fc2ブログ
topimage

2024-05

姫路にて〜みせばやな華茶会 - 2024.04.05 Fri



IMG_5386_202404012104032ee.jpeg


昨年より早い開花か?と思われたが桜の開花は例年並み、ただしここ数日の暖かさに(暑さ?)一気に花開きそうだ。今日はこちらへ。正面に見えるはご存じ国宝白鷺城!


IMG_5389_20240401210406b0a.jpeg


こんなすてきな場所があるなんて、しらなかった。姫路城に隣接する姫路文学館の敷地内にあるこの数寄屋のお屋敷!望景亭というこの建物は昭和初期竣工、実業家濱本家別邸であったそうだ。現在では国の有形文化財となっている。


IMG_5390_20240401210406ffb.jpeg


お茶友Oさん主宰の「みせばやな華」茶会
薄茶席の亭主はOさんのギャラリーで個展を開かれたこともあるガラス作家・奥島圭二さん。
出されたお道具のほとんどが御自作のガラス製品。
もちろんこの菓子器も作品のガラスである。
2種のお菓子は嵐山の麻乃屋さん。道明寺を使った桜餅バリエーションがとても美味しかった。



IMG_5391.jpeg


軸がまさに「華」、東大寺の清水公照師。
花入れも、茶碗も、水指も、茶器、茶杓にいたるまですべてガラス。こんな道具欲しいなと思ったら、すぐご自分で作れるのがうらやましい。
写真は香合、中にすっぽりホオズキの形の空間があるもの。



IMG_5395_202404012104101f4.jpeg


オールガラスの茶碗が多いが、いただいた茶碗は土の茶碗にガラス釉をかけたもの。
また水指もキラキラ、この茶碗みたいに少しクリムトを思い出させるテイストであったが、びっくりは蓋である。


IMG_5394_20240401212731dbf.jpeg


技法は聞いてもよくわからなかったが、漆塗りの蓋に銀を焼き付けてあるような。これもご自作。


IMG_5392.jpeg



薄器の蓋がこれである。
外から見ていると大理石の様な質感だったが、日に透かしてみると、このとおり、やはりガラスなのである。万華鏡みたい。ガラスの茶杓も一見竹?と思うくらいのディテールに凝った作品、これはお持ち帰りしたい(^_^;



IMG_5397.jpeg


庭には大きなサルスベリの木。
この邸宅は、近年姫路文学館が建てられるときに、設計した安藤忠雄氏の意向により、そのまま残されたと聞いた。


IMG_5405_20240401210413217.jpeg


迷路のように広い廊下を進んで、次は煎茶席。
なんとご亭主は三五夜さん(奈良)である。先だっておめにかかったばかり(^_^;
ここからの眺めもよい。煎茶掛けには文人趣味のものが煎茶席には使われるが、本日の軸は「江国春風、、、」黄檗直翁師。


IMG_5406_20240401210416248.jpeg


またこちらでも、やなぎのにわ京菓子さんのお菓子が。
摺り琥珀の蝶々が生姜の味もきいて美味しかった。


IMG_5407_20240401210416ce6.jpeg


そこへ明服をお召しの三五夜さん登場、煎茶をいれてくださる。棚の名前も杭州棚とか、文人趣味あふれてます。
茶を喫しつつ、文芸談義をしたり、書画を描いたり、香をたいたり、、、憧れの文人生活、、でも生活費は稼がにゃならんのよ、われわれは。そのひとときだけ、浮世をわすれてにわか文人を楽しめた。


IMG_5411_20240401214704af1.jpeg


脇床に華やかなお雛様道具、室礼担当のAさんのもの。ご自分のお屋敷にあったという雛道具から、花見の宴会っぽいものをとのこと。(一体どんな深いお蔵のあるお屋敷なのだろう)


IMG_5412.jpeg


雛道具で一番惹かれたのが右のこれ!どうみても置き水屋!
こんなものまであるお雛様って一体(゚Д゚)
近寄れず確認できなかったが、まさかこのミニミニ円座も讃岐円座だったりして、、、


IMG_5409_20240401210419e51.jpeg


左に桜、右に橘、これぞ私も興味のある倭橘(やまとたちばな)の実!

ご準備大変だったと思うけれど、打ち合わせの時間、みんなで作り上げていく過程が一番楽しいよね、と思う。






関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/2182-cde631d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜〜春の夜の、、、茶事 «  | BLOG TOP |  » D先生茶暦50周年記念茶会〜でも還暦前!

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (418)
茶事(亭主) (88)
茶事(客) (185)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (114)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (5)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (152)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (9)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2024 (1)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (14)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)
台湾2024 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR