topimage

2017-06

北野天満宮・梅干土用干し〜西陣・のばら珈琲 - 2014.08.04 Mon

暑いからできるのは灰洗いだけでなく、梅干の土用干しもね。といって我が家では梅干は作っていませんが。


IMG_63831.jpg


北野天満宮は、2月に見た梅がみごとに緑したたる景色になっています。


IMG_63811.jpg


梅花にかこまれていつもフォトジェニックな優しい赤い眼の牛さんも、今は緑にかこまれて。


IMG_63681.jpg


本殿の中に入ると、、、ああ、梅干のほのかな酸っぱい香り、、、


IMG_63591.jpg


梅林の梅を採って、梅干にして、年末には大福梅としていただける梅はこうして土用干しをされるのです。


IMG_63621.jpg


しかしながら、これだけの梅を採取するのも大変なら梅干にするのも、土用干しにするのも厖大な労働力を要することでしょう。これからはつつしんで大福梅、いただこう。


IMG_63721.jpg


これは三光門。観光用のポスターで「星欠けの三光門」としてちょいと有名になりました。三光=日・月・星の星がないというのです。(ちなみに扁額は後西天皇御宸筆。ごみのおさんの息子ね)


IMG_63731.jpg


結局私はこの三日月しか見つけられませんでした。あとで調べてみると太陽はしっかりあって、同じデザインながら色が黄色いのを満月としているようです。

三日月、満月とどうして月がダブるのか不明だし、黄色いのを星とすると、昔の人が太陽と星を同列(同じサイズのデザインなので)に考えていたかあやしいし、星欠けの意味については北極星が真上にあったのであえて作らなかったというのもこじつけっぽいし、、、、結局謎の三光門ですわ。



IMG_63891.jpg


あとで気づいたのですが、この日は境内の茶室明月舎の月釜だったんですね〜。会員券もっているのに持参してきていないし、茶席にあがるには若干不謹慎なラフなかっこうをしていたので、断念。残念です。茶人たるものつねに扇子と靴下(ローソンで買うというひとも)は携帯すべし。(まあ私は実践無理だけど)



IMG_63911.jpg


天神さんの東門から出て、いつもの五辻通りをぶらぶら。このあたりは西陣らしい雰囲気が漂うあたりです。


IMG_63921.jpg


糸繰りとか、西陣らしいでしょ?道をあるいているとシャカシャカ、カタンカタンと機械機の音も聞こえて、どこか懐かしい。



IMG_63931.jpg


ここは樋(シャトル)を扱うお店。織物関係の小さなお店があちこちにちらばっているのも西陣らしい。糸偏問屋が並ぶ室町あたりの風情はほとんど失われているので、西陣はこのままの風情を残して欲しいなあ、、、と思うのは勝手でしょうか。


IMG_64081.jpg


カタンカタン、機の音がする昔ながらの町家の織物屋さん。こんなポスターが貼ってありました。



IMG_64091.jpg



ああっ!西陣らしい!と萌えてしまう。


IMG_63941.jpg


厨子二階のすてきな町家カフェ+ギャラリーもある道を歩く。



IMG_63971.jpg


そして、、、、
あ、今日はお休みじゃない。


IMG_63991.jpg


やっとたどり着いたわ、行きたかったのばら珈琲さん。



IMG_64001.jpg


上立売浄福寺西、ここに行こう!と思わなかったら絶対見落とすようなほそ〜いろうじの奥にあるんです。



IMG_64051.jpg


玄関の両開きのドアをあけると昔懐かしタイルのたたき。思うにドアといい、このタイルといい、ここは昔医院か床屋だったのではないかしら、、、という雰囲気。(ききそびれましたが)


IMG_64011.jpg


中はまあなんと私たちにはリアルに懐かしい昭和の世界!正面、こんなステレオありましたよね〜。(賛同しないアナタは若いか年を偽ってるかのどちらかですね)


IMG_64031.jpg


ミックスサンド+たんぽぽ珈琲にランチタイムサービスのサラダがついて1000円でおつりがきました!
マダムお一人でされているので、時間はかかりますが、そこはそのゆったりした時間を楽しむべき場所ですね。
火袋とかはないので、いわゆる町家とはいえないのかもしれませんが、奥の畳の間にはマダムのアンティークコレクションが飾ってあるそうです。(次回いったとき必見!)


IMG_64041.jpg



天満宮からは若干距離がありますが、歩いて10分ほど、天神さんの市とかよくこのあたりは来るので、ヘビーユーザーになるかもしれませんわ。(もちろん五辻の「ひだまり」さんも愛用してます。この日は夏休みちうでした)





関連記事

● COMMENT ●

そっくりのステレオが実家にまだあります。今も音が出るかどうか不明だけれど。

vivasan様

ええっ!!まだ健在なんですか?よくぞ残ってくれました。昔は憧れでしたわ、このステレオ。手に入れる前に世間から消滅してしまいましたが。

このステレオ、おばあさんの家にありました。確か真ん中の部分を手前に開くとレコードプレイヤーが鎮座ましましていたような…

しん様

われわれよりお若いジェネレーションですね。
私がしっているのは上の部分をかぱっとあけるとレコードプレーヤーがでて来るタイプ。
手前に開くタイプもあったようですね。ちなみにアンサンブルステレオというらしいです。

素敵な通りですね!喫茶店も落ち着きそう。京都で引っ越しを考え物件をみる日々です。京都にいながら、京都にうとく、どこの地域がどんな雰囲気かも知らないので、こちらで京都のいろんなところを教えていただきたいとおもいます。またお邪魔します。

弥生様

京都は狭いながらエリアによって雰囲気、気質がずいぶん違うと思う今日この頃です。おおまかには区で違うので、どこの区に住むか、まずお考えになっては?まあ、くどいようですが狭いので、基本的にはどこに住んでも京都は満喫できると思います(^-^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/327-e13ae260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絞りの手絡(てがら)にあこがれて «  | BLOG TOP |  » 湿し灰作り〜Pilot study

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (17)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (21)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR