topimage

2017-09

雪舞う大原の里2013 - 2013.02.10 Sun

オフ日にいろいろ計画をたてていたのだけれど、朝、雪が舞っているのを見て、急遽大原へいってみよう!と。

P1020270.jpg

大原は、、、、おおっ!吹雪いてる!

P1050550.jpg

と思ったら、ちらほら舞う程度になったり、晴れたり、また吹雪いたり、、、

P1050554.jpg

洛中とちがって、なかなか溶けない雪。

P1050559.jpg

とりあえず三千院へ行ってみよう。

P1050565.jpg

よいお顔のお地蔵様、雪の中でしんと立っておられる。

P1050563.jpg

蹲居の水がつららになっている。さすがにこれは市中では見られないなあ。

P1050568.jpg

雪の中ではことさら赤い、万両の実。

P1050569.jpg

あの〜、、そこ寒くないですか?

P10505742.jpg

やった!冷え切った体にありがたい、初午大根炊き接待。
奥の院金色不動堂前広場にて11日まで。

P1050573.jpg

湯気ほかほか。

P1050577.jpg

門跡寺院の菊の御紋。

P1050579.jpg

雪の晴れ間には薄日もさして、雪の上に木漏れ日模様。

P1050580.jpg

実光院さんは、入り口を新しくしはったみたい。
ここは天台声明の寺、勝林院の子院にあたります。

P1050583.jpg

この勝林院にちなんで大原のこのあたりの川は、呂川、律川。
雅楽では呂音階、律音階ってあるそうですが、声明の音階もそうなのでしょうか。

P10505822.jpg


本堂にはまあ!りっぱな仏手柑!
(皮をジャムにするととてもおいしいそうです。バチアタリな気がして作ったことはありませんが)

P1050588.jpg

実光院の池泉回遊式庭園。雪もやや小降り。

P1050591.jpg

ここではまず、これを見ないと。秋から春まで咲く不思議な不断桜。雪の中、可憐な桜色です。

P10505962.jpg


筧の水は太いつららに。

P1050616.jpg

外に出ると、また吹雪いてきました。その足で宝泉院へ。

P10506052.jpg

ここの囲炉裏の間では、自在に目が行きます。
うちの茶室は小間だから、釣り釜は鎖じゃなくて自在を使わないといけないの。今各方面のお手を煩わせて鋭意調達中。できたらできたで、自在の扱いを教えてもらわなければ、、、

さて、みなさま、宝泉院といえばお待ちかね、額縁庭園。人も少なくばっちり撮れました。

P1050612.jpg

ここに静かにすわっている間にも、音もなく風に舞う大原の里の雪でした。
   
    日かずふる雪げにまさる炭竈の
                煙もさびし大原の里
  (式子内親王)

P1020284.jpg


関連記事

● COMMENT ●

池泉観賞式庭園が好きなので宝泉院の庭園はいつか見てみたいのですが、拝観料が800円とお高いですがお抹茶付きなので午後に行こうかと思っています(時間はあるがお金がないのでw)
去年、三千院行ったときにはふもとの駐車場から歩いて上がっていったのですが、真夏だったので死にそうになりました。行くなら春、秋にしようと思います。

しん様

確かに三千院、実光院、宝泉院とまわっただけで、ちょっといたい出費でしたねえ。でもまあ、旅行に行ったと思えば、このくらいは使うだろうということで^_^;
真夏、暑くて死にそう、真冬、こごえて死にそう、春秋、人が多くて死にそう、、、、かもね( ̄∇ ̄;)

しぇる様、こんにちは

大原の、ほんのり雪化粧

よろしいですねぇ^^

宝泉院は、やはり午前中が狙い目ですね^^


尤も、私が行った日は

平日に午前でしたのに、プロカメラマンと思しき方と

スタッフさんが、5人ほど来られ

撮影の準備始められ^^;

早々に退散でした・・・・

はじめまして、いつも拝見しています(^^)

こんな寒さの中でもお出掛けになるのですね?!

私はテレビで団十郎さん追悼番組観ながら、
ワンコと炬燵にこもっています。
雪が降ると、車出せませんし・・・

以前から素敵な京都暮らしを楽しく拝見しています。
本当に京都を満喫されているご様子でうらやましい限りです。

実は、わたしもいつか、と心密かに思っております。

これからも京都暮らしの指南書として、
参考にさせていただきますね。

高兄様

先日の高兄様の雪の大原の写真が印象深かったので、雪→大原!という思考回路になりました。
ちょっと思ったより雪は少なかったですけれどね。
しん、と冷たい空気がここちよかったです。

あらら、、雑誌かなんかの撮影ですかね。
フォトジェニックですものね〜。

まつよいぐさ様

はじめまして。
コメントありがとうございます。
実は冬の京都が一番好きなんです。
人が少なくて、空気がしんとしていて、色彩に乏しいのが水墨画のようでもあり、、
でも、本当は寒いのはキライ^_^;

はい、今は観光客気分で京都を堪能しております。
ご参考になるかどうかはわかりませんが、今後もよろしくおつきあいのほどを。

雪の日は大原という発想が、好きな京都に住んじゃおうというシェルバンさんらしいですね♪
実光院の不断桜、何かで包んであげたくなります。寒くないかな…
こまちはこの先の勝林院が京都のお寺の中で一番好きなんです。
出るか、出るかと待っていたら、シェルさんは寄られなかった?^^;
あの飾りっけのない、威風堂々とした本堂はいつ見てもいいな~と思ってしまいます。

こまち様

雪、となると京都駅にはカメラをかかえた人たちが列をなす、、、というほんとか嘘かの話があります。
金閣寺をねらう人もいるようですね。私もそのたぐいにはいってしまったようです^_^;
スミマセン、勝林院はスルーしてしまいました。抹茶付き、、、に弱くて、小さいとこ狙いなもんで。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/42-92bb3b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「書画と白磁、そして民画の世界」〜高麗美術館 «  | BLOG TOP |  » 新洞学区のピニョ食堂/錦林学区のnoma cafe

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (208)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (1)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (25)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (37)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR