topimage

2017-10

八幡・背割堤の桜 - 2014.04.06 Sun

P1060113.jpg

これは昨年春、大山崎山荘の二階のテラスから見た八幡の背割り桜の眺望。(はるか遠景にみえている列の方)


遠景は美しいけれど、一度まぢかであの桜を見てみたいものだなあ。

、、、、というので今年はでかけましたよ、八幡まで〜\(^O^)/


IMG_54851.jpg


京阪八幡市駅を降りて、歩くこと約10分。見えてきた!
木津川にかかる橋の上は強風で、小雨まじり。時折陽がさして、桜の列も日の当たったところだけ明るい色をしているでしょ?


IMG_54831.jpg


ここは桂川、宇治川、木津川の三川が合流する一大スペクタクル地点。背割堤は大正時代に治水目的で木津川と宇治川の間に作られた堤なのです。


IMG_54871.jpg


おお〜!ほぼ満開だ〜!


IMG_54881.jpg


長さにして約1.4km、約250本の桜が植えられている。
実はこの堤、70年代までは松が植えられていたんですって。虫害のためソメイヨシノに植え替えられ現在のような名所になったというわけか。


IMG_54961.jpg


では桜のトンネルの中にはいっていきましょう。


IMG_54931.jpg


左手には今わたってきた木津川。


IMG_54951.jpg


右手には宇治川。そのさらに向こうには桂川がながれているはず。


IMG_54991.jpg


しかし圧倒的なボリュームだな。寒い1日ながらみなさん桜の下で宴会をされている。ふるえながら飲むビール、、、って(^_^;
これが散り始めたらどんな量の花吹雪になるのか想像しただけでわくわくする。(私は花吹雪の頃が一番好きなのだ)


IMG_55001.jpg


時に私も花より団子、、、、八幡名物「走井餅」を花の下でいただく。羽二重にくるまれた漉し餡が上品でおいしい。

走井餅って大津のお菓子かと思っていたけれど、、、、。調べてみたらもとは大津が本家。八幡は分家らしいが、明治年間に大津の(直系)本家は廃業してしまったそうだ。
餅は刀を模してあるそうで、平安時代の刀鍛冶・三條小鍛冶宗近が走井で名剣を鍛えたという故事にちなむものらしい。


IMG_55081.jpg


さて、せっかく八幡まで来たのだから、先日行った松花堂庭園の松花堂昭乗さんゆかりの男山石清水八幡宮にもよっていこう。八幡の駅からケーブルカーにのる。


IMG_55091.jpg

石清水八幡宮って山の中なんだなあ。


IMG_55141.jpg


本殿にお参り。
うんうん、この構図、写真で見たことがある〜(^◇^)


IMG_55181.jpg


昭乗さんのいた泉坊はどこらへんにあったのだろうか。明治初頭の廃仏毀釈ですっかり当時の面影はないのだろうなあ。


IMG_55231.jpg


八幡宮展望台からの背割り桜。
ちょうど大山崎山荘と反対の方向から眺めた構図になります。

桜一本一本はどことも同じくきれいだけれど、あのゆるやかにカーブを描いて同じ背丈で並ぶ並木にここの桜の価値があるので、、、

結論、、、、、やっぱり背割り桜は遠景の方がいいかも〜(^_^)b








関連記事

● COMMENT ●

木津川と宇治川の合流点の堤防は、松並木の時代には
時代劇が盛んなときには、野外ロケでよく使われていました。
古い時代劇映画によく出てきます。
京都は時代劇撮影のメッカでしたね。今も、名残はありますが・・・

narahimuro様

残念ながら、その松の時代を知りません。、、、というか背割り堤の存在すら、知ったのはごく最近です。
よくご存じですね〜。
こんど時代劇を見るときは気をつけてみよう。
でも変わってしまっていてわからないかもしれませんね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/258-9e911a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高瀬川一之舟入 茶の集い «  | BLOG TOP |  » 夜桜〜ミニ茶会2席

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR