fc2ブログ
topimage

2024-04

吉田神社節分祭2024 - 2024.02.08 Thu

節分の季節は京都の町がざわつく。すぐそこに近づく立春に心もざわざわする。
あちこちに張られた結界の中で跋扈する魑魅魍魎が、追儺される声が聞こえるようだ。まさしくこの季節はワンダーランド。


IMG_2970_20240205220507844.jpeg


節分と言えば吉田神社なのだ。
学生時代はほぼキャンパスの延長なので、ここしか知らなかった。今でも節分といえば吉田山にのぼる。毎年同じような写真でごめん。
2日の追儺式はどうせすごい人で見えなかろうと諦めて、3日の節分当日の夜にお参り。


IMG_2971_202402052205099ff.jpeg


ここも普段はほとんど人に会わない静かな境内だが、節分の3日間は異世界が開く。


IMG_2972.jpeg


この日の夜23時から行われる火炉祭(古いお札やお守りを一気にお焚き上げ)の準備もすすむ。この日は先日のワンオペ茶事の疲れが残ってて見るのはやめといた。

↓7〜8年前の火炉祭の写真おいとくね。
この火炉祭も一時は灰の処分を巡って京都市と対立して、怒ってしょぼい蝋燭みたいなのに点火するだけになった時もあったっけな。コロナの間、無い年もあった。



かろさい17


毎年同じ事ができる、拝見できることのありがたさはこの年になるとようわかるよ。


IMG_2973.jpeg


違うことと言えば、山蔭社の前の坂、例年ここには河道屋の年越しそば(節分が新春の前日だからね)のテントがでていたのだが、コロナ以降、今年も出てなかった。


IMG_2975.jpeg


とりあえず大元宮(吉田神道ご本山全国津々浦々の神々を祀る)へお参りしようと屋台がひしめく参道の坂道を登る。献灯に書かれた店の名前を見ながら、ココ知ってる〜とか思うのも楽しい。


IMG_2977.jpeg


今年も並んでるなあ。
なにしろ年に3日しか開かれないので、一年に一度のお参りだから。


IMG_2980.jpeg


厄塚はおさわりして厄を祓うのだが、コロナ以降、今年もおさわりできない!


IMG_2983_2024020522052172f.jpeg


吉田(学区名)の役員さんたちがこの日ばかりは紋付き姿なのも好き。


IMG_2986_20240205220521ba9.jpeg


さて、毎年恒例、生まれの備前国、住んでる山城国、第三のふるさと?大和国だけにお賽銭をおさめてお参り。


IMG_2988.jpeg


一応伊勢神宮みたいに内宮、外宮があるみたいだが、吉田神道は正直よくわからない。でも頼りない白熱球にぼんやり照らされるこの雰囲気が好き。


IMG_2976_20240205220518549.jpeg


参道にもどり、節分期間はすっかりこの場所が定着した吉田の松井酒造さん。
濁り酒、絞りたて生酒をそれぞれ一杯ずつ。



IMG_2974.jpeg


昨年乙女達と酒盛り宴会(?)した山蔭社前にて(ここけっこう飲食の穴場、山蔭社=料理の神様だけに??)今年はTさんとふたり酒。


IMG_2992.jpeg


買ってきてもらったいづ重さんの恵方巻きを肴に。
美味しいわ、やっぱりここのお寿司。恵方がどっちとか全然気にせずに先に腹にはいっちゃったわ。



IMG_2996_202402052205264e6.jpeg


そして恒例、菓祖(田道間守)神社へお参り。
毎年願うことは一つ、今年も美味しいお菓子が食べられますように!

豆茶と駄菓子の接待が今年は復活したみたいだが、すでにソールドアウト状態で、かろうじてあめ玉一個いただけた。



IMG_2999.jpeg


本殿前では梔色のおみくじ。
魔除けの梔(くちなし)染料を使って紙を染めたものがルーツ。もちろん今はプリントやけど。


IMG_3001.jpeg


お参りがすんで神社の階段の上から眺めるこの景色が好き。一条通にならぶ屋台の灯り。


IMG_3003.jpeg


手ぶれしてなんか良い感じにアヤシイ写真が撮れた(^_^;


IMG_3004_20240205220532f37.jpeg


そして今年も松井酒造の神蔵七曜ゲット!(昔は一般流通してなくて節分のときココでしか買えなかった)


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/2148-01262623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

節分と梅の茶事2024 «  | BLOG TOP |  » 睦月雑記2024

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR