topimage

2017-09

謡曲「東北(とうぼく)」〜軒端の梅 - 2015.03.05 Thu

真如堂の北西、吉田山荘までの間にいくつかの小さな非公開寺院があって、そのなかに軒端の梅で有名な東北院もあります。二年ぶりに梅の季節にたずねました。



P30300333.jpg




非公開寺院で現在は常住のご住職がおられるのかおられないのか、やや建物や土塀の崩れ方が気になるところではありますが。

由来は古く、藤原道長の娘・上東門院彰子(紫式式部、和泉式部が仕えた中宮だった方)の発願で、その後なんども火災や移転などで現在の場所におちついたのは元禄年間とか。扁額が後西天皇(後水尾さんの息子)のご宸筆だそうですが、全然ここからはみえません。



P30300253.jpg



なによりここの院は謡曲「東北(とうぼく)」のゆかりの場所として知っている人には有名。前回来たときはそれほど能に興味がなかったのですが、最近ちょっと謡曲づいて学習してからのおでかけ。


かつてこの院が法成寺(現在の鴨沂高校あたり)の東北にあったころ、和泉式部が手植えした梅の木。それを軒端の梅と名付けて朝な夕なこれを愛でたそうです。


P30300303.jpg


現在軒端の梅と称する梅の木はこんな感じで、盛りをむかえようとしています。残念ながら和泉式部が植えた梅ではありませんが、よすがとはなりますね。



P30300313.jpg


ストーリーは、、

東国より都に上って来た旅僧が、東北院を訪れ、折から花盛りの一本の梅の木を愛でていると、美しい里女が現れ、その梅の花は好文木や鶯宿梅という名で呼ばれるべきで、和泉式部が植えて「軒端の梅」と名付けたという由緒や、寺の方丈は式部の寝所であったことなどを語ります。

例によって、僧に読経を頼み、自分が梅の木の主であることを告げ、消え失せます。

僧が読経をしていると、和泉式部の霊が現れ、昔関白藤原道長が、法華経を高らかに誦しながらこの門前を通られるのを聞いて、「門の外法の車の音聞けば我も火宅を出でにけるかな」と詠んだので、その功徳により死後、歌舞の菩薩となったと語ります。更に、和歌の徳を讃え、舞を舞って、消えていきます。


ちなみにこの謡曲は江戸幕府の謡初の式には、「老松」「髙砂」とともにかならず謡われる曲だったのだそうです。

歌舞の菩薩となって、、、というのは昨年見た「杜若」の在原業平と同じだな〜。こういう〆になる曲は他にもあるのかしら。


P30300323.jpg


和泉式部といえば平安を代表する美女、恋多き女であったことで有名なので、梅の精にたとえられてもむべなるかな、ですね。これが紫式部なんかだと、小難しい感じだし、清少納言(彰子に蹴落とされた?中宮定子に仕えた)だとちょっと艶っぽさが足りない感じだし。



P30300263.jpg



高貴な梅の精かはたまた和泉式部の霊か、美しい天女の様して舞う女人の姿が目にうかべばよろしいのですが、いやいやまだそこまではいきませぬわ。




 春の夜の 闇はあやなし梅の花 
     
        色こそ見えね 香やは隠るる
         
              香やは隠るる 香やは隠るる  
 

 今はこれまでぞ花は根に  鳥は古巣に帰るぞとて
     
           方丈の灯し火を  火宅とやなほ人は見ん
        
    こここそ花の台に  いづみ(出づ身・和泉)式部が臥所よとて
     
            方丈の室に入ると見えし  夢は覚めにけり
                     
                       見し夢は覚めて失せにけり




<東北院: 京都市左京区浄土寺真如町83>
関連記事

● COMMENT ●

シェルさま 有難うございます。東北院の梅拝見しました。東北は謡を習い始めて早くに習う曲ですよね。本三番目ものでストーリーがあるようでないような、風情第一の作品です。大事にされています。この間お茶のお稽古でお茶杓のご名はと聞かれて「好文木」と言ったら、だれもご存じなかったです。

りょうこ様

またまた京都においででしたか。
軒端の梅は知っていても「東北」は実はシラナカッタ、、、
この梅のよすがにひかれて謡曲を知ったようなもの。謡としては習い始めの曲なんですね。
多分舞台を見たらとちゅうで意識を失ってしまいそうな、、、、(^_^;

あと梅のエピソードとしては「宿はととはばいかがこたえむ」の鶯宿梅がいいですねえ。

しぇる様へ
東北院ですが、私が真如堂内の塔頭に寄寓していた頃、此の近辺は通学路に当り、この時期には門外から梅花を横目で見て、早春の到来を感じていました。

それにしても、この寺院の荒廃が少し気になっています。
梨木神社の境内や下鴨神社の社域にマンションが建築されるご時勢ですから、未だ、
そこまで行っていないのが、救いでしょうけど・・・・

ところで、私は個人的に、万葉期の額田王、平安期の和泉式部、鎌倉期の式子内親王、
明治の与謝野晶子が時代を代表する女流歌人と勝手に思っています。
この人たちは、歌詠みとして天性の素質があったのでしょう。

narahimuro 様

当時から東北院をご存じでしたか?真如堂までで、そこからさきは全然しりませんでした。
こちらは無住なのでしょうか?移転したり、マンション敷地になったりしないことを切に願いますよね。
それにしても下鴨神社はよくあそこの駐車場を利用しているだけにびっくり!(◎-◎;)

式子内親王の歌はほんま、すごいです(といいつつそれほど知っているわけでは、、、、、)どんな方だったのでしょうねえ。(アコガレ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/429-e2007d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「閑坐シテ雨音ヲ聴ク」〜雛の茶事 «  | BLOG TOP |  » 湖国の炉辺茶事〜茶飯釜

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (207)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (1)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (25)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (37)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR