読書でも、と思ったが急にお客さんが増えて賑やかになったので撤収。

吉田神社を横目で見ながら、下山。このあたり学生時代、子育て京都時代からの懐かしい場所である。規模縮小ながら吉田の節分祭も近いなあ。


IMG_5872.jpeg



吉田山の東麓あたりにあって、行こうと思っても場所がよくわからず、なかなかたどり着けないのに、思いがけないときにひょっこりでくわす竹中稲荷さん。狐に化かされているのかなあ。



DSC04111.jpeg



吉田から岡崎へ車の通れない小路を歩くといろんなものに出会える。


IMG_5873.jpeg


先になにがあるかわくわくさせる道ではないか。こんな道が縦横無尽にはしっている京都も好き。(時々行き止まりもあるよ)



関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

あれれ、スアンさんって

もっと、街中にありましたよね?

移転されたのかな

こちらのアプローチも、良い雰囲気になってますね^^

お元気そうで何よりです

しえるさま

こんばんは。暁庵です。
お元気そうで何よりです。
凄い食欲・・・とお見受けしました。
帰り道の吉田山や茂庵、近衛坂が懐かしく、ご一緒に歩いていました。
吉田神社の火炉祭のことも先日ツレと思い出話にでたところです。
火炉祭の火力の凄さと熱さ、火と水のせめぎ合う様子は今でも忘れられません・・・。
京都を去ってから年月だけは過ぎてゆき、「京都も遠くなりにけり」の感が強くなりましたけれど。

コロナが落ちつきましたら、またお茶事へお出かけくださると嬉しいです。
もちろん私もお招きがあり次第、すぐに馳せ参じます。

あと1ヶ月も経てば、東北院の軒端の梅も咲くことでしょう。
私の分も見てやってくださいまし。

高兄様

そうなんです。町中から移転されました。以前をしらないんですけど、、、
ここは静かな住宅地で観光客はこないような場所なのでおちついてよい場所ですよ。
ベトナム料理は好きなので、たぶんリピーターになると思うわ。

暁庵様

お久しぶりです。暁庵さまもおかわりなく、こんなご時世になによりです。

いやいや食欲はかなり落ちてますよ。体重は落ちませんけど、、、(汗)

このあたり以前のご近所ですね。きっと私よりたくさん歩かれていると思います。
吉田の火炉祭でばったりおめにかかったことも懐かしいです。
今年の吉田の節分祭は、夜店なし、追儺式なし、火炉祭なし、、、のなしなしづくし。
かろうじて大元宮へはお参りにいけるものの、厄塚タッチはなし、だそうです。
あの夜店が坂に沿ってならぶ景色が好きなので、今年はさびしい節分祭になりそうです。

ほんとに、はやくお招きしたいし、されたいし、、、の思いは強いです。
大好きな根津美術館へも行けず我慢しております。東京、もう1年行っていない〜!
とりあえず、終息する日までお互い元気にすごしましょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1517-043a2b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さらば錺屋茶会 «  | BLOG TOP |  » 睦月茶会二件〜薮ノ内若武者宅とホテルエミオン・茶瑠

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR