topimage

2017-11

衣笠〜北野・晩秋散歩  - 2014.12.05 Fri

P10806161.jpg


金閣寺の近く、京都の安産の神様いうたらやはりわら天神さん。


P10806171.jpg


お礼参りにきたんやけど、お産した本人はもう遠方の家にかえってしまったので、ひとりで御礼参り。なんだかなあ。


P10806181.jpg


まだお腹の中にいるときにみんなで来たのは残暑のころだったなあ、、、とすでに懐かしく思い出しながら、神さんに感謝する。


P10806351.jpg


お腹もすいた。娘っ子に人気のパティスリーTentasion d'Angeが近くにあったのでここでランチしよ。


P10806321.jpg


テーブルがアンティークミシン(私は現役時代をしっているが、、、)の台になっている乙女仕様。(おばはんでも入るが)


P10806331.jpg


建物自体は町家というか昭和のころの民家なので、坪庭なんかもあって建具も昭和でなんだか懐かしい。


P10806341.jpg


900円のランチはこれにパン食べ放題、値段高騰のバターブロックもついて、飲み物もジュースやミルクやコーヒー飲み放題。かなりお得やん。

食後はお茶やな、やっぱり。TLで知った中国茶カフェが近くにあるはずなので行ってみよう。


P10806191.jpg


ここ!ええ感じの町家連棟ではないか。ここは住所でいうたら衣笠よ。


P10806201.jpg


ISO茶房さん。(なんやISO乙女会主幹としてははなはだ親近感を覚えるが、ご主人の名字がイソさんなんだそうで)


P10806231.jpg


まずビックリするのはご主人のチャフーコレクション!!
実はこれありきで、中国茶の勉強を始めたのはその後だったんだとか。今では中国の中国茶国家資格までおもちなんだと。


P10806271.jpg


中国茶のメニューも種類が豊富でひとつひとつ説明してもろた(^_^)b ご近所の好日居では烏龍茶系の青茶を飲むことが多いので、ここはひとつウンカにわざと茶葉を喰わせて、茶葉に出来た抵抗物質を味と風味にしたという東方美人茶を。

お茶を右の細長い聞香杯にいれて、左の茶碗を重ねてえいっとひっくり返すのだが、これはへたくそなんで、びちゃびちゃにしてしまう。とほほ。で、空になった聞香杯に残った香りを楽しむのよ。ああ、ええ香り。日本茶とはまたちがった魅力。


P10806301.jpg


写真撮るのをすっかり忘れたけど、ご主人お手製のパウンドケーキ、砂糖を一切使わず、蜂蜜とあとなんやったかいな、果実系のもので甘みをつけたもので、おいしかった〜\(^O^)/


P10806291.jpg


建物も、りっぱな織屋建、高い天井に明かり取りの窓。この連棟はかつてはほとんど織屋さんだったんだそう。
(私がヘビーユーザーであるところの)好日居さんを参考に改修しはったとか。ちょっと私のテリトリーとははずれているけど、北野天満宮にも近いので、またこちらにも足をのばしたいいごこちのええ空間ですよ。おすすめ。


で、その天神さんにも足をのばそ。


P10806381.jpg


御土居の紅葉ももう遅いかな〜と思ってたけど、散り紅葉もそれなりにきれい。


P10806391.jpg


こんな絨毯はこの季節ならではの美しさ。


P10806431.jpg


それでも鶯橋の近くは紅葉がまだなんとかがんばっとる。


P10806461.jpg


赤〜黄の微妙なグラデーション。またこの落ち葉がええ匂いがするのん。


P10806491.jpg


すっかり紙屋川は秋の黄金色に染まってるなあ。名前の通り、この川では昔紙漉してはってんて。そういや、美濃和紙ユネスコ無形文化財登録おめでと〜!(関係ないか、、、、)


P10806611.jpg


梅林の方も、すでに蕾のツボミがほれ、もうこんなに。
来年の早春にもまた来なくちゃね。それから神社の方へ来年の大福梅もらおうと思っていったけど、残念ながらことはじめの13日からですと。

なにしろ今年はその梅の土用干しまで見に行ったんで、是非ほしいのよ。


P10806631.jpg


境内の摂社の屋根も、これまたこの季節の名物、黄金色に染まっております。


関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

た、たいむりぃ~^^

今度、金閣寺に撮影に出かけたら

その帰りに寄ろうかと、思っていた御店


なかなか、被写体としても良い感じですねぇ

おおきに^^

P.S

しぇるさん、こちらの言葉が

板に付いてきてますね^^v

高兄様

ISOさんの方ですよね(^_^;
(タンタシオンダンジュに高兄さまが入るところは想像できない、、、)
写真も撮り放題OKでしたのであれこれ激写しましたが、まだ全体の良い雰囲気を伝えきれません。
何回かこなくちゃね。また写真アップ楽しみにしてます。

PS・ネイティブの人が読んだらおこりだしそうなニセ京ことばをあやつってます(^0^;)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/386-cc6958f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

當る未年吉例南座顔見世興業 «  | BLOG TOP |  » 中途半白夕ざり茶事〜亀岡・楽々荘

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (26)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR