fc2ブログ
topimage

2024-02

遠州山里にて古民家で茶事〜無庵 - 2022.11.26 Sat



IMG_8472_2022112223375340c.jpeg


遠州掛川から一車両の天竜浜名湖鉄道に乗り換え、ヤマハのロゴはさすがご当地、ここまで来るのは初めてである。


IMG_8479.jpeg


ノスタルジックな駅舎の遠州森駅から車で少々、あたりはだんだん山里の景色になり、こんなところに精進料理を出す店が本当にあるのか?と現地のタクシードライバーすら疑わしげだった(^_^;
しらなければ、看板もなにもないので通り過ぎてしまうだろう侘びた古民家、ここが精進懐石無庵である。


IMG_8478.jpeg


主が吊り下げた干し柿の暖簾が山里の秋を感じさせる。

実は無庵さん、ずっとインスタでフォローしていたが、半年ほど前、東京の某茶会にご夫婦でお越しになっていて初めてお目にかかれたのだ。これはもう無庵に行くしかない!と決めて、師匠はじめお茶友有志のありがたいご参加をいただき、お料理ではなく茶事をお願いしたのである。


IMG_8481.jpeg


精進懐石のお店という抱いていたイメージと違って、まさに古民家の茶友のお家に茶事に招かれた、という感あり。すでによく存じ上げているご亭主のような錯覚を覚える。
普段からお店はご夫婦おふたりできりもりされていて、茶事はご主人と奥様が亭主・半東を。ご主人は懐石も作りながらの亭主なのである。


IMG_8488_20221122233747bfc.jpeg


ご亭主は堀内長生庵にて表千家のお茶を学んでおられる。亡くなられた先代の宗心宗匠に師事されたとか。よって待合の軸は瓢の炭斗画讃、堀内不識斎(江戸期の宗匠)であった。

露地の延石、四つ目垣、柴折り戸、さらに石垣張りの障子までご主人のお手になるもの。


IMG_8487.jpeg


もとは玉砂利を敷いていたという露地は自然に地苔が生え、良い感じに育っていた。植え込みの足下には敷松葉も。これから季節が冬に向かって寒くなるごとに松葉を広げていくそうだ。


IMG_8490.jpeg


この蹲居の向こう側は流れの速い小川が流れていてせせらぎの音がする。山水なのだそうだ。


IMG_8500.jpeg


茶室は四畳向切。かつて六畳のなにもない座敷だったのを、手を入れてここまでの茶室にされたよし。ご主人ご本職は料理人なのだが、お茶好きがこうじてここまでのものを作ってしまわれたのだ(^_^; (そしてそういうところへ距離もいとわずやってくる同じ穴の狢たち?)山里にふさわしい侘びた景色のほんとうにすてきな茶室である。

本席の軸は蓮月尼
  <ちどり鳴く かもかわつつみ月ふけて 袖におぼゆる夜半の初霜>
京都から来る客のために鴨川堤を掛けてくださったのだなあ。ちなみに私が住む岡崎は蓮月とも縁の深い場所なのである。

炉にはご精進の灰、山里の極わび茶室に合うように、少し粗めに仕上げられたとのこと。表千家の炭手前を興味深く拝見する。



IMG_8491.jpeg


お料理はご本職だからお手の物。私は全くの精進懐石はあまり経験が無い。だからお出汁が鰹節をつかわず、昆布だけでこれだけ美味しいのか!と驚いた。ご飯は竈で炊いた煮えばなでこれまた美味しい。向付はお手製の胡麻豆腐である。

ここでお給仕は奥様に変わって厨房へ。



IMG_8492.jpeg



これがまた絶品の湯葉がき。湯葉を蕎麦がきに練り込んだもので、たっぷりのきのこの山の幸、この里山でとれたものだろうか。これも昆布のうまみだけで食べさせる。
あといくらでもお酒がすすんでしまう豆腐の八丁味噌田楽、ねっとり美味しい今期初物の海老芋、次郎柿の白和え、精進でこれだけ美味しくてお酒のすすむものができるとは思わなかった。(ちなみに茶事でなく懐石料理のみいただくこともできます)



IMG_8493.jpeg


主菓子までお手製の薯蕷。懐紙と比べてみてもらうとわかるが大きいのである。ほかほか♪
どうもこれを見ると師匠とご亭主の坊主頭が並んでいるように見えて(^_^;
ちなみにご亭主は心より尊敬されていた堀内宗心宗匠が亡くなられた時に頭をまるめることにきめられたそうだ。理想的な師弟関係に巡り会われたことがうらやましい。


IMG_8495.jpeg


後座の花入れは少し凍みが入った青竹、もちろんお手製である。裏山の西王母のつぼみと照り葉。
濃茶を、ゆっくり時間をかけて少し体を丸めるようにして練られる姿がとても印象的であった。師匠が言うにはまさに宗心宗匠の練り方なのだそうだ。ご亭主の誠実なお人柄がにじみ出ているようなお点前であった。


IMG_8499.jpeg


薄茶はあまり泡をたてない表千家のお茶。
ずっと思っていたが静岡はお茶の一大産地でありながら、あまり静岡産の抹茶ってないなあ、と。実際ほとんど煎茶などになって抹茶にならないそうだが、せっかくお茶の産地にいるのだから、とご当地のお茶を無庵好みにブレンドしてもらっているとのこと、そのお茶を二服もいただいた。

干菓子もお手製で和三盆のふくら雀、中に大徳寺納豆ならぬ浜納豆入り、と晩白柚のほろ苦砂糖漬け。


IMG_8506.jpeg


遠州森駅、もうこのノスタルジックな駅には心奪われる。
この駅まで最後には車でお送りいただいた。なにからなにまで淡々と誠実に行き届いてされるお茶事は、料理店の茶事などというものではなかったことに深く感動。

露地や茶室の手入れ掃除を自ら行い、客に一服のお茶をさしだすためだけに多くの準備をし、周りにある食材を使って亭主自ら包丁を握る。客が来れば着物を整え迎付にでる。、、、映画「千利休〜本覺坊遺文」の中のシーンを思い出してしまった。これぞ茶事の本来の姿だ。


IMG_8510.jpeg


最後に、静岡茶の無庵好み「無双の白」を買って帰ったので、今度の茶事にお出ししようと思うのである。



関連記事

● COMMENT ●

ご亭主夫妻の心のこもった清々しいお茶事でした。
お誘いくださってありがとうございました。

そらいろつばめ様

こちらこそ遠路お付き合いありがとうございました。
茶事はやはりシンプルが茶の心に通じるなあと思いました。いろいろ反省もあり。
でも楽しかったわ〜。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

コメントありがとうございます。ご近所でしたか。
それはまたいつか御縁がありましたらよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1904-f27092b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

御影香雪美術館・紅葉とお茶を楽しむ会2022 «  | BLOG TOP |  » 秋夜の奈良旅〜春日大社〜興福寺北円堂

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR