topimage

2017-08

葵祭2014〜川口美術で呈茶 - 2014.05.17 Sat

ここは下鴨の李朝家具や陶器を主にあつかっておられる川口美術さん。
おいてあるお品も室礼もさりげなくあちこちにいけられた花も、自分のツボにストライクのお店でありますが、縁あって葵祭・路頭の儀、特等席にお招きにあずかった。


P51500751.jpg


行ってみるとお店の前にりっぱな櫓が急遽出現。これはスタッフの方が自分で設計し、作られた組み立て式櫓なんだそうで、びっくり!

ここは下鴨神社一の鳥居の前という絶好のビューポイント、お昼前にとおるという行列をこの櫓にのぼって待ちます。

あ、来た来た!


IMG_56291.jpg


この方は検非違使尉という役職。後についているタイガースファンもビックリの装束の方がどうも気になるのだけれど、鉾持といって武装した警護役らしい。黄黒縞の由来がどうもよくわからん。


IMG_56251.jpg


冠にかざすのは葵の葉と桂の葉(たぶん)。

IMG_56301.jpg


お向かいの旧・三井別邸(だったかな?)復元工事中の方も塀の上から参戦(^_^;

IMG_56381.jpg

勅使代の牛車が来ました!


IMG_56401.jpg


曳くのは立派な大きな牛です。この牛を育てるのが大変で、一時は存続があやぶまれたとか。牛がひかなければやはり様になりませんものね。


IMG_56431.jpg


動くとギシッギシッ、、、という音がしていまにも空中分解しやしないかと、、、


IMG_56451.jpg


牛さんも大変ですが、後でしっかりお手伝いの人間が押してました(^_^;
行列は次々と下鴨神社参道へ。


IMG_56621.jpg


このように馬や牛の○ンチを処理する係りのかたもおられます。


IMG_56531.jpg


葵祭の行列を見るのは実は学生時代以来のウン十年ぶり。それも遠方から斎王代をちらっと見ただけ、、、という。なので全部拝見するのははじめて。
1日しかないのと、平日にあたることが多いのと、祇園祭のように庶民の祭ではなく宮中行事なので見るだけ、、、なのであまり燃えなかったのだが、こうしてみるととにかく絵画的に美しい。


IMG_56581.jpg

これは牡丹の風流傘。


IMG_56641.jpg

山吹の風流傘。

行列の下っ端(?)は多分学生のアルバイトと思われるが、それ以外は下鴨・上賀茂神社の社家や氏子やゆかりの方々がつとめられる。

お、いよいよ女人行列が。


IMG_56851.jpg

駒女(むなのりおんな)。りりしくてきれいですね〜。


IMG_56861.jpg

命婦とよばれる高級女官。


IMG_56751.jpg

そしていよいよ斎王代の腰輿(およよ)。かつて未婚の内親王がつとめられた大役、今年は老松のお嬢さん。


IMG_56881.jpg

この方は巫女さんと思われるが、斎王代と同じく髪に心葉(こころば:金属製の飾り)と日蔭糸(たれさがる飾り紐)を身につける。これは神に奉仕する人であることを示すのだそうな。そういえば先日みた能「杜若」で、杜若の精がかぶっていた男性用の冠にも日蔭糸、心葉ついていたな。

このまま行列は下鴨神社で社頭の儀をおこないさらに遠く、上賀茂まですすむ。このころから雨が少しきつくなってきた。大丈夫かな、と心配しつつもわれわれはここで行列とはお別れ。


IMG_56971.jpg

川口美術さんのご厚意にて菱岩さんのお弁当をいただいた。商品のバンダジをテーブル代わりに使わせていただき恐縮。


P51500801.jpg


食後はわたくしの出番。
庭の腰掛け待合いを茶点て小屋にみたてて他の方々にお呈茶。この風炉がいいでしょう?(全日根さんの遺作)そして右の大きなオンギのような大甕を、、、なんと建水に使った!!(お道具はほとんど川口美術さんのもの)
掛け物の短冊には持参した久松真一先生の「薫風自南来」を。

P51500821.jpg


この席は、実は亭主が一番楽しい席かもしれない。とにかく気持ちいい〜!!
初対面の方々といろいろお話しもして、お茶を点てて、川口さんの蘊蓄を聞いて。
お茶を通じてよいご縁を頂戴したことに感謝。


P51500741.jpg

ちなみにこの日は葵祭だからフタバアオイの帯でもあればな〜と思っていたが、持ってない。そうだ!あれだ!あれがある!と、源氏香の帯を締めた。帯締めでわかりにくいけれど、これが「葵」の源氏香なのよ。(有名な六条御息所と葵上の車あらそいの帖)


P51500771.jpg

小さく控えめな花を咲かせる双葉葵は上賀茂神社で調達してきたもの。李朝の壺は、(川口さんじゃなくて^_^;)弘法市で買った物。

葵祭のシンボルです。




関連記事

● COMMENT ●

こういう楽しみ方があるのですね。葵祭はもう随分見ていません。行ってもあまり見えないしねえ。

ひいらぎ様

私もウン十年ぶりでした。あとのミニお茶会が楽しかったのよ。

葵祭、特等席でご覧になられたのですね。うらやまし~。

トップに葵の鉢が出た時はしぇるさんのお庭から株分けされたのかと思いました。
白磁の壺に植えられるとは何ともぜいたくですね。

vivasan様

フタバアオイとなると必ず登場いただくvivasanさま。今回もvivasan にいただいたのではなくて、、、と書こうと思ってしつこいからやめました(^_^;
いただいたのは庭の地植えで大株になりつつあります。でもこれを切ったり株分けするのはやっぱりためらわれて、新しい苗を買いました。実はポット苗をそのまま壺につっこんだだけの即席鉢植え、茶会のあとは庭の別の場所に地植えしましたよ。(^_^)v


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/280-abdaf243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楽有其中〜亀岡楽々荘・躑躅の茶事 «  | BLOG TOP |  » 楽美術館鑑賞茶会〜初風炉2014

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
古筆 (1)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (22)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR