topimage

2017-04

茶道文化検定1級 - 2014.12.01 Mon

世の中にはほんま多種多様な検定がはやりで、茶道文化検定なんてのもあるのだよ。一昨年3級受けて昨年2級受けて今年1級挑戦。

まあ、それなりに勉強したけど、、、、、なに!?この合格率の高さ!!

PC0100161.jpg


確かに今年はえらい簡単だなあ、、と思っていたが、一昨年の1級合格率は一ケタ、昨年は18%くらいだったのに、5割越え?!合格してもありがたさ、半減やな〜。

「饅頭を初めて日本で作ったのはだれで、何天皇に献上したか?」みたいなテキストにも載っていないびびらし問題はなかったし。それでも四畳半の茶室を使用できるのは唐物所持者だけだと言った人は?というのはひっかけられた。武野紹鷗にきまってるやん、と思っていたが、はっきり書物で言ったのは山上宗二やったんや。

それより自己採点では98点だったのに、ナゼか漢字で引かれとる。「照顧(脚下)」と「雲雀棚」はちゃんと書いたつもりなのに引かれているって納得できんわ。

実益といえば、茶道資料館が1年間無料になるのと、あといくつかの茶道系美術館の割引くらいですけれどね。


PC0100171.jpg


それにしてもこのテキストは茶道に関係するひととおりの知識をスキミングするのには、とてもよくできているテキストだと思う。分野も歴史・茶事茶会・茶道具・茶と禅・茶席の花・懐石・菓子・茶室露地・茶業とまんべんなく。やはり歴史と茶業がおもしろかったな。興味のある分野はさらにほりさげて勉強すればいい。

この検定については主催が主に裏千家なので、裏千家寄りすぎだとか、集金目的だろうとか、いろいろおっしゃる人もいるが、それをどう生かすかは本人次第、少なくとも私はとても楽しく勉強した。

今更聞けないあんなことこんなことをこっそり知ったし、知っておいて損はない、というか知っておくべき、あるいは知っていると茶席での話がふくらむよ、、みたいなことも勉強できたし。いままでの蓄積した知識(たいしたことないし、最近物忘れはひどいが)を体系づけて覚えなおすこともできたし。

とはいえ、もうあれなんやったかいな、、、とせっかく覚えたことも既に忘れかけてることの方が問題やな〜。


関連記事

● COMMENT ●

おめでとうございます!
テストを受ける受けないは別として 勉強することはいいことですね。
テキストだけでも買って読まないといけませんね。私は知らない事は山ほどありますの。

最近こうやってパソコンを使っていますと 書くとき 漢字を忘れて困っております。

一級合格、おめでとうございます!
受験は自分の勉強のためとはいえ、やっぱり合格は嬉しいことです。
このテキストは茶の湯周辺のことをしっかり網羅していて、本当によくできていますよね。とはいっても、私はもうすっかり忘れてますが。それでも先日、塩瀬のお饅頭を戴いた時には、林浄因の子孫だなと思ったりしてます。

おめでとうございます

すごいっ!
一発合格、おめでとうこざいます。

予想では今年は難しくなる年でしたが、
5割超えにびっくりです。
1年間、有効に特典を利用されますように。

ひいらぎ様

でも試験を受けるというモチベーションがなければ、人間なかなか真剣に覚えようという気にはならないものですね。過去問をやっていて、これは真剣にせな通らんぞ、と覚悟がきまりました。

そらいろつばめ様

ありがとうございます。後を追いましてなんとか。
とりあえず、茶道資料館1年間無料をせいぜい活用しようと思います(^-^)
ほんに歴史のところは面白くてさくさく進みましたが、懐石と菓子はちょっと苦手でしたわ〜。

Akatsuki様

コメントありがとうございます!うれしいです!
後をおいかけて挑戦しましたが、6割弱の合格率ってなにかの天変地異の前触れでしょうか???(@_@;)

先輩を見習い、あちこちの美術館割引めぐり、がんばりますわ。
でも覚えたこと半分くらい忘れてます〜すでに、、、、って身についてない証拠よね(^◇^;)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/384-fd6b88f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Indwelling〜夕ざりの茶事 «  | BLOG TOP |  » 香雪美術館〜玄庵茶会2014

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (48)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR