topimage

2017-04

洛中西の方南の方散歩 - 2015.01.25 Sun

洛中西の方とは、あくまで個人的感覚で烏丸通りより西。南の方とは四条通りより南。ふだんあまり行く機会がなくてなじみのないエリアなのですが、先日用事があって岡崎村(りっぱな洛外)からのこのこでかけました。

用事終わってまずはランチ。


P12000411.jpg


さきごろ一乗寺村(左京区^_^;)から移転されたAWOMBへ行ってみよう。当時もかわいいお寿司が評判だったが、なかなか行きづらい場所ゆえ行けないまま。こんどの場所は洛中(新町蛸薬師)なので行きやすい。おお、りっぱな町家だ。



P12000401.jpg


あり?
手織寿司、、、、すでに売り切れ!そりゃ便利の良い場所なら競争率も高いわなあ。


P12000371.jpg


そのまま帰るのも残念なので、白味噌プリンなるものをいただく。京都人の「白味噌愛」がつまっているようなおいしさ。柏餅も味噌餡があれば、花びら餅も味噌餡だものね。



P12000361.jpg


でも、あまりにくやしいので最後の一皿とおぼしき手織寿司(手巻き寿司だけれどここでは手織りの言葉がぴったりの繊細さ)注文された方にお願いして撮らしていただいた。まあ!なんて(新旧あれども)女子好みな!ひそかに再来を誓う。


P12000431.jpg


ここまで西に来たから今度は南の方にも行って、前から行きたかった場所にも行ってみよう。場所の名前は鍛冶屋町。

洛中は町名でいわれても京都人でさえようわからんところがあるらしい。通りでいうと、ああ、あそこ、と合点しはる。


P12000441.jpg


で、堺町通り松原下るあたりの町家がまだ残る何気ない通りにこんな入り口。普段はこの戸も閉まっているので行くつもりでいかないと必ず素通りしてしまうと思うよ。このろうじは左手にはちゃんと普通の民家が並んでる。どんつきの右手にあるのが、、、


P12000451.jpg


「鐵輪跡」

謡曲で有名な「鉄輪(かなわ)」の女性が住んでいたとことか。

男に捨てられたことを恨みに思い、頭に五徳(鉄輪)をかぶり、その足にろうそくを立て、遙か貴船へ丑の刻参り、相手を呪い殺そうとしたが、安倍晴明に調伏されここまでもどって絶命したという伝説の地。(それにしてもここから貴船まで日帰りできる距離なんかなあ???)



P12000481.jpg


鉄輪の井。ここに身を投げたともいわれるが、もう水はかれています。なんでも縁切りの御利益があるらしい。


P12000471.jpg


これは同じ敷地内に祀られたお稲荷さん。

なんとなくおどろおどろしい雰囲気がないでもない。

以前弘道館でろうそくの灯りのもとで見た仕舞、燈火の鉄輪を思い出す。嫉妬に狂い半分鬼になりかけた生成(なまなり)の女のすざまじい姿、あさましさ、そしてあわれさ。ぞくぞくしました。

悲しいひとだったんだ。



    恨めしやおん身と契りしその時は、、、変はらじとこそ思ひしに

                 などしも捨ては果て給ふらん あら恨めしや



P12000531.jpg


このあたりよほど生霊となじみがいいのか(^_^;少し北に行くと町名が「夕顔町」になる。源氏物語の夕顔の君が生霊にとりころされたのがこのあたり(もちろんフィクション)だそうで。南の方に行くと本塩竈町、生霊となり夕顔をとりころしたとされる六条御息所邸があった場所となる。くわばらくわばら。哀れな女心とはいっても嫉妬って現代でもこわい。



P12000551.jpg


さらに北に行くと通りの名前にもなっている仏光寺が見えてきた。


P12000561.jpg


そうだ、ここには最近京都造形芸術大学とコラボしたD&DEPARTMENTができたんだ。寄ってみよう。



P12000591.jpg


洛中には時々町中にこんな大きな堂宇が?!とおどろくようなお寺さんがたくさんあるが、ここもなかなか広い境内。


P12000581.jpg


ちなみにD&DEPARTMENTは「ロングライフデザイン」をテーマに、物販・飲食・観光を通して地域の「らしさ」を見直す活動を行うプロジェクト店舗、、、だそうで(くわしくはHP見てね)京都のここは10 店舗目。上記大学の教授、学生もかかわっているんだそうです。


P12000601.jpg


ロングライフデザイン、、つまり昔っからかわらずに時代の陶太をうけずに続いてきたデザインこそほんものである。、、、ということかな。
各地の小さいながらいいものを作っている工場、店の製品がこまこまと展示され、見て歩くだけでも楽しい。なぜか病院の薬品入れみたいな(金属の蓋のついたガラス瓶)瓶もあったり、昔懐かし箒もあったり、赤い消化バケツ、花札なんかもある。現代の店では裏具さんのステーショナリーなどもここで買えるのね。

一番欲しかったのは抹茶茶碗をいれる桐箱!ただし商品は桐箱各種で、茶碗入れる真田紐のかかったのはデモ商品。でも、ちゃんとそのお店の情報仕入れてきましたぜ、山科の森木箱店。オーダーもできるけれど普通サイズの茶碗なら既製品3000円!安いわ、これ!


P12000611.jpg


隣の建物はもとお茶所(参拝客にお茶をふるまうところ)らしいが、なんとD&Dレストランに。ここではランチもいただけるようです。



P12000641.jpg


建物がお寺さんのものだけに良い雰囲気ですね〜。ここもまたこなくては。


P12000661.jpg


西の方南の方じゃないテリトリーに戻る前に、通りかかったたまにランチしてるcafe marbleさんも、そういえば仏光寺通りだった!

あなどれん、仏光寺通り!



関連記事

● COMMENT ●

 先日のFBで「手織り寿司、ちょっとの差で、いただけなかった」ってあるのに、なぜ写真があるのか不思議やったんですけど・・・・納得しました(笑)「撮らしてください」と言えるしぇるさんの勇気(?)に脱帽!!   それにしてもいろんな情報をキャッチされているのに感心しますわ!

花咲様

言われた方はさぞビックリされたでしょう。
でも、、、それは私からかっさらっていった手織寿司〜〜〜(; ;)

な、まるほど!!(爆笑)

花咲様

撮る権利が私には、、、、いや、やっぱりあつかましかったですね(^_^;

京都駅界隈に出かける際、よく仏光寺の境内を抜けていくのですが、
こういう施設ができているとは知りませんでした。
春には皇族御手植えの桜が、秋にはイチョウの巨木が見事で、
町中にあるのにあまり人のこない隠れた名所ですね。
それにしても、しぇるさん、今年も(寒いのに)年初から活動的ですね!

S&Y様

D&Dはできてまだやっと2ヶ月ですので、これからだんだん認知されてくるのではないでしょうか。こまこまといろんな種類のモノがあるので、みるだけでも楽しいですよ。粟田口に仏光寺の本廟があって、なんで仏光寺通りじゃないのにこんなところに仏光寺?、、、、と思っていました^_^; 本山はやはり仏光寺通りにありました。
わたくし、冬こそ京都歩き活発化します。桜紅葉はないけれど人が少ないのがなんといってもポイント高いです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/410-61b91807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

節分前の夜咄 «  | BLOG TOP |  » 岡崎/イタリアン〜Cenci

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (48)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR