fc2ブログ
topimage

2024-04

二月堂修二会2024〜油量り - 2024.02.20 Tue

また心騒ぐ3月がちかづく。


IMG_3328_20240219222927fba.jpeg


一体何度通ったか、この二月堂裏参道。


IMG_3329_202402192229296e1.jpeg


ああ、見えてきた。二月堂。


IMG_3331_202402192229315f8.jpeg


先日の竹送りで山城ほか各地で採れたお松明の奉納竹がぼちぼち並び始める。いよいよ修二会がはじまるのだな。


IMG_3291_20240219222922c22.jpeg


今年も2月18日油量りを見にお参り。
18日は観音様の縁日なのでお堂の中では読経の声がする。上司師のよいお声がことさらよく響く。修二会の行法の間使われる灯火の油を、「多すぎず少なすぎず」量ってお堂におさめる油量り、御奉仕は百人講(修二会を支える多くの圓玄講社のうちの一つ)。


読経の声がやみ、雅楽の調べが流れてくるといよいよお堂の南出仕口の扉がひらいて、油量りを見守る堂司、処世界(いずれも練行衆のお役)がスタンバイされているのが見えるはずだが、いつ開くかドキドキする。





堂童子さんが扉を開く。
はい、今年初めて堂司をつとめられる佐保山師と新入の処世界森川師すでに定位置に。


IMG_3315_202402192247196c9.jpeg


いや〜処世界さん今年も初々しいなあ。佐保山師もお若いけれど堂々としてはるわ。堂童子さんが手に持っている紙縒りに注目ね。(あとででてくる)


IMG_3281.jpeg


油は、現在は愛知の岡崎のここだけが作っていて、東大寺、伊勢神宮、宮中祭祀にしかつかわれないという製法は企業秘密の油である。


IMG_3307_20240219222922771.jpeg


この油量りに来だして5年目やわ。一年ぶりの桶と量る棒。
思えばコロナしょっぱなのころ、百人講の人たちは手が出せず、参籠衆として2週間前から隔離されてはった堂童子さんと処世界さんが油を量るという珍風景も見たなあ。(2021年)あれは前代未聞のことであったわ。逆にめずらしいもん見せてもらったというお得感。


IMG_3314.jpeg


棒についている筋まで油を桶に量りとる。




IMG_3312.jpeg


そして二月堂常什の油壺に移していくのだが、壺は全部で3つ、それぞれ一斗(18L)、一斗二升、一斗三升と3回。


IMG_3317.jpeg


堂童子さんの手で油の量を書いた紙縒りをつけて、、、


IMG_3361.jpeg


堂内へ運ばれる。





計り終わったら扉はまた堂童子さんの手によって閉められるのである。





今年も無事油をおさめ終わる。
煙が少ない灯油といっても、一晩局で聴聞するとマスクが真っ黒になるのだけれどね。

そうそう、4年ぶりに今年は局での聴聞がゆるされるのだ。気合い入るわ、また夜中の奈良を徘徊することになる(^_^;


IMG_3367_20240219222935829.jpeg


今年もお疲れ様でした。


IMG_3368_20240219222937006.jpeg


今年も無事修二会、満行されますことを祈ります。

コロナ期間中お世話になったニコ動、今年はどうなのかな。行けない日にはあれを流して見ているの楽しかったんだが。


IMG_3369_202402192229393e2.jpeg


近いうちまた来ます、二月堂。






関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/2158-f7b90eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫野TT舎にて旧正月E先生の初点て会 «  | BLOG TOP |  » お江戸で大炉茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR