topimage

2017-04

またまた善き哉、茶のご縁〜跡見の茶会@紫野 - 2015.03.17 Tue

P31500023.jpg


紫野のこの道を行けば、茶の湯を中心とした伝統芸能だの伝統工芸だのの、老若の傑物やら怪しい者やら昼となく夜となく集まる梁山泊のようなT々舎があります。


かねてより、茶の縁にて、こちらにはたまによせてもらってはいろいろな刺激を受けて帰ってくるのですが、今回はまためぐり巡っての茶のご縁をいただき、あるお茶の達人様の跡見の茶会にお招きいただきました。なんとありがたき哉。

前夜は同所にて夜咄の茶事をされたよし、その跡見(同じ道具をつかってこんなのでしたよ〜と披露する)です。床には夜咄のなごりのりっぱな石菖(油煙を吸うといわれ夜咄の後座に花のかわりに使われること多し)。確かに短檠などの油煙はでるようで、ご亭主は足袋の裏が黒くなるとおっしゃる。(うちはリキッドキャンドル使ってるからあまりでないの)

こちらの茶室には(玄関も)電灯というものがありません。(電灯のコードをぶち切っているというか^_^;)夜咄の茶事は和蝋燭の灯りだけでおこなわれるので、まさにそれにふさわしい舞台、目をつぶればろうそくのあかりの揺らめきや、それに仄かに浮かび上がる御道具、なごやかに連座されるお客さまの姿などのすてきな光景が目に浮かぶようです。

御道具はご亭主のお家のお蔵の隅にころがっていたもの、、、とおっしゃるが、そんなお蔵ならだれだってほしいっ!!と思わず叫びたくなるようなものがごろごろ。渋い時代のあるお釜も蔵の中にあったので、蓋をあけると蔵の匂いがする、とお笑いになる。数百年前の匂いかしら(◎-◎;)


P31500083.jpg
(近くの今宮神社の梅)



点心にお酒もちょうだいし、ご亭主も絶賛される本日のパートナー、うら若い異国の女性(T々舎住人のおひとり)のお点前で濃茶、続き薄をいただく。まあ、なんときれいなお点前\(◎o◎)/!。濃茶がまたおいしゅうございました。

博識・博学のご亭主はその間、たくさんの蘊蓄をおしげもなくご披露くださる。いろいろな資料を文献や足で集めて勉強され、テーマをもって研究されておられるとかで、その成果を是非とも拝聴したいもの。御連客様ははるか雲州からお越しで、ご亭主のそんな研究の話を毎月聞く機会があるとかで、それはまことにうらやましい。


お菓子も雲州・三英堂さんのもの。一つは河井寛次郎記念館茶会でいただいて、とてもおいしくて気に入っていた「日の出前」(寛次郎命名)もう一つが不昧公命名の「菜種の里」。これ茶道検定の問題であったなあ。(松平不昧ゆかりの菓子名を選ばせる問題)


ご亭主様にはこの日初めてお目にかかったのですが、TL上いつも炸裂する○○節を楽しんでおりましたので、文字ではなく実際に言葉で名調子を拝聴でき、感激でございました。
またまたありがたき茶縁をいただき感謝です。こういう方にお目にかかれる機会を得るのも茶の湯あればこそ、茶をやり続け、かつ細々ながらブログで発信していてよかった〜、、、


私は本来社交的な方ではなく、自分からすすんで人間関係を築くのは苦手でありました。でもひとたびお茶の力を借りると、こんなことまで自分はやっちゃうのか、と思うようなこともしてしまい、普通なら声もかけられないような相手にも「茶事来ませんか?」と言えるようになってしまいました。おそるべし、茶の徳。でも限りなくありがたや。



P31500133.jpg


茶席を辞し、あまりに気持ちが良いので今宮さんにお参りして炙り餅をいただきましょう。一和とかざりやがあるけれどこの日はかざりやで。



P31500153.jpg


炙り餅、うまし。この甘白味噌だれがたまらん。


P31500203.jpg



しかも前を通りかかった時、店の中でちらっと見えたので、すかさず松屋藤兵衛さんの味噌松風のはじっこ(福耳というらしい)もゲットできました。



P10809783.jpg



これをいただきながら花見で一杯、ほんによき1日でありました。




関連記事

● COMMENT ●

跡見の茶会

来週、茶室新築披露の跡見の茶事にお呼ばれしています。
一客一亭(お母さんと娘さんですから2亭主か?)という茶事らしいのです。
話には聞いたことはありますが、どのように対応すればいいのか。
松葉は神護寺経断簡掛軸でごまかそうか、など、不埒なことも考えています。
また、来月はお茶事の水屋のお手伝いが3回、勉強にはなるのでお断りはできないし・・・。
しぇるさまのバイタリティーがうらやましいです。

跡見の茶会は頑張られたご褒美ですね。

日の出前もあぶり餅も福耳も美味しいですね。
私も福耳は見かけますと 早速分けていただいております。私は端っこが好きな人です。
カステラも端っこが好きです。
お茶の御陰で出会えない方にも出会いますね。
感謝です。

N様

茶室披露の茶事なら跡見とは言えいいですねえ。普通の茶事の作法でいいのではないかと思いますが、はれがましいのでおもいっきり誉めるのも礼にかなうかも。そりゃ、そんな松葉いただいたらたいていのことはOKではないでしょうか(^_^; 
水屋のお手伝いも慣れた場所でないならけっこう大変ですが、やりとげると達成感ありますよ。がんばってくださいませ〜。

ひいらぎ様

いただいたお土産が松風の本体だったと気づいたのは切れ端を買ったあとでした。
どちらもおいしいからいいのだ。

そのときの夜の茶会にうかがう予定でしたが、急用で行くことが出来ず残念です。お茶は、本当に、不思議な縁を運んできます。

enshuu様

コメントありがとうございます。
おうわさもちらっとでていましたよ(^-^)
ほんとに茶縁とはすごいです。あっちのつながりとこっちのつながりが、いつのまにかどこかでつながって、ちょっとコワイくらいです。

しぇる様、茶の道まっしぐら、京都に移住した目的も着々と達成しつつありますね。
私もそのようなお茶の達人様の薀蓄に耳を傾けてみたいし、パートナーの綺麗なお点前も拝見してみたいものです。ですが当分は現状維持で静かにしてます。ひとつの区切りも近いので、これからどうしようかなどと考えながら。
但馬でも花が咲き始め、春が来たようです。

紫野の道

こんにちは
紫野のこの道

紫野高校出身の山本兼一さん
私もよく歩いた道

懐かしいです。

ブログを拝見していると
お茶のお稽古を再開したい思いが湧いてきます。

落ち着いたらと思っています。

それまで楽しく拝見させていただきます。

そらいろつばめ様

お茶をやっていなければ、勇気をもって仲間をもとめるでもなく、京都暮らしがこんなににぎやかになることもなかったと思います。行動すること、継続すること、いまはこれが大事かなと。Tコネクションもいっしょですね。
現実の人生はいろいろ節目があったり雑事にまぎれたり、おもうにまかせないことも多々ありますが、いままでの短くない人生で必ず乗り越えられる、という自信が持てる世代です。ぼちぼちと行きましょう。

あっこ様

お茶をやっていると大徳寺周辺はなにかと縁があり、我ながらよくうろついているな、と思います。紫野高校周辺もすっかりお馴染みの場所になりました。思えば山本兼一さんの訃報を聞いたのは、彼の講演をきいたほんの少しあとでした。大徳寺周辺のお話しもされてたのを思い出します。
茶の湯の世界、楽しくて深いです。機会があればまた是非のぞいてみてください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/436-018bb46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「高麗茶碗」前期〜野村美術館2015 «  | BLOG TOP |  » 修二会2015・その3〜食作法・日中上堂

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR