topimage

2017-09

クリスマス茶事〜灑雪庵 - 2012.12.24 Mon

暁庵様の茶居とでもいいたいようなお宅、灑雪庵にて、こちらでご縁をいただいた方々とクリスマス茶事にお招きいただきました。

P1020317.jpg

思えば最初にお茶事に参席させていただいたのは水無月の茶事でしたね。

それからのご縁のお茶友さん、暁庵様の京都のお友達もまじえて懐石もそれぞれが分担してもちよりで。

一応お茶事なので、厳粛な雰囲気はかもしつつも、一言でいえば「なんて楽しい!!」

P1010781.jpg

お待合の煙草盆の一閑人とおぼしきヒトが、赤いサンタ帽をかぶっているところから始まって、もうクリスマスムードは全開です。

暁庵様はいつも手持ちの道具すべて(茶道具だけに限らす生活道具も)を上手に茶事に使いこなす手練れです。
それも一滴エッセンスを入れて、ほ〜っと思わずうなってしまいます。

当たり前の茶事はもうおもしろくない、とおっしゃる彼女は融通無碍なお茶事を心底楽しんでおられる。
まだまだわたくしなんぞは到底到らぬ境地です。

P1010783.jpg
(織部の南蛮人燭台。
サントリー美術館のが有名だそうですが、なぜか魚籠をもっているのがお約束?)

本席のお床は総飾りで、四角い取っ手付きの籠(のちにほんまに手持ち用の籠と判明)には漆色のアンスリウム他ゴージャスな洋花がたっぷりと。

これはご友人で小原流の華道をされているT様が前日いけられたものとか。
すてきです。残念ながら素人には無理です。

責め紐釜にも赤と緑のクリスマスカラーの水引がかけてあって、炭手前のときにどうやって封印をとかれるのかわくわく。

香合も一見クリスマスとは関係ないものですが、あ〜なるほど、そうきたか!
の、クリスマス仕様。(ネタバレになるのでナイショにしておきます)

いよいよお楽しみのお持ちより懐石。

ヒラメを前日から昆布じめにして、加減酢をかけた向付はわたくしが、
あたたかくておいしいしんじょうの煮物椀、汁椀は暁庵様が、
30時間漬けられたという西京漬けのたっぷりとした鰆の焼き物はO様が、
海老、アボガドなどのクリスマスカラーの和え物はT様が、
そして圧巻はP様のこれ!

P1010782.jpg

ティアンというプロヴァンス地方の野菜の重ね焼きとか。
みごとなクリスマスカラー!

このメニューを考えられるのに1M前からあれこれ思案されていたとか。
底にバターライスも入っておいしゅうございました。

考えれば私の向付が一番簡単かも〜、、、、
さすが暁庵様、担当を決めるのに、人間をようみてはる。(^_^;)
もちよりでこんな正式の懐石ができるなんて思いませんでした。
皆様の料理の腕前、しかと確認いたしました。
最後にそれらをまとめ上げられる力量もさすがです。

P10203102.jpg


懐石の時はBGMにストリングスのクリスマスソングを。
お酒(ロゼワインをいただいた!)もまわってほんとうに良い気分。

P1010784.jpg

さて、後座は気分をきりかえて。
冬至をすぎたばかりゆえ、室内の陽はもううすぐらく、燭台のあかりが夕ざりか夜咄のよう。

濃茶がとってもなめらかでおいしい。
ダマがなくて、熱くて、とろとろと、、、濃茶を練るのはとてもむつかしい。
特に茶席では。
久々においしい濃茶をいただきました。
(お稽古場ではそのような濃茶はなかなかいただけませんの(^◇^;) )

P1020364.jpg

はしょることが多くて、めったにみられない後炭も拝見。
流れた炭をかき上げると尉(表面の白い灰)がおちて、赤い火が復活。
この火を囲む幸せなひととき。

一陽来復。
キリスト生誕。


聞けば又すぐに茶事をひかえておられるとのこと。
なんという力量でしょうか。
お疲れはだされませんように。

本当に楽しい、お茶が取り持つご縁、暁庵様、皆々様、ありがとうございました。


<おまけ>

本日の帯。
P1010777.jpg
染工房 遊さんで描いてもらった雪華紋。
角通し江戸小紋の着物にて。


P1010776.jpg

帯周りはちょっとクリスマスカラーにしてみました。(⌒・⌒)ゞ


P1050044.jpg



関連記事

● COMMENT ●

粋やなぁ~

帯と着物がしっくりでしぇるさんは
小股が切れ上がった(こんな表現あったかしら???)
粋なお姐さんという雰囲気やわぁ~、

あぁ~和のクリスマスもいいねぇ~、

前の大阪のドイツのクリスマス市には友人も
毎年行って楽しんでいるようです。
次回は本場のそれもハンブルクでいかがかしら!

よいクリスマスとお正月を!


ヘルブラウ様

Frohe Weihnacht!
ってちょっと遅かったですね(^_^;
和のクリスマスもいいのですが、クリスマスシーズンのヨーロッパに行きたいよぅ!
リタイヤ後の楽しみの一つです。
あとウィーンのニューイヤーコンサートかなあ、、、

ヘル様も楽しいクリスマスと新しいよいお年を!
ご家族の皆々さまにも!

こういう嗜好の茶事も良いですね。
皆さま楽しまれたご様子で、なにより。

心身共に健康で素晴しき新年をお迎え下さい。
来年もどうぞ宜しく。

銀の笛様

こちらこそ、いろいろコメントをありがとうございます。
来年も良き年でありますように。
来年はもっと茶事をやりたいと思っていますが、かないますかどうか。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/18-548d35e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フィナーレは吉例顔見世興業! «  | BLOG TOP |  » Deutscher Weihnachtsmarkt 2012

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (208)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (1)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (25)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (37)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR