topimage

2017-07

東京で(私的)茶碗祭・その2〜光悦・五島美術館 - 2013.11.26 Tue

学生時代、光悦の「雨雲」を見た。
鳥肌が立ったのを覚えている。

P1050829.jpg

当時なんとな〜く茶道はやっていたけれど、光悦の名前は教科書で知っている程度。そのころは光悦も今ほどさわがれることはなかったと思われ、思文閣かどこかの小さなミュージアムであったと記憶している。そんな二十歳そこそこのねえちゃんをもザワザワさせる黒い釉薬のむらむら。非定型であるからこそ不安をかきたてるような、、、「雨雲」は光悦自身のネーミングであろうか。まさに天才的。


P1050830.jpg

あれから何回か見ていると思うのだけれど、よく似た「村雲」や「時雨」と混同しているかも。今回意識してはっきり、「雨雲」と再会。よけいな知識が入って、世故たけて(?)きたせいか、あのころのような初々しい感動はなかったけれど、この茶碗でお茶を、、、云々の気持ちは以前より強いと思う。


P1050828.jpg


光悦は茶碗だけでなく(本職は刀の鑑定家)書、漆芸にもすぐれた多才の人であったので、今回の展示は半分が消息や和歌巻などだったけれど、今回は時間の問題もあって、しっかり見るのは茶碗のみに絞った。(光悦会で俵屋宗達下絵の和歌巻、ガラス無しで先日見たとこだし)


P1050831.jpg
(庭の写真はすべて五島美術館内の庭園)

楽吉左衛門さんは光悦の茶碗への憧れがあるとおっしゃる。「乙御前」のような茶碗が作りたいとも。(その割りには焼抜の茶碗は乙御前とかけ離れてるけど、、)光悦の茶碗はほとんど楽家の窯で焼かれたらしく、楽家二代常慶や三代のんこう(道入)とお互いに影響を与えあっていたという。
乙御前は写真でみるとかわいいころっとした達磨さんのようなイメージだけれど、上から見るとけっこう洲浜型にゆがんでいるのね。


P1050835.jpg

H22年、楽家で楽さんの還暦記念茶会に行った。その時「まだどこの美術館にもだしていません。」とおっしゃっていた光悦の白楽「冠雪」(命名は当代)を実際に手に取らせてもらった。
その「冠雪」にまたここで巡り会おうとは!


P1050836.jpg


当時手に取った感想を書き写すと「白釉で、同じ光悦の国宝「不二山」に形は似て高台にかけてするどく削り取られ、胴は「乙御前」のようにどこかやわらかい曲線、手の中でぽってり、吸い付くような感じとでもいいましょうか。重さは重くなく、軽くなく。」
うわ〜!なんだかうれしい!


P1050838.jpg

それにしても釉薬が綺麗だな。もう何百年もたっているのに釉薬の表面にニュートンリングのような虹があらわれてつやつや。
展示は低い位置のケースにはいっているので、茶碗の側面を見ようとすればいきおいしゃがみこまないといけないので、みんなしゃがんで横ばいに蟹歩きをしているのがなんだかおもしろかった。おかげで茶碗の茶だまりまで見ることができるのだけれど。

P1050841.jpg

それにしても光悦は「ちゃわんや」というプロではないことをいいことに、ありとあらゆる造型、色、で融通無碍に茶碗をつくったこと!それはそのままで芸術作品なのだけれど、実際に茶の湯に使うとすればどうなんだろうと考える。茶碗の気配をむしろ消そうとしている長次郎の楽とは対極をいくような。


P1050855.jpg

根津で重い図録を買ってしまったので、これ以上重い図録を持ち歩くのはいやだなあ、、、と思っていたらこんな小さな雑誌が。骨董の情報誌らしいが、光悦展が特集記事らしい。しかも先日行ったMIHOの根來の記事まであってずいぶん得した気分(^艸^)


関連記事

● COMMENT ●

う〜ん。私も光悦の茶碗は好きなんです。手に取るとふわってそうくらいでしょうねえ。

小さな蕾は定期購読中ちう。
光悦大好き♩
言っちゃ〜なんだが光悦と並べると樂はもっさり見えます。
ノンコウは必死で光悦を真似たという説あり。
そんな気がする。

ひいらぎ様

楽さんとこでさわらせてもらった光悦がいかに貴重な経験であったか思い知りました。

relax様

すごくマイナーな雑誌!と思っていたけれど意外と人気雑誌だったのね、シラナカッタ。
光悦はプロのちゃわんやでなかったので、自由自在な発想で茶碗が作れたのだろうと思います。楽はどうしても茶人の縁の下にならないといけないとこがありますからね。

不二山の出陳がないのは残念でした。いつかサンリツ美術館まで行かなければ。

小さな蕾

この雑誌の2011年2月号にS氏コレクションとして友人の所蔵品が特集されています。
結構人気のある雑誌なんですね。知りませんでした。
「次はどう?」と打診されましたが丁重に辞退させていただきました。

そらいろつばめ様

不二がでてれば国宝三碗そろい踏みでしたのにね〜。
サンリツも常設ってわけではないのでしょう?
静嘉堂の天目とあわせてでたらまた東京行くけどな〜。

N様

私もこの雑誌、初めて知りましたが、コンパクトなダイジェスト版でなかなかお役立ちです。
N様のコレクションなら、他の有名どころでも通用しますよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/197-bc244871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京で(私的)茶碗祭・その3〜美濃茶碗・三井記念美術館 «  | BLOG TOP |  » 東京で(私的)茶碗祭・その1〜井戸茶碗・根津美術館

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (16)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR