topimage

2017-10

師走の錦市場2014 - 2014.12.30 Tue

PC2700021.jpg


今年の年の瀬も錦(市場)に行こう! 、、、、別に用事はないんだけど(^_^;


PC2700261.jpg


でも年末の市場の喧噪はやはり独特で、この時期にはそこに身をおきたくてムズムズする。昨年は大晦日に行ったので、人・人・人の大混雑、前にも後にも進めない、下手したら圧死するかも〜、、、デシタ。だから今年は少し早めに行こう。

高倉通りから東へ向かって歩いて行くね。


PC2700071.jpg


まだいつもの場所に注連縄屋さんはでていないけれど、各お店は正月用品、お節用品であふれかえってにぎやかだ。

そうそう、ここには寄っておこう、麩嘉さん。麩ではなくて、、、、


PC2700081.jpg


手作りなので生産量が少ないから、どこでも売っているというわけではない山利さんの白味噌ゲット。2週間しか日持ちしない、逆に新鮮ということかな。冷凍庫ならもう少しいける。

京都のお雑煮は白味噌、でもうちはお澄ましやけどね^_^;。懐石の汁に使うの。


PC2700061.jpg


お雑煮といえばお餅、餅屋さんもたくさんある。これは水回りに飾る「星付さん」というミニミニお鏡。京都にきてから初めて知った。


PC2700091.jpg


京都のおせちに欠かせぬ(らしい)のが棒鱈。まあ、干した真鱈なんですが、けっこうよいお値段。さすがに一度も料理したことないわ。なにせ新鮮な魚貝豊富な瀬戸内育ちだもんでσ(^◇^;)(あ、京都の方、別にけんか売ってるわけぢゃアリマセン)


PC2700121.jpg


すぐきの漬け物も今が旬。刻んだのしか見たことないお人もおられるかもしらんが、すぐきはもともと蕪の変種なの。これを刻むには,よく切れる庖丁が必須。


PC2700131.jpg


鱈の白子〜!ぷりっぷりの鯛の子〜!
もともと錦市場周辺には豊富な地下水があって、これが商品を夏場冷やすのによかったからここで発達したと、市場の組合の理事さんに聞いたことがある。鮮魚店にもたくさんのきれいな水が必要だしね。錦は水のたまもの。


PC2700141.jpg


最近のお正月飾りといえば、やはり仏手柑もはずせない。仏様の手の形から縁起が良いとされるので正月の床飾りに。玄関においておくと、戸をあけるたびに芳香がするのだ。(でもけっこうお高い)


PC2700161.jpg


和菓子を手作りする方にはうれしいお店がこちら。ありとあらゆる粉が手に入ります。めったに売っていない寒梅粉(加熱してα化した餅米を粉にしたもの。ようするに餅みたいにねばる)もここで手に入る。昨年はこれで雲平つくったっけ。(固すぎて歯が折れそうだった(>_<) )



PC2700181.jpg


ここはいつも行列の鶏卵屋さん。だし巻きが人気なのだけれど、関西出身でない私にはどうもあれが理解できない。まあ、新鮮な卵で作っているので、おいしいのはおいしいのだが、卵焼きはやはり甘くないと!


PC2700301.jpg


ちっとも減らない行列に、裏で必死のパッチで(これも関西限定フレーズ)卵焼きを作り続ける裏方さん。


PC2700311.jpg


先ほども言ったけれど京都は雑煮白味噌が圧倒的マジョリティなので、白味噌も各種。西京漬用の荒味噌まであるのがミソ(^_^;


それにしても、今年は円安のせいもあってか外国人観光客が(中国人がマジョリティ)はんぱなく多い。ここ錦でも。われわれが外国へ行ってバザールとか普段使いの市場とか惹かれて行くのと同じことか。でも純粋にほんまに買い物に来ている人は何割くらいなのだろう。

市場もこれも時代か、日常生活とは全然関係ない純然たる土産物屋が増えたのは残念だなあ。


PC2700321.jpg


市場の中ほどにある練り物の丸亀さん。ここはすり身を量り売りしてくれるので、しんじょうを作るのに何度お世話になったかわからない。今年もありがとう。来年もよろしく。


PC2700331.jpg


正月飾り用の串柿もずらっとつり下げられると壮観だな。


PC2700341.jpg


おお!ここは棒鱈が団体さんで!しかし高いなあ、、、。これ普通の主婦がおうちでちゃんと料理しはるんやろか。


PC2700351.jpg


包丁・調理器具の有次さん。そうだ、娘にプレゼントしたここの包丁、そろそろ研ぎ時、持って帰るように言わなくちゃ。(無料で研いでくれます)なにせ刃の所は鋼なのでやっぱりステンレスと違って錆びるのよ。(手入れ悪いせいかしら?)



PC2700361.jpg


いよいよ終点、新京極の錦天満宮さんが見えてきた。ビルの壁につきささる鳥居が目印。


PC2700391.jpg


ここにも水の錦、市場の地下を流れる錦の湧き水、飲むこともできるよ。


PC2700411.jpg


さて、錦歩きの最後、ここらでちょっと甘いもんなど、いただきたい。新京極からちょいと東にはいった花遊小路。四条通りは人でごった返しているけれど、ちょっと入り込めばこの通り。ちょっとした穴場かも。


PC2700431.jpg


地下に降りていく。お目当ては広くなって、行っても席がない〜ということがなくなった、、、


PC2700441.jpg



SOU・SOU在釜さん。ここの月替わりのテキスタイルコラボ・オリジナル和菓子(亀屋良長)が楽しみでね。目の前で、お点前王子(!)が釜のお湯で抹茶点ててくれるしね。



PC2700451.jpg


で、今月のお菓子がこちら。
柚子の砂糖漬けがキラキラの星となり、その下には白餡そぼろ、さらに下にはキャラメルコーティングナッツ入りかるかん。

年の瀬の錦にも行けたし、このお菓子もいただけたし、今年はまずまずの良き年であったなあ。

来年もどうかよい年でありますように!皆様もどうかよいお年を!


関連記事

● COMMENT ●

年末の

錦市場は杖なしで歩けるようになるまで行けない。
普段でもちょい怖い時がある。
以前行ってたお料理教室の入門クラスは包丁研ぎから始まった。

sousouさん、前に高島屋の入り口でイベント出店してはって、地下へは階段しかないと聞いて、こちらも先のお楽しみにとっておくわ。

今年は東へ西への大忙しの1年でしたね。
良いお年を!

夢風庵様

杖無しでも大晦日はこわいわ。
今日はちらっと見るだけで通り過ぎました。
そうか、sousouさん、バリアフリーではなかったか−。
以前書いた金閣寺近くの織屋建ての中国茶房ISO茶房さんはバリアフリーも売りだったし、一度是非いってバリアフリー度をチェックしてみてね。

多分来年も東奔西走、、、してると思う。
夢風庵様も来年はあちこちでかけられるくらいご回復されますように。

京の師走風景、堪能させていただきました。
ありがとうございます。

みゅー様

どういたしまして。
師走の京都はなかなか楽しおす♪
お正月も!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/398-99b29755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲午から乙未2015へ «  | BLOG TOP |  » 数寄者の忘年茶事〜平野の家・わざ永々棟

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR