fc2ブログ
topimage

2024-04

好日庵初釜2023 - 2023.01.23 Mon



IMG_0078.jpeg


 昨年こちらの常連さんの其中庵さんにつれてきていただいて、高い敷居をやっとまたげた善田昌運堂さんの茶室・好日庵にて初釜。今年もお招きいただきありがたい。
古美術界の方などそうそうたる顔ぶれの中、アウェイ感場違い感がかなり強かったけれど、普通はガラス越しの茶道具を手に取って使って勉強させてもらえる機会は逃してはいかんよ。


IMG_0074.jpeg


寄付の米山人(幕末の大阪商人)鯛の画讃は昨年も掛かっていて、毎年掛ける慣習なのだろう。中回しが伊勢暦になっていて、とても洒脱な感じ。
雨ゆえガラス越しに見ただけだが、狭いながらもしっとりと美しい露地。

コロナ前は小間の好日庵にて濃茶をいただけたそうだが、今年もお道具拝見のみ。昭和16年、初代喜一郎氏が建てた茶室で、昨年は六畳だとばかり思っていたが、畳5枚が台目畳になっているので、一畳の点前座を加えて四畳台目の広さになる。中柱袖壁あり、突き上げ天井あり、花頭の給仕口ありの、すごく落ち着く小間なのだ。

ここで黄伊羅保(「あらし山」の銘あり)拝見。なんとこの茶碗昨年の京博茶の湯展に展示されていたそうだ。見たはずなのになあ、、、と思うが、かぴかぴに乾燥してガラスの向こうと、しっとりお湯を吸わせて手の中、、ではずいぶん印象が違うのだ。
軸は怒中無慍(室町時代の中国僧、のちに渡来。調べたけどあまりわからない人だった)寒山詩をまねて三首という漢詩。難しすぎて全然ワカラン。



IMG_0075_202301150107451fb.jpeg


広間にて薄茶を二服いただく。
広い床に見合った大きな軸が認得斎「靏・亀(丸に手足の絵)」
亀が丸に頭手足、緑毛を描いただけなのにすごく雰囲気出ていて、認得斎、絵上手かったんや。

なんといっても感激は古清水の花入れ!
超絶技巧というかなんというか、一見青銅の筒かと思ったくらいの質感で、びっしり籠目の透かし、耳が節竹になっていて、上下の口周りに赤も目立つ鮮やかな色彩と細かい文様。古清水って青と緑だけで赤がないのが特徴と思っていたが、これはまた今までの印象を覆す。
後日其中庵さんに聞くと、初期のころには赤の顔料は使われていたものの後に枯渇して、青緑だけになったのだとか。知らなかった〜勉強になる〜。

展覧の茶杓は宗旦・原叟の箱(おお!)席中では一燈の「一フジ二タカ三ナスビ」の3本組の一フジ。
茶碗は一入黒楽、五代大樋飴釉筒、古萩(枇杷色、とじ目ありの意匠、裏に火間あり これよかったわ〜)、茶が入る部分だけが白く抜けたような変わった色合いの半使、大人気だった布志名焼の大根絵付け(中にまで大きな大根が描かれている。松江の牡丹の名所・大根島??)


IMG_0079_20230115010742ffe.jpeg


香合が、梅に鶯のあっさり絵付けの古染かと思ったら祥瑞の蜜柑香合であった。
ここ数年ず〜っと古染と祥瑞と呉須の違いについてなかなか理解できずにいる。専門家は見たらわかるらしいし、青花の色の違い、土の違いとおっしゃるのだが、なかなかこれどっち?と思う物が多くて。少なくとも文様だけでは判断できないということ。びっしり吉祥模様の古染もあれば、あっさり祥瑞もある。

展示品のなかに祥瑞、古染が複数並んで居る場所があって、(さすが「古染付と祥瑞」の本を上梓されている善田のぶ代さんのお家ですわ)、同じ吉祥文様がびっしり描かれた古染と祥瑞が並んでいた。これ並べて見た時に、あ、青の色が違う、、、とふと納得できたのだ。(今後判別できるかどうかは別〜(^_^;) (Kさん、ありがとうございました)


IMG_0080.jpeg


というわけで、今回もお勉強して、お持ち帰りの辻留のお弁当を家でいただきつつ、もう一度「古染付と祥瑞」の本を引っ張り出して復習するのであった。


IMG_0121_20230116000014adb.jpeg





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1936-4d109bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久々の’月と’さんで、みのり菓子 «  | BLOG TOP |  » 妙心寺・壽聖院で襖絵に10年ぶりの再会〜京の冬の旅2023

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (9)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR