topimage

2017-10

平安神宮+ちらっと碧雲荘のハナショウブ - 2014.06.10 Tue

春は紅しだれコンサート、入梅の頃は薪能、秋は煎茶祭と、季節折々にいろんな行事が楽しめるご近所パラダイス(?)平安神宮。


P60600611.jpg


6月6日は1日だけ、神苑が無料公開されます。時はハナショウブの花盛り、ようさんの人がおいででした。


Pべにしだれ


西神苑に入ると、春にこわいくらいに圧倒的な美しさをみせつけてくれた紅しだれの大木はもうすっかり緑も濃く。

神苑のなか1


おお〜!
ハナショウブ、見頃です。


P60600781.jpg


繊細な紫のグラデーション。


P60600811.jpg


にわかカメラマンもようさんいてはる。


P10709251.jpg


アヤメ(陸生)とハナショウブ(水生)は生えている場所で区別がつくし、アヤメは花の根元に網目模様があってハナショウブはこんなふうに目みたいな黄色が入る。


P10709301.jpg


でもカキツバタとの区別になると、咲く季節でしか区別つかないかも。イチハツになるともうお手上げ。


P60600861.jpg


そうそう、ここはコウホネも有名なんです。まだちょっとしか咲いていないけれど。


P60600881.jpg

中苑にいくとこちらがもう咲き終えたカキツバタの群れ。


P60600901.jpg


睡蓮は午後になると花を閉じるので、私がでかけたときはもう午睡にはいっていました。咲いていたらモネの絵の景色の住人になれたのにね。


鯉の口



池にはこんな住人もいてはりました(口でかすぎ^_^;)


P60601041.jpg


東神苑の泰平閣。


P60600991.jpg


こちらの池にはこういう住人が。


P60601011.jpg


さあ、飛ぶぞ!飛ぶぞ!とカメラをかまえていたけれど、あちらさんの方が早くて、こんな写真しか撮れませんでした。屋根から落っこちているんではありません。屋根にとまろうとしているところ。

東苑まできたらもう出口はすぐそこ。
ではその足でいけるスイーツのお店をご紹介。ひとつは(学生の頃からある)カフェ、ラヴァチュールのタルトタタンですが、この日行ったのは、、、、


P60601091.jpg


京料理の六盛さんがだしているスフレのお店、茶庭(さてい)。昔はなかった比較的新しいお店です。
列が出来ていて、ほとんど中国人とおぼしき観光客ばかり(◎-◎;)、、、中国の京都ガイドブックにのっているのかな。


P60601071.jpg


普段でもスフレは焼きたてを供してくれるので約20分待ちだそうですが、この日は40分もかかった!まあ、シフォンケーキのメレンゲ多いバージョンといったところかな。

さて、ハナショウブと言えばももう一つのご近所名所。野村碧雲荘の門の前がまた見事なの。

、、、、あ、あ、あ〜、、、なのに、なのに、今年は柵内にいれてくれない!(昨年まではこの季節だけ柵内にいれてくれた)けち〜!!!(>_<)##


IMG_57011.jpg


しかたがない、一番近くに見られるところで撮影。ああ、琳派の世界、、、、近くでみたかったなあ。


IMG_57021.jpg


まあ、ちかくの細川邸の野村紅葉と、、、


IMG_56991.jpg


白河院のクチナシ(芳香もすてき!)でも見て帰りましょう。


関連記事

● COMMENT ●

花しょうぶが綺麗ですねえ。野村さんは今年は柵があるのですね。ちょっと残念ですね。
今年はどこへも行けなくてこちらで楽しませていただきます。

細川邸の紅葉が赤いですが。

昔は何度もスフレを作りましたが 今は作っていませんね。食べたいです!

他の方のブログで見たのですが、野村さんのところは昨年カメラを持った不心得者が何かとんでもないことをやらかしたようです。そのため止むを得ず今の状態になっているでは、と思います。自分はちょうど5日に見に行きましたが、その時には柵が除けられ運よく不老門の前まで行くことができました。

ひいらぎ様

行列の出来る店、、、の味はあんまり信用してなくて、並んでまで食べることはほぼないのですが、ついついここは中国人パワーにおされてならんでしまいました(^◇^;)
洋菓子より和菓子が好きなので、スフレはたぶんこれきり、、、かな。

しん様

ええ〜\(◎o◎)/!そんなことが!
その不心得者のおかげで〜!!くやし〜っ!!
柵はあいていたので中へ足を踏み入れたら「ここから先に入ると警報が鳴ります」の自動アナウンスがながれ、びっくりして退散しました。
しん様は運がよかったのですね〜。

しぇるさんも無料の日に行かれたんですね。ようさんの人でしたねえ。
野村さんとこの花菖蒲、近くで見られるか見られないかは運次第でしょうか。

vivasan 様

他日碧雲荘の前にいってみると、柵がたっているのに中に入っている人をみかけました。
まあ、こういう人が多かったら碧雲村も対処しないといけないんでしょうねえ。
私なんか今年3回も前通ってるのに中は入れませんわ。(T_T)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/292-e42978c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「固める」〜人はなぜお茶を固めるのか?〜好日居ノ茶教室 «  | BLOG TOP |  » 水無月のおうち仕事など

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR