fc2ブログ
topimage

2024-05

森川杜園展〜奈良県立美術館+奈良県庁ランチ - 2021.10.13 Wed



IMG_2796.jpeg


森川杜園をご存じだろうか。
なんとなく聞いたことあるけどな〜の認識だったがほとんど知らなかった。意識してその名前を聞いたのが、奈良三五夜さんでの月釜でゆかりの物がでていた時からだ。

大和が生んだ幕末から明治にかけて、一刀彫りを遙かに超えた彫刻の名匠、狂言師、絵師、そして歌人でもあるというスーパー文化人である。

奈良県立美術館で杜園生誕200年を記念しての森川杜園展、行って参りました。


IMG_2797.jpeg


杜園はかの柴田是真に勧められて、春日大社の古材で作る奈良人形を当時名匠といわれた岡野松壽に学び始めたそうだ。

奈良人形はもともと春日若宮おん祭りの神事用の人形であった。おん祭りの田楽座が持つ花笠に乗せる人形がルーツといわれる。


↓4年前のおん祭りの写真 右はしの人が頭にかついでいるのが花笠 上に人形がたくさんのっている。

P1130649.jpg


IMG_2799.jpeg


その奈良人形を芸術の域に高めたといわれるのが杜園である。明治10年の内国博覧会で「蘭陵王」、生涯のテーマであった春日神鹿で一等賞を取って注目される。(ちなみに蘭陵王、つがい舞の納曽利などは花笠に飾られる人形とか)

見ていて謡曲にちなむ物が多いと思ったら、彼は能楽師狂言方でもあったのだ。
一番印象的なのが謡曲のシテの根付シリーズ。30個以上あって、春日龍神、高砂、道成寺の有名な物から通好みの班女、江口、融なども、ちょっと能好きにはたまらない。ひとつひとつが根付けだから小さいのにきっちり彫られている。微細ではなくて、一刀彫りの特徴のさっくりとした線なのにかえって生き生きしている。

能といえば自宅に能舞台があって、その鏡板も自分で彩色したのが展示されていた。これは近年春日大社に寄贈されたと聞く。



IMG_2800.jpeg


小さい吉野静(静御前)はとても動的なポーズだし、ポスターにもなった福の神は指の表情まで生き生きしている。お気に入りは雛人形の三人仕丁。お内裏様と五人囃子はまあまあすましているが、なぜかこの三人だけ笑い転げたり、よっぱらったおっちゃん的ポーズと表情なのだ。ついクスクスと笑ってしまった。きっと杜園はユーモアを解するいい人やったに違いない。

奈良人形を一刀彫りと称したのは明治になってから、当時の宮司さんが名付けたそうだ。本来神様に供える人形ゆえ、穢れがつかないよう、なるたけ人の手数が少なく一刀で彫った風合い、という意味だったそうだ。

ちっちゃいのでいいから一つうちにお迎えしたいなあ〜と思いつつ美術館を後にする。



IMG_2803.jpeg



お腹すいたので、美術館のとなりの奈良県庁6Fの食堂に行ってみた。以前から一般の人も利用できて眺めいいよ〜と評判は聞いていたが、行ってみたのは初めて。
おお!たしかになかなかの眺望。



IMG_2802.jpeg



生駒山系を眺めながら定食600円はお得よね〜!

(食器返却口にかるく食器をゆすぐためのシャワーがあって、学食を思い出しちゃったわ)




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1660-b4a8c97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初代諏訪蘇山没後百年記念・妙心寺大雄院〜仏師樋口尚鴻展・嵯峨野 «  | BLOG TOP |  » 手向山八幡宮・転害会2021〜国宝僧形八幡神像・勧進所八幡殿

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (418)
茶事(亭主) (88)
茶事(客) (185)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (114)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (5)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (151)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (9)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2024 (1)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (14)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)
台湾2024 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR