topimage

2017-07

門外漢的茶会〜グランピエ丁子屋にて - 2014.05.11 Sun

もう6,7年前になりますが、寺町二条を少し西に入ったところに大きな町家があって、アジアや日本の古民具や時代の家具を町家のあちこちにひろげて売っていたお店がありました。丁子屋さんです。かつては檜書店だったらしい町家で、坪庭の雰囲気も良く、あつかっている古い家具も良い感じで、まだ京都移住前でしたが、とてもお気に入りだったのです。

ところがある日行ってみると、、、更地になってた!!
あんないい立派な町家が、、、と思うととても残念でした。(今はビルがたってます)さらに扱っていたなかにあった李朝家具がもう入手できない、、、のもショックでした。


P50601301.jpg


ところが、寺町通りに面した元の場所とそれほど離れていない場所に新しい店舗がまもなく出来ていたんです。今度の家も以前のほど大きなものではありませんが、町家をそのまま使ったお店になっていて、名前も「グランピエ丁子屋」へかわりました。早速ここで李朝のトンケ(銭函)を買ったものです。以来、ここもお気に入りのお店になりました。


P50601321.jpg


今回こちらで岡崎の好日居さんが出張茶会をされる、というのでこれは行かなくては!
テーマは「門外漢的茶会」。
グランピエさんは今はアジアに限らず世界の雑貨を扱っておられる。その世界の雑貨の中に、中国茶、日本茶、紅茶などお茶の道具に見立てて使えそうなモノを楽しめる会をしたい、ということで企画されました。グランピエさんはお茶は門外漢、なのでお茶の専門職(?)好日居さんに依頼された、、、ので「門外漢的、、、」なのですね。



P50601341.jpg


お店の1階の奥の座敷(いつもは足の踏み場もないほどいろんな雑貨がひろがっている、、)がにわか茶席に早変わり。グランピエにある古い雑貨を駆使して楽しいお茶会の始まりは、三種のウェルカムティー。

まずは綺麗なルビー色の五味子ローズ茶。韓国の五味子(オミジャ)茶にバラのつぼみをうかべた、ちょっと酸味の強いお茶。


P50601351.jpg


瑠璃杯のなかに菊花がみえるかしら。これは中国茶の菊普茶。菊花茶というのは中国茶ではポピュラーかな。これを飲んで長生きしよう。(菊は長寿のシンボルですからby菊慈童)

もう一種はトルコのエルマチャイ。レモングラスのさわやかなお茶。これでもう三カ国のお茶を味わえました。



P50601381.jpg


さて、お次のお遊びは、、、、グランピエさんの店内にあるアジア各地の布をそれぞれ選んで体に巻きつけるというもの。私はアンティークのイカットを選びました。ほんとうは頭からかぶってほっかむりしたかったんですが、イカットはちょっとかたくてそれにはむきませんでした。他にもストールのように頭からたらしたり、首に巻いたりみなさま、それぞれ思い思いに。これでもうすっかり気分はアヤシイ外国人(?!)


P50601431.jpg


その格好で、お茶の葉とカルダモンをこんなすり鉢でコリコリコリコリ叩いてつぶして、、、(アヤシイインド人がガラムマサラスパイスを作っているようなイメージで^_^;)い〜い香りがします。


P50601461.jpg


みんなで砕いたお茶とカルダモンに、好日居さんがちょっと手を加えて、、、、


P50601471.jpg


おいしいチャイにしてくれました。


P50601441.jpg


おいしく珍しい世界のお菓子付き。ちなみに右のはインドのお菓子で、(名前は覚えきれませんでしたが)練乳をかためたものを薄く削ったようなもの。口の中で濃厚なミルクの味がひろがって、とっても美味!


P50601401.jpg


最後に世界のいろんなお茶を8種。このなかから人気投票をして、一位のお茶をいれてもらいます。投票の結果、選ばれたのはネパールの烏龍茶。(半発酵の青茶になります。サ○トリーの烏龍茶とはまったくの別物!)


P50601481.jpg


このチャフーや杯がのっている台は深い蓋があって箱状になっている中国かどこかの古いもの。実はこれ先日ここで見てほしいかも〜、、とおもっていたモノだったのよね。
お茶は、、、紅茶みたいな味わい。ネパールの高原の空気を思いださせるようなすっきりした味でした。(ネパール行ったことないけど、、、)


P50601511.jpg


これはグランピエさんの作家モノのガラスの台によるパフォーマンス。部屋を暗くして、ガラスに光りを当てると、、、題して宇宙のお茶会。


P50601521.jpg


45分という短い時間でしたが、世界のお茶のエッセンスを(最後には月面まで?)ぎゅっと詰め込んだ楽しい不思議なお茶会。楽しかったです。またやってくれないかな〜。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/276-46a97c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初風炉の茶事〜さわやかな青嵐の中で «  | BLOG TOP |  » 皐月の雑記・2014

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (16)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR