topimage

2017-11

くずしよしよし - 2014.02.11 Tue

コースが4700円なのに、これでもうけがでるのだろうかと心配するくらいきっちりした懐石がいただけるコストパフォーマンスの高い割烹があると聞いてでかける。

P20900701.jpg


祗園のご愛用のマッサージ日吉堂さんの近くにある割烹くずしよしよしさん。木工作家の手になる扉が夜はとくに美しい。まだ暖簾がでていないので周辺をぐるっとまわって時間つぶし。


P20900711.jpg

祗園切り通し。このあたりの夜の風情は京都らしくてよいです。


P20900731.jpg


でも花見小路を東にはいるとそこはディープな夜の祗園の世界。飲み屋さんがいっぱい〜。このごちゃごちゃした一画によしよしさんはあるので、見落とすことのことのなきように。



P20900741.jpg


お、暖簾がでましたね。ここは若いご夫婦ふたりで切り盛りされています。大将は有名な(といっても行ったことないけど^_^;)枝魯枝魯さんで修行をされ、昨年ここにお店をひらいたばかり。
お店はカウンター6席で真ん中に厨房、トイレも座席ぎりぎりというコンパクトさながら、なぜか猫が箱に入りたがるが如くおちついて居心地がいい。

P20900751.jpg


お酒は、、、月の桂の「立春朝搾り〜平成二六年甲午二月四日」ですって!生原酒なのでうっすら濁り酒。するするっと飲めるおいしいお酒(^-^)


P20900761.jpg


(さて、例によっておいしいものをいただくと、何を食べたか覚えていない病にかかるので、材料については確信がもてませんのでスミマセン。)
節分のお豆さんと雛の季節のはまぐりの先付け。器も棗みたいですてきです。


P20900781.jpg


蛸を下にしいた味付けのジュレをまぶして食べる。盛り方が美しい。


P20900791.jpg


湯飲みはこんな交趾。一閑人みたいにのぞき込んでいるのは亀さんなんですよ。


P20900801.jpg


八寸。
節分なので柊の葉をそえて。鴨、海老芋、アワビと豆、スッポンの卵、これも節分なので太巻き。すごく手が込んでいます。

厨房は目の前なので、その手際よさを見ながらいただけるのもご馳走のひとつ。狭い厨房ながら実にきびきび、すがすがしいです。奥様も盛りつけの手伝いをしたり、ワサビを摺ったりご夫婦の息のあった共同作業も見所かも。



P20900811.jpg

これこれ!
これがコース内で私には最高だった!白味噌汁に海苔をまいた鱈の白子。海苔がパリッパリで、白味噌はむしろ薄めながら、お出汁がしっかりきいているので濃厚でおいしい!菜の花など付け合わせの彩りも美しく、懐石の参考になります。


P20900831.jpg


目の前でバーナーであぶった鰆のお造り+三種の薬味。鮎の稚魚、ウニ。器に霧をふいたりするのは茶懐石でもよくやりますが、これも目の前で拝見でき、盛りつけも綺麗に仕上がるのをみるのは楽しい。


P20900841.jpg


煮物椀はスッポンの出汁で炊いた大根、ワンタンの皮にスッポンの身をいれ揚げた物。上に乗っている柚子は目の前で皮をむいて、丁寧に白い部分を除いて千切りした物。我が家では白い綿もつけたまま刻んでるから苦いのね(^_^; やはり手抜きはイケナイ。


P20900861.jpg


焼物として、鰆に山葵菜などをのせて焼いた物。添えられた菊花大根がまたおいしかった!それにしても器も細々と上手に使って、目でも十分楽しませてもらえるわ。

下ごしらえもあらかじめしてはるのでしょうが、あの短時間で、次々とたくさんの食材を手際よく仕上げていくのはほんとうにお見事です。


P20900881.jpg

〆は甘鯛ご飯(全員おかわり!)、赤出汁、自前のおいしい香物(大将漬け物好きなんですって)、オリーブオイル漬け納豆(これも美味!)
ご飯を炊くのはフランス製の琺瑯鍋。これが一番おいしく炊けるのですって。ご飯がおいしく炊ける時間、火加減など参考にうかがう。


P20900891.jpg


デザートは干し柿のアイスクリーム。


いや、これだけおいしく楽しくいただいて、ほんとうにこの値段ですか???と心配になるくらい。CPは最高です。そう思う人は当然ながら多いわけで、予約がとりにくいのが難ですかね。来月友人がくるので予約しようと思ったら、タッチの差で相席の人(毎月来るリピーターらしい)にとられて、とりそこないました。


P21000901.jpg


お店の名刺はイラストレーターのカンバラクニエ(京都在住、某お寺の奥様でもある)さんだなあ、、、と思っていたら、ここの女将さん、カンバラさんの妹さんなのですって\(◎o◎)/!


よしよしさん、おすすめです。損はしません。ただし予約が上手く取れたらね〜(^_^;)



関連記事

● COMMENT ●

よしよしさん美味しそうですね。いつか行ってみたいものです。
我が家は大神さんでした。
久しぶりで美味しかったです。どのくらい食べたのか記憶がないくらい出ました。

よしよしさんもコストパフォーマンスがいいようですね。器もセンスがいいですね。昼はやっておられるのかしら?

ひいらぎ様

中で仕事をしているのが丸見えなので、その手際の良さもごちそうです。ご夫婦おふたりで力をあわせてされているのが好感度高い!
昼はたしかなかったような、、、、夜2サイクルくらいされているみたいです。

しぇるさん、こんにちは

確かにCP良し^0^


しかし、あのフェミが

独立して、大将になるとは

月日が流れるのが早いです^^;


相変わらず、髪型も賑やかでしたか?

高兄様

行ったあとでフェミ男さんの画像を検索したら、頭がえらいことになってたんですね〜。
いえ、現在は一見普通です。でもサイドをかりあげてトップをのばしているところにこだわりを感じましたが(^◇^;)
技魯技魯時代を高兄様はご存じなのですね〜。あの髪型のままだったらちょっとひいちゃうかも〜。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/232-203f1502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上七軒〜北野天満宮〜天神さんつながりで菅大臣神社 «  | BLOG TOP |  » ダンナ茶の湯化計画〜高台寺・夜咄

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (26)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR