topimage

2017-07

茶の湯の日々 - 2013.01.29 Tue

暦通り、大寒の候、しんしん冷えますね。

P1050373.jpg

相変わらず、オフ日はほぼお茶に費やす日々です。
(他にも遊んどるやろって?いや、ま、その、、、、^_^;)

P1020086.jpg

炉の季節ですが、灰型の練習は季節に関係なく。
まだまだ師匠の灰型には近づけませんが、それなりにコツをつかみかけ。
穴が開いたり、よけいについてしまった筋など、修正するテクは身につけた、と思う。

P1020088.jpg

課題は前瓦と五徳周辺。
今回、前瓦のところは決まった!(と思う)
でもよくみると、五徳の左右で微妙にラインがずれてる。

P1020090.jpg

なにより、この灰型を作るときの精神統一が心地よい。
やはり雑念をかかえていると、灰も言うことを聞いてくれないものなのです。

P1020180.jpg

さて、下鴨神社のほど近くにある川口美術
私が愛してやまない李朝家具や、李朝古陶磁がたくさん拝見できる骨董・ギャラリー。
バンダジの上にのせられた李朝白磁の壺に投げ入れられた椿、、、など、ドキドキワクワクするようなディスプレーがすてきなのです。

P1020181.jpg

この日は伊賀の陶芸作家・笹山芳人さんの個展の最終日。
これぞ伊賀、という器から李朝粉青沙器をおもわせるものまで、どこかかしいでいたり、ゆがんでいたり、、、が魅力の力強い作品群でした。

この日のもう一つの収穫は、謎の茶の湯集団(?!)鴨ん会さんのお点前で一服いただいたこと。
なんと、笹山さんの作品のどれでも好きな茶碗を選んでお茶を点てていただけるのです。

P1020185.jpg

萩風のお茶碗で一服頂戴。(なんと、釜の代わりは電熱ポット!)
鴨川原で神出鬼没の呈茶をされる鴨ん会さんとお話しも少しさせてもらいました。
お茶を愛する好青年、かっこよかったです。
昨年の植物園大茶会に待庵もびっくり!の二畳シンプル組み立て式茶室をだされてました)

謎の存在のままにしておきますね。
寒い時期はお休みですが、あたたかくなると鴨川べりのあちこちで呈茶をされますので、運が良ければお茶が一服いただけますよ(^_^)b

P1020186.jpg

さて、先日の七事式之会は重茶碗での濃茶付花月。
お菓子は、あいかわらずプロはだしの席主さん手作りきんとんです。
常磐の松に雪が積もっている、、、そんな風景のお菓子です。

重茶碗で濃茶はいいとして、薄茶の花月にはいったとき、茶碗が2つあるわけで、これをどう扱うかが課題でした。
なるほど、こういうこともできるのか、、、と勉強になりました。
炭付花月で炭が大当たり。現在頭が大炉の炭出前になっているので、羽根の使い方に一瞬混乱しました。(大炉の羽根の使い方は独特なんです)
あとは久々の雪月花。頭の体操、頭の体操、、、

P1020187.jpg

箱のないお茶碗をいれるのに箱藤さんにオーダーしていた桐箱が届きました。
サイズを測ってメールでオーダーすれば作ってもらえるのです。

P1020188.jpg

いれるとぴったり!おさまります。
蓋もぴしっとしまって、お茶碗もよいお家を得られたようです。

P1020189.jpg

奉書で蓋のカバーを作って、中味の説明を書いておきます。
う〜ん、良い感じ。
ただし、お値段はそれなりにしますので、お茶碗より箱の方が高い、、、なんてこともあるかも^_^;

P10503012.jpg


先日梅田のデパートでゲットした金沢・森八さんの生菓子をいただいて、、、、

P1050380.jpg

一服。
このお茶碗はおおきくかしいでいて、水平にはならないんです。
そこに惚れたんですがね。

P1050379.jpg

というわけで、日々茶の湯、日々好日でございます。
(もちろん、仕事が本分なので、ちゃんと働いているんですよ、誤解なきよう( ̄▽ ̄;)b )

関連記事

● COMMENT ●

茶碗は金継ぎですねえ。これはわびのときに使えますね。さて いつ主役の日になるのかしら。楽しみですね。

こんにちは 昨日やっと三回目の初釜が終わりやっと落ち着きました。灰形とても綺麗ですね。空き部屋に用意はしてあるのですが暖房がないので開かず間になっています。

ひいらぎ様

これは確かに継ぎ継ぎはぎですが、席の主役になる子(!)だと思います。
お茶を飲んだあとの景色がなんともいえず、、、、わびの季節以外でもお出ししますね。

茶々子様

灰型はゴールがありません。うまくいくときもあればダメな時もあって、コンスタントに高いレベルの完成度を維持できるのは名人だけでしょう。私はまだ平均点までもいきません。

しぇるさま

川口美術のご主人は豊岡出身の方だときいております。過去の催しを
拝見しても素敵なものばかりですね。ぜひ近いうちに行ってみます。
灰型、すごい上達ですね。私はまだまだですが、春から出直しするつもりです。少しずつですが、見通しが立ってきましたから。

そらいろつばめ様

豊岡出身のお話しは聞いていたのですが、この時はお客さんがたくさんおられて、ゆっくりお話しできませんでした。結構人気ですね、あそこ。好日居さんでよく茶菓花器事をされる市川孝さんもこちらでよく個展されているらしいです。やはり同じテイストのものはつながっていきますね(^-^)
灰型はO型の気質が邪魔をして(笑)細かいところは実は雑なんです〜、、、

お越し下さり、ありがとうございます。今更、ブログに書いていて下さったことに気づきました。。。また来月も一服差し上げております、今度はゆっくりお話できたらと思います。

鴨ん会様

コメントありがとうございます。こっそり書いていたのですが、みつかりましたか^_^;
ツイッターを見ていると、気概にあふれたお若い茶道男子がふえてきているようで、頼もしい限りです。
いつか鴨川で是非一服いただきとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/35-fa4084a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吉田神社節分祭の前の前の日 «  | BLOG TOP |  » 若草山・山焼 2013

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (16)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR