topimage

2017-08

弓月さんで御召 - 2013.01.09 Wed

上七軒にある西陣御召の織元のアンテナショップ、弓月(京店)さんで、お手頃価格の御召をゲットしました。

P1040714.jpg

ここはお店自体も見応えのある町家だし、和装小物がすてきで着物好きには素通りできないお店なんです。
特に御召の着尺が豊富にそろっていて、目移りすることしきり。
あれこれ肩にあててみて、ようやく選んだ一枚、先日仕立て上がったので受け取りに行きました。

P10502182.jpg


たとう紙のロゴもなんとなくおしゃれ。

P10502142.jpg

ダークグリーンの変わり格子です。
おしゃれ着にしようと、八掛は同系色にせずベージュに。
すると、歩くときちらっとみえる裏側にこんなすてきな弓月模様がついていました。

御召(おめし)はしゃきっとしてて着やすいし、それでいて大島みたいにかたくなく、しっとりと身になじむので好きな着物です。
京都の西陣で300年ほど前からつくられていたそうで、徳川11代将軍家斉が好んで着用したのが「御召」の呼称の所以であるとか。

御召とはWikiによると

先染めの糸を用いた平織りの織物で縮緬の一種。
通常縮緬は縦糸に撚りをかけず、横糸に右撚りと左撚りを交互に用いることで独特のしぼを出すが、御召は縦糸につよい撚りをかけた八丁撚りという糸を用い、横糸にも一般の縮緬よりも撚りのつよい御召緯という糸を使うことによって、縮緬独自のしぼがより大きく、はっきりとあらわれるところに特色がある


、、、、だそうです。
かつては柳条(しま)縮緬とか錦紗ともよばれたとか。(山名騒然様、プロの情報をありがとうございました。)
着心地はやわらかものと紬の中間といったところでしょうか。

P1050213.jpg
アップにするとこんな感じ。

調べると、一般に和服では織りよりも染めのほうが格が高いといわれているにもかかわらず、御召にかぎっては先染め織物中一二の格を持ち、略礼装として用いられると書かれています。

しかして茶席の亭主として、御召はどうなのか?
男性の場合はむしろ亭主は御召を着用がのぞましい、と書かれているけれど、女性の場合、やはり織りの着物だからNGという意見もあれば、略礼装になるくらい格がたかいのだからOKという意見もあり、悩むところです。

さらに調べてみると、御召にも模様や織り方によっていろんな種類があることを知りました。
縞御召、絣御召(昔の女学生やお女中さんが来ていた矢絣なんか)、無地御召、紋御召、風通御召、絵緯御召、縫取御召などなど。
そういえば縞、格子や矢絣なんかはやはり茶席には合わないような気がしますし、無地や地紋の御召ならふさわしいような気がします。
いずれにせよ、御召の着用におよぶと、陰で「お茶席であんな着物を着て、、」と言われる可能性はゼロではない→よって避けた方が無難かも〜、、、と思ったり。

最近では紬でも高級な物ならフォーマルな席でもOKという人もおられるし、6月・9月単衣、7月・8月薄物、というのも気候に合わせて融通をつけてもよいという人もおられるし、なにが着物の正しいドレスコードなのかよくわからなくなっている気はします。
時代に合わせて変化していけばいい、というのも一つの意見ですが、やはり長年培われた着物文化のベースになるところは壊してはいけないと思うのですが。

P1050217.jpg
今回は初めからおしゃれ着として誂えたので、こんな名古屋帯とあわせてカジュアルに楽しむつもりですけれどね。

関連記事

● COMMENT ●

着物も素敵ですが帯に素敵です!

ほんと!帯、色も柄も素敵~♪♪

茶席で男は御召と思っていたので、女性で微妙だとは知りませんでした。
あんまりよく分かってないので、暑くなったらすぐ縮を着たりしています。
最近、半年悩んでいた(笑)大島を注文しました。
仮縫いが楽しみです。

ひいらぎ様

ありがとうございます。
あと着姿さてステキならね〜、、、、(*´ο`*)=3

夢風庵様

着物にはまりはじめた40代の頃、早い時期に買った塩瀬の染帯(志ま亀)です。
重宝しています。

relax様

男物の大島ですか?
かっこいいですね。普段にお召しになるんですか?
茶席では着物にうるさいおばさま方もけっこうおられるんです。
(あ、たまにわたしもなってるかも、、;^_^)


御召って、どんな着地か謎だったのですが、しぇるさんの詳しい説明で少しわかってきたような気がします。でもやはり、実際に触ってみないと?な部分が残っています。

粋なお着物ですね。もちろん、帯も!
で、帯の模様は何を表わしていらっしゃるのでしょうか。すみません、無知なvivasanに教えてやってくださいませ。

vivasan様

一度ご覧になると独特なのできっとおわかりになると思います。
でも、御召もいろいろ種類があるみたいなので、え?これ御召?みたいなのもあるようです。
とにかく、着やすい、着心いい、体型(ある程度)カバーできる、、、のスグレモノです。

帯の紋様が見ただけでわかった方がいたらすごいです。
これ、陶磁器でできた印鑑、陶印といわれるものなんだそうです。

きれいな色の着物ですね!八掛の色もお洒落で・・v-398ぜひ、着姿のアップもお願いしますv-352
御召は私もしゃきっとして好きなのです(きちんと畳んでおきさえすれば、次着る時もピシッとしますし)が、うちの先生も正式な茶会にはダメとおっしゃいます・・。
今、京都の知り合いの帯屋さんが織った御召(黄櫨染を目指したとかで、光の加減でグレー~紫に色が変わる)を仕立て中なのですが、着ていくところがないかも・・ですv-409

しまこ様

着姿、、、いずれ、お目汚しでない程度に、、、(^_^; おほほ、、
やはり御召ダメ派はいらっしゃいますね。
黄櫨染、天皇さんの色ですか?それはまたすごい。屋外と室内で、あら?いつ着替えたの?なんてうけるかもしれませんね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/26-1b9af22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八瀬童子ー天皇と里人ー 〜京都文化博物館 «  | BLOG TOP |  » 年の始めの初春のけふ降る雪の〜出町あたり

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
古筆 (1)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (22)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR