topimage

2017-10

祗園白川〜割烹さか本 - 2014.11.19 Wed

祗園白川べりは夜ともなればどことなく艶っぽい雰囲気になります。


PB1500101.jpg


紅葉の季節とて、夜になってもいつになく賑わいが。(桜の頃は夜桜の名所なのでもっとわんさか人がおいでなんですがね)


PB1500381.jpg


白川ぞいにはたくさんのお店の灯りがならんでいます。


PB1500371.jpg


吉井勇が定宿としたことで有名なお宿・白梅は築100年の老舗、かいわいではここだけ、白川にかかる橋から中にはいることができます。(他のお店は一本南の通りから入る)



PB1500131.jpg


以前から、白川向こうのお店の灯りにずっと憧れてきていました。


PB1500461.jpg


灯りの中にいるお客さんたちがまるで物語か映画の中の登場人物のようにみえ、いつかあの中に入りたいな、と。

今宵、あちら、川向こうの住人になりにいきましょう。


PB1500161.jpg


選んだのは割烹さか本、大将は二代目とか。


PB1500251.jpg


カウンターは5〜6人もすわればいっぱい、それにテーブル席がいくつか。外国の方もいらっしゃってこぢんまりとしたスケール感がおちつきます。

正面の窓のすぐ下を(枕の下じゃなくて、、、)白川が流れているのですが、残念ながら内側からは見えません。

PB1500201.jpg


早速、コースのなかの幾皿かご紹介。
これは酒の肴ですね。鱈+鱈の子和えがもう酒をすすめます。松葉に刺してあるのは、これも大好きな大徳寺納豆。


PB1500211.jpg


すっぽん卵豆腐。すっぽんのお出汁はにごりがなくて上品でおいしい。


PB1500241.jpg


箸洗いは、、、あらまあ!むかごだわ。この季節、八寸にもなる旬の素材。


PB1500281.jpg


熱々の湯葉もいただく。


PB1500311.jpg


われわれ(月イチグルメの会=会員約2名)はコースをたのみましたが、カウンターでおとなりにすわられた常連さんとおぼしき人はこの珍味を1つずつ注文してはお酒をちびり、、と。なるほど〜。これが通の飲み方か〜。


「莫久来」ってなに???と思ったら「ばくらい」と読んで、ホヤとコノワタを原料とする有名な珍味なんですって。(食べてないけど、、、、)


PB1500321.jpg


〆のご飯には、ぱりぱりかりかりに炙ったおじゃこ。このテクスチャーがたまりません。


PB1500351.jpg


こちらでは先の細い竹箸をだしてくださるのですが、希望によりお持ち帰りもできます。きんとん箸になりそうなので、持ち帰る!


PB1500341.jpg


バジルシードのかかったこれは卵豆腐、、、ではなくてデザートのプリン。しかもカラメルソースのかわりに黒蜜。おいしゅうございました。


PB1500391.jpg


さて、果たして川の向こうから、こちらを見られた方々に、物語の中の主人公のように思っていただけたでしょうか?ま、、、ただぱくぱくおいしいもの食べてただけなんですがね〜(^_^; でも一人一人に人生という物語があるのは確かです。


PB1500451.jpg


     かにかくに 祇園はこひし寝るときも

                枕のしたを水のながるる
    吉井 勇



PB1500491.jpg


さらに東へゆけば、芸舞妓さんの信仰も篤い辰巳大明神。これぞTHE・祗園、、、の風景。


ほんの刹那、そこの夢の国の住人気分を味わえた宵でありました。


関連記事

● COMMENT ●

さか本は白川からいつも見ております。よかったでしょうねえ。
美味しそうなものがたくさん出たでしょうねえ。やはり京都は素晴らしい!

ひいらぎ様

お食事は料理はもとより、雰囲気がたいせつですよね。
今回は外から見て良い雰囲気のなかの点景になろう、、、がテーマでした。(!?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/377-16a042e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京でお誂えの衣二題 «  | BLOG TOP |  » 細見美術館・古香庵〜口切りの茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR