topimage

2017-07

水無月のおうち仕事など - 2014.06.07 Sat

仕事も含めて在宅時間が妙に短い生活ですが、たまにはおうちでおうち仕事をこなしております。

例えば、、、


P10708831.jpg


我が家の梅の木、20数年前、岡山から宝塚に嫁いで18年ばかり、地道に太くなって、さらに京都の植木屋さんに仮住まいを1年弱して、やっと今の我が家に根をおろしてはや3年半。
よほど土が合ったのか、日当たりのせいかいままでちょぼちょぼしか実がならなかったのに、昨年は200個をこえる大収穫でありました。


P10708871.jpg


今年はさすがにそこまではいかないだろうと思っていましたが、それでも168個!


P10708881.jpg


昨年つけた梅酒もまだまだたくさん残っているし、どうしたものか。結局ゼリーにしてみたら好評ですぐにはけた梅ジュースにすることに。また今年も保存瓶買いに行くはめになったなあ。


P53000611.jpg


どうだ!
瓶3本もいったよ〜。このあと日に日に水があがってきて、瓶は2本にまとめました。


P60500761.jpg


ほら、数日でこんなにできたわ。赤い色はリンゴ酢のかわりに紅芋酢を使ったから。ロゼの色がきれいでしょ?(←実は怪我の功名。紅芋酢しか手元になかった^_^; )


また別の日は久しぶりにミシンを引っ張り出して、、、


P52000611.jpg

1mでできる子供服を。(2歳児用)


P52400891.jpg


子供服は小さいし、夏物は簡単なので半日で完成!遠方の孫に送ってやると「すごく気に入っていつも着ようとする。」って。\(^O^)/(ま、多少は外交辞令もはいっていると思うけど)
原価1500円。ほめられるとまた作っちゃうぞ。


それからそれから庭仕事の日も。


P10708891.jpg


まあ、主に苔の水やりと盛んに落葉する常緑樹との戦い。


P10709001.jpg


苔はうまくついてくれると美しいけれど、これがまたなかなか気むずかしく居着いてくれない。最近それでも地苔がじわじわ生えてきてくれている。


P10708961.jpg


これがまたスナゴケだったりイワヒバだったり思いもかけない種類のものが。時にはゼニーさん(ゼニゴケ)みたいに招かざるやつもはえるけど。(ゼニーさんは見つけ次第もっぱらアイストングでむしってる)


P1070903_21.jpg
(ユキノシタの花)

宝塚時代、(ナンチャッテ)イングリッシュガーデンにトライして、雑草と病気、害虫との戦いに大敗し、京都ではもうなるたけ手をかけなくていい庭を、と庭師さんに注文した。確かに広さから言ってもかなり楽にはなったのだけれど、手を抜きまくっていたら、茶事の前の掃除が大変だったり、葉っぱが虫にやられてボロボロになったり、スギゴケははげはげになるし、、、、。


P10708901.jpg


だから今年から、庭仕事も腰をすえてやることにした。極力控えていた花や木の苗も(裏庭で)育ててみようと思う。手始めに、先月葵祭呈茶で活躍したフタバアオイを地植えにしてみた。(vivasan 様からいただいた大株も株分けしました〜)


P10709371.jpg


縁あって頂戴し、淡路島からきた先代萩と白雪芥子も、なんとか定住してくれそうだ。


P10709121.jpg


というわけで、ウィークエンドガーデナーというか、モーニングガーデナー(出勤前に庭の世話)復活!それでも緑はいいなあ。ほっとする。


P50400781.jpg


息抜きはこの白川の夜、、、、、


P60300731.jpg


はい!見えましたか〜?(^◇^;)(^◇^;)
よ〜く見てね!1匹だけホタルが!今年もホタルでました。


関連記事

● COMMENT ●

白川の橋の上から今日蛍を見ましたよ。きれいでした。

息子夫婦が帰省して一緒でした。つかの間のひと時です。

ひいらぎ様

今年も数はもうひとつですかねえ。
ほんとに京都に住むとあちこち行くのにいそがしい。
先日能楽師の林宗一郎さんがおっしゃってましたが、季節をおいかけ愛でることがそもそも日本文化のなりたちではないかと。いたく同意しました。

こちらのブログで季節を楽しみ、ご一緒に年を数えている気がします。お孫ちゃんのお洋服、可愛いですね。お裁縫ができる方が羨ましい。
私は息子たちの絵本をそのまま取ってあるので、読み聞かせるのが楽しみです。
そういえば林宗一郎さんは、豊岡の新作能「田道間守」で橘の精の役でした。弘道館の1月でお謡を聞いたので嬉しかったです。

そらいろつばめ様

引っ越しの時、大量の子供の絵本を処分するかどうするかで悩みましたが、結局京都にもってきました。しばらく猫部屋(?)のすみにおしこめていましたが、ようやく孫の代で日の目をみました。よかった。
「田道間守」主演のT師の奥様に、お茶がご縁でひょんなことでお知り合いになれました。世間はせまいです。(お茶とかお能とかの世界が狭いのかな、、、)

しぇる 様

現在今年後半の京都移住に向けて着々と(?)準備中なのですが、
その一環で、7月に京都にいった際に、
インターネットの固定回線を引こうと思っています。
京都(ないし、関西)で、なにか定番になっているような、
オススメのプロバイザーというのはありますか?
今まで京都では、wihiでネットにつないでおり、
それで不便もなかったのですが、
さすがに四条通りを若者が埋め尽くすオケラマイリの大晦日には、
wihiではつながらなくなったという経験もないわけではなく、
これを機会に、、、、と思っているのですが、
さて、どのプロバイザーにしようか、と途方に暮れ(?)ています。
何かオススメありましたら御教授くださいませ。

S&Y様

おお!
いよいよですか。ついにその時がきましたか〜。
いろいろと細かい準備で大変なことと思います。
プロバイダーについてはあまり詳しくはないのですが、eo光とかso-netフレッツ光とかが多いんじゃないでしょうか。ちなみに家のは(たぶん)so-net(^_^;)

お役に立てずすみません。
お疲れの出ませんようにぼちぼちご準備下さいませ。
京都に移住後はまたまた(京都めぐりで)お忙しくなることと思いますので。

しぇる 様

しぇるさんに遅れること〇年ですね。
プロバイダーの件、早速ご回答ありがとうございます。
eo光とかso-netフレッツ光とか、、、、ですね。
7月京都に行った際、祇園祭の行事の合間合間に
情報を集めてみます。
ところで、祇園祭、前祭と後祭に分かれるようですが、
しぇるさん的には、どうお感じですか?
宵山も、前祭宵山と後祭宵山に分かれるようで、
なにやら、京都の町は、
常時イベントをやってるテーマパークのようになってきましたね!

S&Y様

そうでなくても日程のやりくりがたいへんなのに、後祭まであるともうお手上げ〜です。
今年は曜日めぐりがわるいので、山鉾巡行はパス。夜の神幸祭、還幸祭にかけます。
今年はこころみなので、また来年は形がかわるかもしれません。
昔の形にもどしたい連合会の気持ちはよくわかるのですが、あまりおちつかないですね、2日に別れると。

豊岡では昨日から劇作家大会が始まり、その開会式に林宗一郎さんと田茂井さんも来られていました。城崎にアートセンターができて、出石の永楽館、豊岡の市民プラザを会場に4日間、多数のイベント開催です。今日は林海象監督と佐野史郎さんの対談もあり、懐かしい紅テントや天井桟敷の話が出ていました。演劇、朗読、様々なワークショップもあり、賑やかな週末になりそうです。血が騒ぎます。

そらいろつばめ様

あ〜、あれに行っておられたのですね〜。Tさんの奥様のFBでそれ知りました。お近くだし行かれているかな、と思っていましたよ〜。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/291-01136a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平安神宮+ちらっと碧雲荘のハナショウブ «  | BLOG TOP |  » 平安神宮薪能 2014

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (16)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR