topimage

2017-09

當る午歳吉例顔見世興行〜南座 - 2013.12.25 Wed

今年も恒例南座顔見世興行!夜の部です。

IMG_4440.jpg


京の師走の風物詩・まねきです。顔見世に行かなくても年の瀬にこのまねきだけは見なければ、、という京都人も多いのではないかと。そして今年の見所はなんといっても初めて上がる「猿翁」、18年ぶりに上がる「猿之助」、そして48年ぶりとなる「中車」のまねきでしょう。澤瀉屋三人同時襲名披露がありますものね。


IMG_4445.jpg

歌舞伎を見に行くのは年にせいぜい1〜2度くらいですが、顔見世は雰囲気が華やいで、なんとなく晴れがましい気分になります。

IMG_4448.jpg


かつては京都の奥様方お嬢様方がハレの着物をまとって、それはそれは見るも楽しい華やかさだったそうです。残念ながら昨今着物姿の方は少数派。それでも花街の姐さんたちは芸妓姿でおいでで、これを見るのもまた楽しみ。
そんな花街の姐さん方に比べるもおこがましいですがこんな着物で参りました。残念ながら髪結のエメラルド美容室さんがお休みのため、洋髪にはできませんでした。(T_T)残念!


IMG_4446.jpg
(花道の出入り口)


最初の出し物は「元禄忠臣蔵・御浜御殿綱豊卿の段」。メインは綱豊卿に梅玉、助右衛門に中車。中車はいうまでもなく香川照之さん、俳優としては十分なキャリアと実績があります。そんな彼が初心者といってもよい歌舞伎をいかに演じるのかが見所。

う〜む、、、さすがですねえ。芝居の呼吸は歌舞伎もかわらないのでしょうか。通の人からご覧になったらちがうのかもしれませんが、私は感心してしまいました。一芸に秀でた人はなんでもできるのね。


IMG_4450.jpg


それにしてもこの一年、歌舞伎界の重鎮が次々と亡くなったり病に倒れたり、、、歌舞伎界の行く末心配なことがあいつぎました。この綱豊卿も本当は仁左衛門さんが演じる予定だったそうです。おかげで夜の部は梅玉さんオンステージというくらい通しでがんばってはった。今度は梅玉さんがたおれなきゃいいけど。


IMG_4451.jpg

こちら特等席の桟敷席。申し込んだときは一席しか空いていなくて断念しました。いつかかならずゲットするぞ!だってテーブルもあって、お弁当食べやすそうな席なんだもの。


IMG_4452.jpg


休憩時間、お客さんが行き交う玄関前の通路。今年もここで頼んでおいた新門前菱岩さんのお弁当をピックアップ。


IMG_4457.jpg

おいしいお弁当なんですが、ピックアップしてお茶を売店で買って、、してたら25分の休憩時間なんてあっという間。ゆっくり食べられへんよう、、、。もっとゆっくり味わいたいのに。来年は簡単に食べられるお寿司なんかの方がいいかな。ちなみにここの名物はだし巻き(^_^)b


IMG_4465.jpg


お弁当をいそいで飲み込んだあとはいよいよ澤瀉屋の襲名披露口上。もう東京からさんざんやったでしょうが、大きい劇場での襲名口上は南座が最後。
猿翁さんはさすがでてこられなかったので、猿之助(亀治郎改め)と中車、それに紹介役の藤十郎さんだけ。猿之助さんはいつもTVで素の姿をよく拝見しているけれど、(TV番組「京都1200年の旅」のナビゲーター役なので、毎週見てま〜す)歌舞伎役者としてみるのは初めてだわ。


IMG_4466.jpg
(御贔屓からのご祝儀をお披露目する「竹馬」)

そして襲名記念の演目「黒塚」、はじまります。昭和14年に二代目猿之助(初代猿翁)が初演して以来、猿之助襲名披露にずっと演じられてきたもの。

ストーリーは能の「黒塚」から(観世流では「安達ヶ原」)いわゆる安達ヶ原の鬼婆の話です。

猿之助は前半は旅の僧に一夜の宿をかす糸繰りの媼の姿で、まさに能楽の世界のように重々しく静かに抑制的に。僧たちのために山で柴を集めに行くところは舞台背景が一面の薄が原で、25日くらいの月が空にかかる。その美しい夜の、冷たい空気さえも感じられる中、僧にであって救われ心晴れて一人踊りする姿が美しくもあわれ。



IMG_4453.jpg


そして約束を違えられ、閨の食い散らかした人間の死体を見られ、裏切られたと知るや正体を現す。瞬間、静から動へ。激しい所作が続く。すごい体力、運動能力!いつもTVではスマートなしゅっとした猿之助さんのどこにそんなパワーがかくされていたのかと思うほど。

鬼の姿になったときの所作ももう迫力で迫力で、大活躍の梅玉さんの僧との調伏合戦、押して引いて引いて押して、、がまたすごい!花道での乱闘(?)では体壊すんじゃ、、、と心配なくらいに激しいのよ。歌舞伎役者はすごいなあ。


最後には消えていく鬼婆は鬼ながら哀れでもありました。


IMG_4464.jpg


これがうわさの福山雅治の祝幕ね。猿之助と親しい彼が襲名記念に贈った物。襲名記念ポスター写真(猿之助が宝珠をもって東京上空を飛んでいるやつ:顔見世用に背景を京の町にしたものもあり)も福山君が撮ったものだったしね。ちなみに隈取りはこの黒塚のもの。

藤十郎と翫雀親子による歌舞伎踊り「道行雪故郷・新口村(冥途の飛脚より)」、これまた梅玉さん大活躍の「地雷也」(地雷也の乗り物である蝦蟇がめちゃかわいかった!)ときて、、、この日ははねました。


IMG_4468.jpg


今年も無事顔見世鑑賞終了。来年も必ずいけますように!




関連記事

● COMMENT ●

顔見世楽しまれたのですね。
お弁当は、早目に出かけて四条河原町辺りのデパ地下で買って行かれると時間節約になると思われますよ。「顔見世鑑賞用」として販売しているものもありますし、より取り見どりです。

vivasan様

おとなりのご夫婦は慣れている様子でデパ地下で買ったとおぼしきお弁当たべてはりました。
来年の顔見世の弁当はやはり自分で持ち込み、、、が正解ですね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/209-7e31f188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

師走雑記2013 «  | BLOG TOP |  » 師走の茶事〜高台寺鬼瓦席

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (208)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (1)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (25)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (37)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR