topimage

2017-08

月見月雑記2013 - 2013.09.26 Thu

<その1> 梨木神社

御所東の寺町通り。

IMG_3545.jpg

沿道にももう萩が咲いています。新島襄と八重さんの家もこの通りにあるんですよ。(現在は要予約)


IMG_3546.jpg


最近、境内にマンション建設の計画がたっている話題の梨木神社。本殿などの修復費用捻出のため境内の一部をマンション建設に切り売り。(正確には売りではなくて60年の貸し出しらしいが)


IMG_3548.jpg

この駐車場がその該当地か。なんと参道のど真ん中!えらいこっちゃ。しかも御所に隣接、なんとかならんかったのかな。で、鳥居から神社までの参道がつぶれるので、脇から入る参道をあらたに工事中。鳥居はマンションの前に残るのでしょうか。なんともちょっと不格好、、、


IMG_3590.jpg


これは先週末おじゃました萩まつりの時の写真。盛りにはやや早めだったかもしれません。萩まつりの時にはこうして参拝の方々が短冊に歌を書いて萩にくくりつけるのです。お茶席もありますよ。


IMG_3551.jpg


境内には、京都三大名水のひとつ、染井の井戸。千年も前からでているこの水量豊富な名水をいただくため、たくさんのひとがおいでになる。かくいう私もたまにいただく。せいぜいペットボトル1本ぶんですが。(ちなみに萩まつりの間はclose)
ちなみに梨木神社ではいくつかのお社中がお茶の稽古をしてはる。毎回お稽古が名水なんて、贅沢なはなしですね〜。

IMG_3552.jpg

計画中のマンションは地下1Fもあるらしいので、この水脈が切れないか、それがとても心配。この日くんでかえった名水は抹茶に、珈琲に。なんだかおいしいような気がするのよ(^_^)b水道水より。



<その2> それから


先週は梨木さんに2回もいってしまいましたが、その帰りに2回ともたちよった隠れ家(?!)

ブロ友の高兄さんが書いていらした内緒のカフェをさがしあてましたの(^。^)b


IMG_3556.jpg

ろうじの奥に、、、
高兄さんもナイショにしておきたいようだから、以詳ないしょ。(ただし、遠方からこられたお客さんもそのたびにいたから、口コミおそるべし!)
あえていうなら、ここは以前「それと・な」という骨董のお店だった。

IMG_3557.jpg


昭和へタイムスリップできる、雰囲気を楽しむ町家カフェ。薄暗い照明も良い雰囲気。それでも改修にかなり手をいれられたそうだですが、その痕跡をまるで感じない。昭和の初期からそのままここへずっとあったような、、、、

カップやストローホルダー(!!)なんかはわれわれが小学生時代に家にあったような懐かしいブロカンテ。私には懐かしく、若いお客さんにはものめずらしいでしょう。


IMG_3558.jpg


町家好きにはたまらんタイルの流しが泣かせる。
さりげなくおかれた骨董の器も良い感じ。これも売り物だとか。お店の方はグラフィックデザイナーというお話しですが、とてもよい感じの方でした。寺町散策の楽しみがまた増えましたわ。


IMG_3559.jpg



まあ、見つけて下さい。
難易度高いけど見つけたらきっと楽しいよ。



<その3> 高瀬舟


IMG_3562.jpg


木屋町の高瀬川の一の舟入あたりに人だかりが。


IMG_3563.jpg

聞いてみると昨年秋、老朽化のため撤去された先代の高瀬舟にかわって、この日新しい高瀬舟がはいったんだそうな。(もちろん動かないよ。繋留されているだけ)いいとこ見られたな。
この週末は高瀬川舟祭があって、舞妓によるお茶席など様々なイベントが催されました。(賑わいをのぞいただけでしたが)すぐそばの島津創業記念館も無料開放されたそうですよ〜。



<その4> 着物まわり


この夏は暑くてあづぐて、、、、例年より着物を着る機会は少なかったですねえ。

着物を着るときに悩むのは髪型。思い切ってショートにしても着物にはあうのだが、できれば簪なんかさしたいしな〜。ちょっとしたお出かけやお稽古などでばりばりに髪を作るのはめんどうくさいし。
で、今年重宝している手抜きアップ。



P1040801.jpg


髪を三つ編みに編み込んで、毛先はクリップでとめるだけ。(あんまり芸なかったかしらね、、、)これだと小さい簪くらいはさせるのよ。ちなみに着物は汗だくで着ている単衣。

ついでなので着物まわりとしてお気に入りの和装バッグをのせておこう。(^艸^)


P1040797.jpg


伊と幸さんで誂えてもらった小紋着尺のあまり布でこしらえたバッグ。容量が大きくとても満足。模様は雪輪とウサギ。


P1040774.jpg


南座の前の井澤屋さんで衝動買いした葡萄のバッグ。これからのシーズン、活躍してもらわねば。


<その5> NODA HORO


ホワイトシリーズが人気の野田琺瑯さんのほうろう製ストッカー。


P1040651.jpg

前からこの清潔感と、入れ子状になっていて、使わないときはコンパクトにしまえることと、スクエアタイプは狭い冷蔵庫での整理が楽そうなことで、欲しい欲しいと思っていましたが、ついにゲットしました。
プラスチック製のものはちょっとチープな感じがするのと、なかなか汚れが落ちにくい難点があったので、この際琺瑯製に変えてみました。さっそく大きいのは合わせ味噌、小さいのは白味噌、もっと小さいのは干し梅、、、などいれてご満悦です。このまま火にかけられるし、琺瑯は鉄なので冷蔵庫ではよく冷えます。人気があるのもわかる気がする。

ちなみに左手前の小鹿田焼(おんたやき)のお皿は同じお店で見つけて、その飛び鉋のあまりの美しさに衝動買いしてしまったお皿。これも重宝してますの。


P1040649.jpg

これらをゲットしたお店はご近所の熊野神社近くにある生活用品と器の店ロクさん。

ここはね〜、昔住んでたときケーキ屋さんのセカンドハウスだったとこなのよ。

P1040650.jpg


しかもこのビルの地下は学生時代ご愛用だったジャズのライブもやってる居酒屋ZAC BARANが。まだやってたのね〜!看板も昔のまま。さすがに看経年変化があるけれど。このほぼ真向かいの丸太町の向こうには、最近リニューアルオープンしたジャズ喫茶YAMATOYAもあるし、なつかしいエリアなのだ。


<その6> 如心納豆


これも熊野神社エリアにある和菓子の千歳屋さん。昔からあるのは気づいてたけれど、地味〜なお店だし気にも止めていませんでした。ところがここには知る人ぞ知る銘菓があったのです〜!


IMG_3598.jpg

如心納豆。
大徳寺納豆を豆粉でくるんで粉砂糖をまぶしたもので、これはも〜後をひいてやめられないとまらない状態になるほど。表千家七代目如心斎が大徳寺納豆が好きだったようで、この名前が。なので表さんではよくでてくるお干菓子なんだとか。ひとつひとつ手作りで大量生産ができないので、ちょくちょくのぞくようにしないと手に入らないかもよ〜。



、、、とぐだぐだ雑文を書いている長月の夜長なのでした。

関連記事

● COMMENT ●

それとなさんのあとカフェになってたんですか~。
閉店のお知らせを見て、その前に行きたい~と思ってたのですが、結局行けずじまいでした。
こちらのお店も行ってみたいです

夢風庵様

それとな、、、さんをご存じでしたか。骨董屋さんをやめてグラフィックデザイナーの学校へ行かれたとか。今のカフェも良い感じですよ。どうも地元の人は来なくて遠方の人の方がよくご存じみたい。オーナーさんはイヤミのないええ感じのおじさんです。

京都は楽しいですねえ。昨日も歩いていて 興味のある店?を見つけると「すみませんが お宅は何の店でしょうか?」と尋ね ワクワクします。
ご紹介いただきました喫茶店はいつか探して行ってみたいなあ。

この如心納豆は表流では有名です。私も以前買いました。予約なしで買えるんかしら?

梨の木神社のマンションの事は何とかならないのかしら?御所西の弘道館もお菓子の老松さんがマンション予定地を買い取って 今の形になりましたよね。
確かに神社の補修は大変ですね。

おはようございます、しぇる様

梨木さん、自宅が4日ほど断水したので、久しぶりにもらい水に参りましたら、萩ががっつり刈られていてびっくり。
マンションが建つのですね・・・。
単衣も悉皆に出さねばと、夏の始末をし始めたこの頃です。
頂いたお水で、お米を炊きました!何だか、いつもより甘く炊けたような。

しぇるさまの、こういう京都情報は本当に嬉しいし有難いです!最近は京都に行ってもとんぼ返りでしたが、また精を出して探検しましょう。やっと涼しくなりましたしね。

ひいらぎ様

確かに梨木さんは雨が降ったら雨漏りするらしいですよ。お寺と違って檀家がないので大変だと思います。いろいろ根回ししての公表だと思います。ちょっと残念ですが、仕方ないかな、、と思う面もありますねえ。

それから、、、是非見つけて下さいませ>^_^<

いけこ様

けっこう梨木さんまでは距離がありますでしょう?
ご苦労様でした。でも日常生活に名水をたっぷり使える、というのも贅沢ですね!
そのままいただくと確かに甘く感じます。ご飯たくほどはまだいただいたことないわ〜。今度やってみます!

私もやっと単衣と夏物、丸洗いにだす準備にとりかかりました。夏物はやっぱりメンテして気持ちよく来シーズン着たいものです。でも今年は例年ほどは着なかった、、、あの暑さでしたから(×_×)

そらいろつばめ様

また町歩きが楽しい季節になりましたね。さすがにこの夏は暑すぎてちょっと、、、お体にご負担なきよう楽しんでくださいね。また私の方にも面白い情報があればおしえてくださいませ〜。

梨木神社心配ですね。ほんとになんとかならなかったのでしょうか?
御所東辺り(河原町丸太町)に行くとついついKitと草星に寄ってしまいます。
着物、夏は小千谷縮で通してます。自分で丸洗いできるのが一番。でも絽袴は洗えないんですよねぇ…。
ロクさんはちょっと友達です。素敵な店ですよね。野田琺瑯やっぱり店で扱おうかなぁ。
それから、必ず見つけます(笑)。

relax様

日ごろお水をもらうばかりでなんのお返しもしていないので、大きな声で抗議はできません。まあ、合法だし、京都市も援助する気はないらしいので、とめようがないのでしょう。残念。
夏は洗える着物がやはり重宝ながら、ちぢみは茶席ではやっぱり無理がある。男性がうらやましい。
ロクさんとお友達ですか?世間は狭い(^◇^)じっくりみるといろんな細々としたものが味があって、楽しいお店ですね!

それから、、、是非見つけて下さい!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/166-1537760c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平安神宮煎茶献茶祭茶会2013 «  | BLOG TOP |  » 月見の夕ざりの茶事〜じない町・峯風庵

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)
ポルトガル中部〜北部紀行 (2)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR