topimage

2017-10

京都国際マンガミュージアム〜おいでの節は〜町家ふれんちかふぇ・たま妓+茶房翠泉 - 2015.01.10 Sat

P10600191.jpg


ここは元龍池小学校、現在は京都国際マンガミュージアムとなって、世界中のマンガオタク愛好家の聖地となっています。(実際外国人率高いし、外国語植字のマンガもおいてある)


P10600201.jpg


なにしろウン十年前、私が幼少のみぎり近所の貸本屋で読みあさったくらいの時代のマンガから最新のマンガまで、どこにこしかけても寝転んでもOKの読み放題。将来完璧リタイヤしたら入り浸るかも。


P10600021.jpg


今回は中庭でくりひろげられるコスプレウォッチング、、、じゃなくて(この日はやってなかった)これがお目当て!

我が30代のころからの超・愛読書、ヨーロッパの事情はこれで勉強した、、、というくらいの青池保子さんの「エロイカより愛をこめて」他、デビュー作にいたるまでの原画展。

どれくらい好きかというと、、、


P10600241.jpg


はい、全巻そろってます。うちの本棚。\(^O^)/

最初の頃の巻と比べて、鉄のクラウスことエーベルバッハ少佐もきらきら金髪巻き毛のドリアン・レッド・グローリア伯爵もずいぶん顔も体型も変わってきた。当時の時事問題も織り込んでのスパイ戦にゲイの伯爵がからむのだけれど、おそらく男性が読んでも面白いんじゃないかと思う。ヨーロッパ中の都市が舞台になっているので、ヨーロッパ旅行の時は、「エロ愛」巡礼なることもしてみたりして(^_^;

中断をはさんでまだまだ連載中、青池先生にはますますがんばってほしい。

さて、このミュージアム近辺でご飯食べられるところはないかとさがして、こんなん見つけました。私としては町家ウォッチングも兼ねられたので多いに満足。


P10600041.jpg


かつて大きな呉服屋さんだったらしい築100年の町家、和ふれんち・かふぇ たま妓(たまき)さん。以前からあるけれど、なかなか入りづらかったのよね。最近、表を桃カフェとして入りやすくリニューアルされたようで、コースじゃなくてもランチ程度の軽食が気軽にとれそう。


P10600061.jpg


呉服屋時代にはミセの間だった格子戸の内側、ここが桃カフェ。左手の奥にず〜っとウナギの寝床の座敷が続いていて、フレンチはそちらで椅子スタイルでいただけるもよう。(椅子の脚はちゃんと布でくるんでありました)


P10600071.jpg


内玄関。昔の大きな町家ではこうした露天の玄関庭があったのよね。いいな。


P10600081.jpg


少しわかりにくいけれど、廊下から走り庭をみたところ。むかしのだいどこですね。火袋フェチとしては天井もみたかったのだけれど、さすがに無理だったわ。正面のいい時代色がついた舞良戸は走り庭に欠かせぬ大きな水屋。ちゃんと残してはるんやな〜。


P10600091.jpg


これは玄関庭から表玄関の方向を見たところ。この右手の階段がどこに続いているのかとてもそそられる。


P10600101.jpg


きっと奥の方には茶室もあるんでしょうねえ。



P10600151.jpg


ランチはオムライスにしました。サラダもついてちょっと薄味京風の味。


P10600161.jpg


糸屋格子。
真ん中の短いところが、織屋4本、糸・紐屋3本、呉服屋2本というように、商売に応じて採光率の調整もされていたらしい。ここのは2本だからやはり呉服屋ね。左下の釜がちょっと気になる。


P10600171.jpg


表玄関から玄関庭を。左手の壁の所には秦家なんかでは黒光りする舞良戸が入っているけれど、ここではディスプレー棚になっている。でも正面に暖簾がみえるところは同じ作りだわ。

ご飯食べたらデザート、デザート。(だから痩せない)


P10600031.jpg


少し南に下がったところ、こんな茶寮あったっけ?と思ったら1年半くらいまでに出来たばかりのお店でした。抹茶に特化した和スイーツの茶寮翠泉さん。東洞院高辻にあるお店の2号店らしい。


P10600221.jpg


抹茶ベースのカフェというとたいていお茶屋さんプロデュースのところが多いけれど、ここはお茶屋さんとは関係ないのかな?調べたけれどよくわからない。


P10600231.jpg


できたて抹茶わらび餅というのを食す。左のでろ〜んとした緑の塊がそれ。う〜ん、できたてとあってほんのりあたたかく、とろっとろ。とても切りにくいのでスプーンと箸で絡め取りながらいただく。これ、テクニックいるよ。

関連記事

● COMMENT ●

うわ、そろってる・・・

どのへんまで読んでただろう。リタイアしたら読ませてほしい。
王家の紋章も最後まで行くんだろうか・・・

たま妓さんって、わりと敷居の高そうなフレンチだったので、行くのためらってたのですがカフェもあるのね。
暖かくなったら行ってみたい。
冬は京都の寒さに勝つために、摂取カロリーと消費カロリー、なんとかプラマイゼロ。
体重キープが目標で。

夢風庵様

「エロ愛」いつでもどうぞ!
青池先生とはご面識あったんですよね?
原画のタッチのほんま細かいのに感動です。

たま妓さん、カフェ部分が新しく改修しはったんちがうかな。
入ってもだれもでてこなくてかえっていろいろ町家ウォッチングできました(^_^;
体重は、、、、、聞かんといてっ!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/403-cba8b3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二題〜えき美と亀屋良長 «  | BLOG TOP |  » リッツカールトン京都・潜入

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR