topimage

2017-06

師走の瓢亭 - 2013.12.13 Fri

遠方からの茶友が「茶味のある瓢亭で食事したい。」というので、ご相伴。


IMG_4363.jpg

ご存じ、南禅寺畔瓢亭さん。約400年ごろ前に、南禅寺門番所をかねた腰掛け茶屋としてすでにあったという長い歴史を持つ料亭。そのころの名残としていまでも大きな草鞋が目印。


IMG_4392.jpg


広い森みたいな庭に4棟7組のお部屋があるのですが、今回はどの部屋かな〜、、、と思っていたら、やった!瓢亭創業時からある一番古い茅葺きの「くずや」に通された。くずやは2回目!


IMG_4380.jpg

瓢亭は料理もさることながら、その部屋や室礼も味のうちなのです。くずやは本来は四畳半(ここで食事いただく)と二畳台目の続きの茶室。


IMG_4381.jpg


だから水屋も完備。ええなあ。ここでお茶会してみたいなあ。


IMG_4371.jpg


お向こうとお酒。(素材はおいしかったことは覚えていても、なんだったのか覚えていないのでゴメンね。記憶力がほんまにもう、、、、、)
お造りは若大将考案のトマト出汁につけていただくも良し、醤油もよし。トマト出汁はそのまま飲めちゃいます。んまい!



IMG_4375.jpg


汁は白味噌。どこのお味噌なのか聞き忘れたわ。器も見所。鳥獣戯画の朱塗り椀、いいですね〜。


IMG_4376.jpg


四畳半の床には表千家即中斎の「忙中閑」。まさにその季節。花は大将の高橋さんがいれはったのでしょうか。椿と照り葉。ほんまに茶事で懐石いただいているような気持ち。


IMG_4377.jpg


八寸が酒のあてとして先に出てきます。一子相伝瓢亭卵もついてますよ。これも400年間に腰掛け茶屋だったころからだしているメニューなんだとか。


IMG_4378.jpg


二畳台目のほうの障子。


IMG_4379.jpg


躙り口だったところ。ナグリの横木が400年の使用によって角が取れ、ツルツルになっているところに歴史を感じます。


IMG_4382.jpg


ぶあつくてもっちり!のカラスミ。


IMG_4383.jpg


これは強肴になりますかね。海老の殻を細かく砕いて衣にしたもの(たぶん)。葛餡がおいしい!


IMG_4384.jpg


四畳半の障子をあけるとお庭がのぞめます。竹の濡れ縁がいいですね。


IMG_4385.jpg

庭はこんな感じ。前に来たときは青葉のころだったけれど、初冬の庭の風情もなかなか。外の寒さに部屋の中のぬくもりがうれしく感じられます。


IMG_4386.jpg

やや変則だがここで焼物。まながつおの西京漬。


IMG_4387.jpg


最後にご飯と香物、煮物椀だ〜。ご飯はムカゴと舞茸ごはん。薄味で、いままでさんざん食べていたのにご飯別腹、、、という感じでたくさんいただく。


IMG_4388.jpg


大女将がでてこられて「なんぼでもあがってくださいよ。」
この方はほんとうに客を緊張させない良い雰囲気をもってはる。ついほっこり気分で甘えたくなるような感じです。飯器のごはんはなんぼなんでも完食できず、折り詰めにしてもたせていただいた。


IMG_4393.jpg


さらに別腹のデザート。



IMG_4394.jpg


雪餅でお薄一服。
これ以上なんの贅沢をいいましょうや。


IMG_4391.jpg


気持ちもお腹も満足。
茶友とともに一席の茶事を味わわせてもらった感あり。この日もまた佳き日なり。


関連記事

● COMMENT ●

暖かそう!そして美味しそう!
いつか行きたいなあ。
エビの殻の衣ですか。どうするのだろうか?器もううですねえ。
古い清水かしら?

ひいらぎ様

海老の殻だったかどうか実ははっきりおぼえてなくて、、、(^_^;
そんな食感だったと思うのですが。
器ももちろん楽しませていただきました!

写真だけでもお料理を堪能させていただいた感じです。
器のすばらしいこと。からすみのお皿は手に取りたくなりました。
揚げ物の衣は乾燥湯葉のようにも見えるのですが。
白味噌はおそらく錦堺の異業種の店で時々売っているものではないかと。以前暮に清水寺の今年の漢字を見に行く前に、瓢亭系の店に寄ったら白味噌をたっぷり下さったので、重いのを抱えて清水まで歩いたのを思い出します。今年もその季節が来ました。

Mariko Ishii 様

乾燥湯葉、、、それもありかも、、、というかもう全然記憶に残ってない。おいしかったのとちょっと口の中でざらつく食感しか覚えていない。(かなり重症の記銘力低下、、、)(>_<)ゞ
白味噌のそれは○利さんですね?辻○さんもここの白味噌だといっておられました。一度かってみたことあります。料理の腕があれれ?なのに、それなりにおいしくできました。味噌の功徳。

一度しか行ったことがありませんが、向付の明石の鯛が分厚くて噛み切れなかったことと、仲居さん(?)が京都らしいもってまわったいけずなことを言ったことだけが記憶にあり、二度と行きたくないリストに載せております(笑)。
建屋の雰囲気が良いことは認めるけど…。
運が悪かったのでしょうね(涙)。

relax様

どんないけず言われたんですか〜?知りたい!
私はイケズ言われても気づいてないかもしれないけど、イヤな思いはしたことないです、ここでは。
あまり印象がよくなかったのは残念でした。
もういちどチャレンジしてみられては?2回ダメなら相性がアカンということでしょうね(^◇^;)

ドンナロイア

先日神戸のドンナロイアで食事をしましたときに、からすみのパスタが出てきました。
南イタリアのものとのこと、こんなに大きなものではありませんでしたが。
オーナーシェフの渡辺さんが料理の材料についていろいろと説明してくれました。
食事に行ってお店の人とお話しが出来るとたのしいですね。
大女将さんが出てこられお話しされたとのこと、さぞ楽しかったでしょうね。

N様

ドンナロイアってイタリア料理の老舗なんですね。からすみのパスタ!おいしそうです!
初めてのお店では、なかなかスタッフとの会話はむつかしいことが多いです。
それでもリラックスさせてくれて、ちゃんと料理の説明もしていただけるとここはええ店やな〜と思いますね。料理はおいしくてもスタッフの説明とかがマニュアル的だとがっかりすることもありますが。
大女将さんとは光悦会でおみかけした、ということから話がはずみました。さる方のおかげにて(^_^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/204-212f1e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノサロンコンサート2013〜平野の家わざ永々棟 «  | BLOG TOP |  » 初冬の京めぐり

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (18)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2017 (1)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (21)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR