topimage

2017-10

須賀神社〜聖護院・節分厄払開運採燈大護摩供2015 - 2015.02.05 Thu

節分には京都中の神社仏閣が大きな所、こぢんまりした所に関わらず、節分祭をおこなうので、いそがしいったらありません。


P20300512.jpg


まずはご近所の須賀神社で節分の時だけ現れる懸想文売り(貴族が昔顔をかくして恋文の代筆をしたことにちなむ)から懸想文を。



P20300542.jpg


良縁のお守りですが、そちらはさておき箪笥に入れておくと着物が増えるらしいので、そちらをオネガイ。(勝手に増えてくれたらいいのだけどな〜)



P20301642.jpg


ご存じない方の為に中味をご披露、こんな結び文がはいって、毎年違う文言の恋文がつづられています。今年は春馬(午年)から羊子(未年)様へ。昨年は巳代子(巳年)さんから熱烈な恋文をもらったくせに、羊子さんへ恋文をだすとは春馬さん、すみにおけませんな。


さてお向かいの五大力さんへお参りするとそのおとなりの聖護院さんにひとだかりが、、、


P20300622.jpg


ちょうど折良く払開運採燈大護摩供がおこなわれているところでした。いつもは非公開ですが節分の数日だけは中に入れるのです。


P20300722.jpg


聖護院といえば修験道の総本山ですから、たくさんの修行を積まれたホンモノの山伏さん勢揃い。すでに真ん中へしつらえられた護摩壇(中に古い御札とかはいっている)に火がつけられたもよう。


P20300822.jpg


その前の山伏問答は聞き損ねた。山伏問答は祗園祭中役行者山でも拝聴できます。多分儀式も同じだろうと思います。こちらの方が大きいけれど。


P20300772.jpg


け、、、けむいのも同じ、、、ごほごほ。これを浴びれば厄除けになるのよね。(今年は一体何回厄除けしたんやろ)



P20300782.jpg


うわ〜〜、なんも見えん。


P20300952.jpg



しばらくして煙がおちつくと今度は炎がごうごうと燃え上がり、修験道の導師が錫杖(?)で炉壇を清めていきます。


P20300962.jpg


束になった護摩木を剣で清めて、、


P20300972.jpg


護摩壇へ投入を繰り返す。

今年は吉田神社の火炉祭が火をつけなくなったので(いろいろ行政のよこやりとかナントカで)さびしいけれど、ここでお焚き上げの火をみることができてよかった。



P20300862.jpg


続いて他の山伏さん達も護摩木を次々とくべていく。BGMは般若心経と太鼓。





太鼓の原始的リズムにおもわずトランス状態になりそうになるわ。


P20301012.jpg


そしてとうとう儀式の終わりをつげる法螺貝。


P20301032.jpg


山伏さんの退場の後、ついに護摩壇が崩れる。山伏、お坊さん、消防が入り交じって消火活動。


P20301062.jpg


ほぼ消えて多少ブスブスいっているころ、中に入ることがゆるされて、みなさん燃え残りの檜(ヒバ)の枝を拾って厄除けにお持ち帰り。へたに手をつこむとまだやけどするような枝もあり要注意。



P20301082.jpg


私は檜の実がついてるのをゲット。焦げ臭いともいうが、よくいえばスモーキーな良い香り。


P20301102.jpg


熾火を囲んでみなさんの顔にも笑顔です。


P20301092.jpg


境内の見事な紅梅のつぼみもかなりふくらんで、まさしく立春、春の気配です。



関連記事

● COMMENT ●

3日に聖護院にゆかれたのですね。私もおまいりしていました。写真と動画に写っていました。僧正さまの向かい側の右端の橋のそばで紺のダウンにピンクの襟巻をした白髪頭がそうです。2日には壬生寺で「節分」の狂言もみましたよ。私は江戸者でシェルさんのホームページをみていろいろあとをおっています。奈良の山焼き、大山崎の茶会など。そのほかにも。でもお顔もしらないので、ゆきちがってもご挨拶できませんね。

りょうこ様

あら!
そうでしたか(◎-◎;)
拙ブログをご覧の方と同じ場所におりましたとは、世間はせまいです〜。
お江戸から京都によくおいでになるのですね。
当日は防寒のためかなりアヤシイ格好をしていたので、知り合いにあっても多分気づかれなかったかも。
すれちがうだけの方がよかったです〜(大汗)

今年は吉田神社の火炉祭で火がつけられないと聞いて興がさめ、行くのをやめましたが、集まったお札などはどうなったんでしょう? やっぱり燃やすものは燃やしてもらわないと気分悪いですよね。
かわりに熊野神社でお茶とお菓子のお接待を受けてありがたかったです。

vivasan様

熊野神社はときすでに遅し、接待茶菓はなくなってました(T.T)
ほとんど神社と地続きの西尾八橋で懸想文餅を買ったつもりが家に帰ってみると焼き餅だったのでまたまたショック!!まあ、肉桂のかおりのういろうがおいしかったけどね(^_^)b


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/415-897f1235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吉田神社節分祭2015 «  | BLOG TOP |  » 壬生寺節分会2015

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR