topimage

2017-11

電熱聞香炉で手軽に聞香 - 2013.09.03 Tue

茶室の炉や風炉に火をいれるとき、香木や練り香をたきます。客を迎える茶室空間を香によって浄化するために。逆にお香のかおりをかげば、条件反射的に私はお茶のかおりを思い出します。大好きなかおりです。

一方、聞香は聞香炉で香木を焚き、そのそこはかとない香りをたのしんだり、香りを聞き分ける組香にしたりする、平安時代からのみやびなお遊び。ちなみに聞香炉では顔を近づけないと聞けません。部屋全体に仄かに香ることはあっても強くかおることはありません。

imgp4255.jpg


茶道でも七事式などにとりいれられているので、お道具はひととおり持っています。(重香合以外)まんなかのが聞香炉。香灰のなかに香炭団をおこしていれ、その上に銀葉という雲母のうすい板が乗っています。ここに香木の小片をのせてかおってくる香を聞くのです。

心を鎮めて「六国」(香木の分類:伽羅・羅国・真那加・真南蛮・寸聞多羅・佐曽羅)、「五味」(辛・甘・酸・苦・鹹)を聞き分け、組香ではそれをあてっこするのですが、、、、これが全然私にはわからない。(まあ、茶歌舞伎でも全部はずす人だし)

沈香の香りはとても好きなので、松栄堂なんかで買って(高い物は1gウン万円!もちろん私はそんなの使えません)ひとり楽しむもまたよし、なのですが、、、

いかんせん、香炭団に火をつけて灰に埋めて、、、、って準備と後始末がけっこうめんどうなのよね。
ところが聞香がお手軽にできるグッズがあるではありませんか!

IMG_3329.jpg

その松栄堂さんからでている電熱聞香炉「こづつ」。さっそくゲットしました。単三電池で起動します。


IMG_3330.jpg


これが銀葉。正式のとちがって銀の縁はないし丸いけどね、3枚ついてます。


IMG_3331.jpg


セットについていた竹の香箸で香木のかけらをのせて、電熱器ON!


IMG_3332.jpg


真ん中のヒーター部分が赤くなってきて、そのうちほのかに佳い香りが、、、、゚+.゚(´▽`人)゚+.゚
3分で自動的に消えるし、温度調整も少し可能。
ああ、これで手軽に聞香ができるわ。
仕事は殺伐としてるし、日常はど庶民の生活だけど、沈香の香りを楽しむあいだだけ、私はみやびなみやこびと、、、(おほほほ、、、妄想の域にはいってます)





関連記事

● COMMENT ●

確かに香にしても煙草盆の火にしても炭が大変なのです。
予想外に火が起きなかったするのです。

茶事でお客様が急用で遅くおいでになった時はちゃんとセットしていたはずの香炉の火が消えていて 席中お客様に御詫びしてもう一度起こしたことがあります。
簡単に自分だけで秘密に楽しめるグッズが売っているのですね。
きっと日頃の疲れが癒されますね。

ひいらぎ様

なんでも電熱、、、というのはさびしいですが、かといって炭がめんどうくさいのでしない、というのもさびしい。まあ、その折衷案とでもいうか。自分一人だけの楽しみです、これは。
茶事で煙草盆の火がちゃんと維持されたことがありません。むつかしい、、、、

しぇる様

こ、これは・・・! こういうものがありましたか!

灰の始末も簡単そう。 う~ん、ほしいです・・・☆ (^_^;)

にゃんちゃん様

練り香用の電熱器もあったんですよ〜!(^o^)/
ネットで買えます。

おはようございます、しぇる様

トップの秋海棠、秋らしいですね~。
昨日のお稽古の御茶花も、秋海棠でございました。

こんな素敵な電熱聞香炉があるのですね!
お茶も炭もまだまだまだーな私、これならば、少し真似事など出来るかしら?
空薫物のみならず、ハンカチや半襟など少し薫衣香も楽しめたりして!!
ステキです~。

いけこ様

お茶のお稽古も日々精進されているようでなによりです。
お茶会でもしたいな、と思うようになられたら言って下さいね〜。
この電熱では銀葉をつかうので、あまり香りは強く立たないのです。
灰を使う聞香炉なら、銀葉なしの空薫きができるのですが、それが電熱の限界かな。
でも印香にも使えるので、日々平安貴族になる妄想ミニトリップしてます(^_^)

香は普段はLisnのインセンスで楽しんでいます。
昨年、香道の市民講座に出て興味を持って、2月から月1回カルチャーセンターに通っていたら、11月からの市民講座でお点前をすることになってしまいました。
あわわ…。

relax様

ええっ!?香点前ですか?
お茶の上に香道まで、、、それはすごい!
まあ、お茶と通い合う点も多いですものね。
またそのうちご披露くださいませ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/157-8a46e973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

獨楽茶会・岡本浩一先生の茶席〜八王子・美ささ苑 «  | BLOG TOP |  » 精進の懐石

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (25)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR