topimage

2017-10

美しきは花のみにあらず〜北野天満宮・梅花祭 - 2014.02.26 Wed

北野天満宮では菅原道真公の祥月命日2月25日、梅花祭がおこなわれます。

京都に通算15年住んでいるけれど、昼間っから梅花祭に行くのは初めて。たいがい夜のライトアップのほうにいってたので。だって梅を愛した宋の詩人林和靖も言ってるでしょ?

       暗香浮動月黄昏

闇で姿は見えないけれどその芳香でその存在をしらしめる梅花。夜の梅はまた独特の美意識をかき立てます。淡々斎好みの梅月棗なんて最高のデザインだし。

とはいえ、せっかく休みにあたったんだから昼間に行ってみよう、梅花祭(結局ミーハーなんです^_^;)


IMG_50751.jpg


毎月25日の天神市も重なっているので、すごい賑わいです。


IMG_50861.jpg

露店が並ぶ参道。今回物欲は封印して、、、


IMG_50791.jpg


お、人混みの中に舞妓ちゃんのお姿も。上七軒の姐さん方は境内の野点に全員かり出されているだろうから、この妓はよその花街の妓かな。髪飾りは当然ながら梅。


IMG_50841.jpg


梅林はまだ三分〜五分咲きなので、中に入るのはもう少しあと、3月になってからでいいかな、と思って外からだけパチリ。


IMG_50911.jpg


フォトジェニックな赤い眼の牛さん。天神さんのお使いは白梅の木の下にたたずむ。月初めに来たときはまだつぼみは堅かったけれど、今日は花もほころんでちょっと自慢げ。


IMG_50931.jpg


境内の梅もまだ満開とはいきません。でも梅はつぼみ混在しているところが絵になるので。


IMG_50951.jpg


白梅。


IMG_50961.jpg

さらに香り高い紅梅。


IMG_51021.jpg


天満宮の境内が子供の頃の遊び場だった、というおっちゃんが言うには、このおびただしい梅に実がなったらそれを梅干しにするので、土用干しのころは境内中が梅の酸っぱいにおいで満ちるのだとか。それはいちど見てみたい景色だなあ。


IMG_51211.jpg


その梅干しは年末に大福茶用の梅として授与していただけますのよ。


IMG_51051.jpg


この狛犬さんも有名な撮影ポイント。重文の三光門前。ここで上七軒の舞妓ちゃん、芸妓さんによる野点が梅花祭の見所。私もはじめてなので興味津々。


IMG_51241.jpg

ところがまあ、行列の長いこと、小一時間並びました。並んではる人はお着物姿がとても多かった。若い子もおばさまも、おばあさまも。なんとなく華やいだ雰囲気は花街の茶席だからでしょうか。


さあ、ここから梅だけが花ではありません。 Walking artこと生きたお花が茶席を彩ります。


IMG_51271.jpg


お名前は存じませんが(narahimuro様、よろしく^_^;)かわいい舞妓ちゃん。


IMG_51291.jpg

あでやか、華やか、梅の簪。


IMG_51301.jpg

野点席を囲むおびただしいにわかカメラマンたちに混じってわたくしも激写!!


IMG_51311.jpg


左の妓がわれしのぶ、右の妓がねえさん舞妓のおふくという髷。


IMG_51331.jpg


芸妓さんは艶っぽいなあ。


IMG_51341.jpg


私にお茶を運んできて下さった姐さん。


IMG_51351.jpg


お菓子は鶴屋吉信の薯蕷と小さな梅の干菓子。


IMG_51381.jpg


鬘をつけていない姐さん方も。


IMG_51411.jpg


あ、尚鈴姐さん!(左からおふたりめ)上七軒で一番お茶を深くたしなんでおられる方とか。2年前、弘道館の月釜で美しいお点前を拝見したことがあります。



IMG_51501.jpg


上七軒の舞妓ちゃん、芸妓さんはみなさん、西方尼寺で裏千家茶道を学んでおられるのよね。


IMG_51571.jpg


半東席にすわっている舞妓ちゃんは北野おどりで見たことあるなあ。おぼこい感じがかわいくて。そういえばもう来月末には北野おどりもはじまる。


IMG_51441.jpg


茶席をおえて出てきたら、あの参道で見かけた舞妓ちゃんが写真撮影に応じてはった。なので私もまぎれて一枚!

梅花に酔い、人の花に酔い、美しきものをみるは、いとさいわいなるかな。


最後に市で一番気になった物をご紹介。


IMG_51641.jpg


茶事で使う銅鑼に酷似。でもやっぱり銅鑼だよな、ちょっと大仰だけれど。宗教儀式に使う鳴り物なのかな。









関連記事

● COMMENT ●

わ〜!梅花祭りの行かれたのですね。
いつか行きたいなあ。来年くらい 行きたい。今回は暖かかったからよかったでしょうね。
きれいどころをこのようにたくさん一度に見られて しかも間近ですね。梅も美しいですが。ふう〜!

 しぇる様へ

梅花祭に行かれていたいたのですね。
私も、行っていましたよ。
梅もいいのですが、1500円で芸舞妓さんのお手前に与れ、おまけに
撮影も出来るなんて、滅多にある機会ではありません。
ところで、本装姿で来られていたのは、先斗町の中堅舞妓の久鈴さんです。
お茶席から出てこられた時、撮影された場所のすぐ傍に私も居ました。
周辺で見かけた十人ぐらいの着物姿の婦人の中に、しぇる様も居られたのですか。
ところで、しぇる様にお茶を運んで来られたのは上七軒で一番若い芸妓の
市桃さんです。
 これ以上お名前を特定するとオタクだと誤解を招くので、今回は遠慮いたします・・・・

もうそんな時期ですね。

こちらでも失礼します。

梅花祭も何度かおじゃましたことございます。
年を経るごとに、お客+カメラ の方が増加している気が・・・。花街茶席では珍しいと思うのですが、立礼と普通のお点前(というのでしょうか・・)の二本立てでやっておられますよね。お茶に力を入れていそうな上七軒ならではなのでしょうか。
尚鈴さん、まだ現役でやっておられるのですね。彼女のブログを読むのが楽しみだったのですが
最近更新がなくて、お忙しいのかそれとも・・・と思っていました。

北野をどりに最近まったく行けてないので、また行けるようになったらいいなぁ(独り言です・・)
北野や上七軒の雰囲気、好きなんです。

ひいらぎ様

梅花祭は私も初めて。こんなに間近にじろじろ芸妓さん舞妓さんを見られる機会はそうありませんからね。残念ながら平日に当たることが多いので、当分また行けそうもアリマセン。

narahimuro様

わ〜い!いろいろ教えていただいてありがとうございます\(^O^)/
たくさんカメラをかかえた方がいらしてたので、おいでかな?と思っていましたが、案外すぐお近くにいたかもしれません。着物ではなくおばさん定番のパンツ姿でしたが(^_^;

いえ、じゅうぶんオタク、、、じゃなくて、(^_^;花街のことについては博識でいらっしゃいます。

さつき様

なにせ梅花祭初参加だったので、いつもこんなものなのかなと思っていましたが、昔はもっとのんびりお茶を楽しめたのでしょうね。本分にでてきたこの近所のおっちゃんも、今日はえらい多いなあ〜とぼやいておられました。
尚鈴姐さんのお点前を見てから、彼女の踊りもみたくて2年前北野踊りにもいきました。(カッパのお兄さん役)今年も行こうかな。夏の上七軒歌舞練場のビアガーデンにもいちどいってみたいし。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/238-48d57c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

露地の苔 «  | BLOG TOP |  » 雛の茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR