topimage

2017-07

京の冬の旅2015〜頂妙寺 - 2015.02.11 Wed

今年も観光閑散期解消をねらって京の冬の旅はじまってます。

冬の京都は私好きなんです。まあ、いろいろな理由で。なので京都移住前からけっこう通ってましたから、もう何回かいった場所が多い。


IMG_02483.jpg


でも、この頂妙寺は冬の旅初公開、しかも自宅からチャリ5分ちょっとで行けるし、自分の生活圏内でもあるので、行かない手はなかろう。

しかし頂妙寺ってなんかなじみのある名前だなあ、、、、と思っていたら、そうか!!川端二条のとこにあるのが「頂妙寺パーキング」なんだ!お寺さんの経営。その看板、学生時代からよく見てたんだわ。


IMG_02513.jpg


門の前の東西に鴨川までのびる通りを仁王門通りといって、なじみのある名前なのだけれど、その名前がこの頂妙寺仁王門からきているとは知らんかったなあ。びっくり。
なんでも当時はこの門の前に長い参道があっておおいににぎわっておったそうな。現在は普段非公開で静かなお寺。


IMG_02683.jpg


この仁王門には東山天皇(元禄時代)より賜った「聞法山」の扁額がかけられているのだけれど見えるかな?

その下の扁額は玄以通りに名を残す前田玄以(豊臣政権の五奉行のひとり)の「前田玄以判物」を写した扁額。(信長政権による圧迫で一時衰退した寺を、秀吉がいわば名誉回復を約した文書)



IMG_02713.jpg


仁王門に安置された伝・運慶、快慶の多聞天。反対側には持国天がまつられています。


IMG_02543.jpg


仁王門をくぐると表からは想像できない広い伽藍。(京都はこの手が多い)



IMG_02563.jpg


これは日蓮上人の像。そう、ここは日蓮宗のお寺なのよ。開基は応仁の乱のころで創建当時は大伽藍だったらしい。時代の波にもまれ各所を転々としたあげく、現在のここにおちついたのは天明の大火(1673)以降だとか。

まずは本堂へ。法華経のお寺らしく、信者用に団扇太鼓がたくさん用意されていました。そういえば本阿弥光悦一族は法華経で結ばれた一族だったときいたな。光悦の血筋を引く楽吉左衛門さんとこも法華経だった。

普通お寺では真ん中にお釈迦様とか観音様とかがおられるのだが、ここでは一塔両尊四士という法華経独特の配置。(まんなかに南無妙法蓮華経と書かれた宝塔、向かって左に釈迦如来、右に多宝如来が一つの蓮台に乗っていて、そのまた外に4体の菩薩が安置されている)

あちこちに描かれる月星紋は初代・日祝上人が関東の名門武家・千葉氏の出身であることによる。ちなみに建仁寺両足院の紋も月星。



IMG_02503.jpg


ところでこの頂妙寺が冬の旅初公開となったのは琳派400年と無関係ではない。その光悦が法華経だったこと、そのつながりで同時代を生きたこれも琳派の始祖・俵屋宗達、かれの絵がこのお寺にあるのです。

「牛図」二幅。前期は立っている牛、後期に臥す牛。重文です。烏丸光廣の賛あり。
どこらへんが琳派なのか、不勉強でわかりませんが、狩野派の絵とは明らかに違うのはわかる。今でこそいろんな画派をみているので、それほど画期的とも思わないが、おそらく当時としてはすごく斬新な絵画技法だったのだろうな。


IMG_02643.jpg


他にも京都市指定文化財京都十六本山会合文書(日蓮宗の歴史みたいなもの?)を秘匿してあった複雑な構造の大きな櫃なども。



IMG_02613.jpg


本堂から出ると寺猫?とおぼしき大きな三毛猫がたたずんでいる。


IMG_02633.jpg


どうも猫臭いのか近寄ってきてくんかくんか匂いをかがれた。



IMG_02473.jpg


拝観の後は斜め向かいにある仁王門うね乃をお忘れなく。もともとお出汁の花カツオを扱っている老舗、つい最近そのお出汁を使ったおうどん屋さんを開店。人気です。(でも時間外で私はアウト!(T.T) )





関連記事

● COMMENT ●

こちらのお寺の塔頭では 甲子の日には月釜がかかり 京都の月釜では珍しく 蹲を使って小間の茶室でお茶がいただけます。
今月がありますので 私は伺うつもりです。
いつか日にちが合えばおすすめします。穴場です。

甲子ですから60日ごとですね。

ひいらぎ様

菅大臣神社の月釜もですよ〜。こちらもおすすめ。

京の冬の旅

頂妙寺いらしたのですね、私もゆきました。俵屋の御墓もみてきました。表に出てちょっといったら見覚えのある道。そうか細見美術館だ。だいすきな鈴木基一の絵もみました。冬の旅ラリーのスタンプ3つ」あつめて、俵屋吉富で雲竜とお茶のご接待もうけました(接待所はここが一番)。1月29日に知り合いのお葬式と用事もあったので2月4日まで、京都でした。お金はないけど暇はあるもので、いろいろ見て歩きました。
寺町のそれからさんは土・日は聚洸さんのお菓子とお茶があるのです。それとsou・souの今のお菓子は九条ネギを使った胡麻風味のおいしいお菓子でした。ポストカー
ドもステキ。シェルさん好みですよ。

こんな所にコメント欄がありましたね!?
以前は気が付かないで帰っていきました(^-^;
2月には頂妙寺へ行こうと考えていました。日蓮宗のお寺はあまり訪ねたことが
ないような気がするのですが、京都にも結構大きなお寺があるんですよね。
琳派400年、今年は素敵な絵がたくさん観られそうです♪

りょうこ様

それはそれは!
すごく京都を堪能されたのですね。(負けてるかも〜)
それからさんへも行かれましたか?土日の聚洸は初耳です。いきます。
情報ありがとうございましたっ!!
SOUSOUもいかなくちゃね!

こまち様

あら、コメント欄にきづかれませんでしたか?(^_^;
頂妙寺周辺は新洞学区(新洞小は統廃合されましたが)でお寺さん率が異常に高い地区なんです。実は私が通ってるお茶の先生もこの学区のお寺さんで、やはり日蓮宗のお寺です。東大路二条には仁左衛門の碑のある妙傳寺も、本因坊の寂光寺も日蓮宗ですしね。他の宗派のお寺もあるとは思いますがまだリサーチ不足で、、、


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/418-26a56f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

茶事の水屋で «  | BLOG TOP |  » 着更着雑記2015

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (16)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR