topimage

2017-07

よ〜歩いた、、、東山花灯路2014 - 2014.03.22 Sat

今年で12回目だという東山花灯路(要するに道のライトアップ)、明日までですがちょっとご案内。歩くのが目的なので寄り道してないから、たいしてご参考にはなりませんが、、、、、(^_^;


P32100161.jpg
(青蓮院のシンボル大楠)


家を徒歩で出て、まずは花灯路入り口の青蓮院まで。
普段この時間は人っ子一人いないあたりを、ぼんやりしたLEDの灯りのもと、大勢の人とそぞろ歩くのはまた非日常的な感じで楽しい。



P32100211.jpg
(知恩院山門)


知恩院の中ではプロジェクションマッピングを見ようと長蛇の列だったので、これはスルー。
この日は朝から霰混じりの雨だの冷たい風だの、寒い一日だったにも関わらず、たくさんの人出。三連休だからね。(私は連休ちゃうねんけど)



P32100221.jpg


円山公園へ入る。夜桜のころにはすごく混み合う場所だが、酔客がいないのでまだましか。


P32100271.jpg


東大路へ通じる道もライトアップ。


P32100291.jpg


創作行灯デザインコンペ入賞作品の灯りがならぶ。


P32100321.jpg


秋の粟田神社大祭で氏子中を練り歩く大灯呂もなぜか参戦。これは以前から大祭の時は楽しませてもらっているが(なにせ準氏子なもんで←自称)、デザインを一新したようだねえ。京都造形芸術大学の学生さん達の力作。


P32100341.jpg


円山公園内のシンボル的長楽館。明治時代の実業家・村井吉兵衛の元迎賓館。今はカフェになっていていつも観光客でいっぱい。花灯路の時はいつも門前でホットワインなどテイクアウトできます。


P32100351.jpg


チリーンチリーンという妖しげな鈴の音をさせながら黙々と無言で進む行列。狐の嫁入りだ。見るのは初めて。


P32100411.jpg


せたろった狐の面がなにやら妖しげな雰囲気をかもしだす。


P32100421.jpg


この花嫁役は公募されるそうだが、お面の下もべっぴんさんなんかなあ?
狐の嫁入りというと真っ先に黒澤明監督の「夢」の一節を思い出す。花灯路ではこれをみると縁起が良いとされているらしい。先だっての細見美術館の櫛笄コレクション展にあった狐の嫁入りの意匠を思い出した。



P32100431.jpg


大谷祖廟への滑走路。異次元空間へ飛んで行けます。(ウソ)


P32100471.jpg


秋に朝茶でおじゃました真葛が原・西行庵のそばも通る。


P32100491.jpg


円山公園をぬける。石畳の道にはこんなぼんやりした灯りがよく似合う。


P32100501.jpg


ランドマークの祗園閣のライトアップ。


P32100511.jpg


高台寺へ続く通称・ねねの道。


P32100521.jpg


普段は入れない高台寺近くの月真院もライトアップ。ここは新選組から分離した伊東甲子太郎が、御陵衛士の屯所をおいたところ。(どうしても、NHK大河「新撰組!」の伊東甲子太郎役、谷原章介さんの顔がうかんでくるわ^_^;)



P32100601.jpg


高台寺公園では創作行灯デザインコンペ優秀作品の一挙公開。右手前が最優秀作、「京人」。



P32100611.jpg


光りの迷路。



P32100661.jpg


さらに南下して二年坂。大学時代の先輩のおうち、甘い物「かさぎ家」さんの前もとおりすぎて。


P32100701.jpg


三年坂へ。三年坂のお店はどこも花灯路のあいだは遅くまで開いている。ふだんなら足を踏み入れたくない場所だが、まあここはしかたあるまい。



P32100711.jpg


清水坂にはいり、ますますあちこちのお土産物屋は大賑わいだ。清水坂のわきにある五龍閣。武田五一の設計で、元製陶家松風嘉定の邸宅。 現在はカフェレストラン。(長楽館といい、竹内栖鳳旧宅といい、ここといい、、、どこもかしこもカフェやレストラン、、、まあ、建物が残っただけでもよしとすべきか)



P32100741.jpg


お土産物屋の梁の上に飾ってあった伏見人形。あれ、饅頭喰い人形が有名だよねえ。


P32100761.jpg


と、いいわけしつつ、ここでほかほかの焼きそば饅頭なるものを食す。体があったまった。味はまあ焼きそばパンといったところか。



P32100791.jpg


ついにたどり着いたのが清水さん。梅が満開。


P32100821.jpg


清水山門から清水坂を振り返る。お店も人もいっぱいでほんとうに非日常の賑わい。では清水さんにお参りしよう。

実は清水寺、もう20年以上中に入っていない。こんなところで入ることになろうとは。


P32100941.jpg


キヨブタ(清水の舞台から飛び降りる、、、)、、、の、清水の舞台どす。うーん、久しぶりっ!正面は子安の塔。


P32100951.jpg


遙か遠くに京都タワーも見えるよ。


P32101021.jpg


説明不要の懸崖造りの遠景。まさに外人の憧れるベストビュースポットですな。



P32101111.jpg


清水さんからの帰りは清水坂とうってかわって閑散とした(ここは昼間でもだけど)茶碗坂を下って帰る。でたところは五条坂。さすがに疲れて帰りはバス。

距離にすれば2km程度の道のりながら、約2時間かけてぶらぶら歩いたわけだ。それも東山区の観光処をほとんど網羅。夜、というのがいいね。まだ、という方、明日までです。暖かくしてお急ぎを!



関連記事

● COMMENT ●

 しぇる様へ

余寒厳しきなか、東山花灯路の散策、お疲れ様でした。
私も、15日、16日、21日、22日と八坂神社の舞殿での
芸舞妓さんお舞台を鑑賞に出かけていました。
舞台周辺のカメラオジサンの中には、鹿児島や千葉から、このために
来られていた方もいましたよ。
(ホント、熱心さには感心させられます。それに、比較すれば、私なんかまだまだ・・・)
23日は祇園東の芸舞妓さんが出演されます。是非、足を運んでください。

 ところで、最近、強盗事件の被害者になりました。
息子の在学する医大の西側の鴨川の公園(この辺はTVドラマの撮影スポットです。)
に座って、水辺に遊ぶ鴨を見ながら、持参したサンドイッチを一口、喫食したところ、次の瞬間、
バッサと音がしたと思ったら、手からサンドイッチが消えていました。
何が起こったと思って。見上げれば、トンビが少し離れた木の枝で、悠然と、
私のサンドイッチを食べているではありませんか・・・
幸い、爪にはひっかかれませんでませんでした。、
トンビに油揚げ・・を人生、初めて体験しました。
しぇる様も気をつけて下さい。
それにしても、私の学生時代には、鴨川でトンビを見かけませんでしたが。

narahimuro様

連日の芸舞妓さん、おっかけもごくろうさまです。
6月あたりの都の賑わいも五花街総出らしいので、おでかけですか?
いや、カメラおぢさまには上には上がいるのですね〜(^_^;

鴨川のあのあたりのトンビ強奪は有名なんですよ。そう聞いていたのであのあたりでは一切飲食はしませんが、そうですか、被害にあわれてしまったのですね〜。まあ、おけががなくて何よりでした。食べ物だけでなく手でも傷つけられた日にはえらいことになりますからね。
もともとだれかが餌付けでもしたのでしょうか。たしかに昔はいなかった。それに最近飛来するユリカモメが減ったのはトンビにも一因あるのかも知れません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/251-6dffab1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜・道成寺の茶事 «  | BLOG TOP |  » 野村美術館・太田垣蓮月尼展〜南禅寺界隈

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (50)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (12)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR