topimage

2017-08

じない町で茶飯釜の粥茶事 - 2013.02.14 Thu

江戸時代の街並みが残る富田林のじない町(寺内町)、ここは散策するだけで江戸時代へタイムスリップできる楽しい町です。

P1020415.jpg

昨年秋懐石料理教室でおじゃました、じない町の峯風庵さんへ、今回は茶事の客として参りました。

P1020385.jpg

峯風庵さんが茶事・茶会のサロンとして入手されたのは、築140年以上の町家。

P1020391.jpg

古いながらとても趣があります。
今日は峯風庵さん自らが亭主をしてくださる茶飯釜の茶事。私は初体験。

「茶飯釜の茶事」というのは、一つの釜をお茶を点てるのにも使い、懐石料理の飯を炊くのにも使ってしまうという、とても侘びた風情のある茶事なのです。釜一つで茶も点てれば飯も炊いた丿貫さんのお話しを思い出させます。

茶飯釜の扱いは、確立した流儀がないそうなので亭主の裁量でどうとでも使えるようです。普通は席中で飯が炊けるのを待つのですが、今回はなんと粥の茶事、時間の経過と共に重湯が三分粥になり全粥になるという変化を楽しむのです。

P1020393.jpg

飯を炊くので、初炭で入れる炭はいつもの倍くらい。
お米の炊ける香りを楽しむため、お香はいれません。
(峯風庵さんでは足が楽なように箱火鉢を炉にして、低めのテーブル席になっているんです)

P1020394.jpg

たっぷりの水をはった釜に、信玄袋からさらさらと米(12時間水に浸しておいた物)を入れ火に掛けます。

強い火力が要求されるので、火吹き竹を使うのですが、趣あってよいですね。
ご亭主がお忙しくされている間、客の方もこれをふ〜ふ〜して、お手伝い。(過換気になって頭くらくら(@_@;)
しかも灰が飛び散るのでまたの名を「シンデレラ(=灰かぶり)茶事」というんですよ〜と峯風庵さんw( ̄▽ ̄;)w

P1020397.jpg

火吹きの先はこんなふうになっていて、効率よく酸素を送り込めるようになっています。

釜肌には「渇来茶」と鋳出してあります。のどが渇いたら、茶を飲みに来て下さいと言う意味。反対側には「飢来飯」は、腹が減ったら飯を食べに来て下さい、、、と。

羽の部分には「自在軒一釜斎宗徳」。
堺の銭屋宗徳という茶人が、宗旦にもらった茶飯釜を大事にして、一生涯この釜一つを自在にかけて茶を飲み、飯を炊いて暮らしたことから茶飯釜はまたの名を宗徳釜。


P1020396.jpg

懐石は向付のかわりに茶碗蒸し、そしてお粥にあう香の物、梅干しなど。

P1020399.jpg

そうこうするうちに吹きこぼれてきたので釜をおろします。がんばってふ〜ふ〜した甲斐あって、けっこう早めに炊けました。
お粥は、末客から逆順に手渡しで送って行きます。これも特徴かな。

P1020400.jpg

火からおろしてすぐのご飯はこのように三分粥〜重湯の様な状態。

ところが釜はもうこれ以上火にかけないのに、米は釜の中で蒸れて茶事が進むにつれて、、、

P1020402.jpg

五分粥、

P1020404.jpg

全粥へと変わっていくのです。
おそるべし!鉄釜の威力!

お米はつやつやと、甘みがほのかにあって、こうして炊くからなおさら美味しいのね。お粥のおいしさをみなおしてしまいました。

P1020403.jpg

その間、空いている炉には炊き合わせの鍋をかけます。これがまたごちそうでした。あつあつをいただきます。

P1020407.jpg

その間にもお粥がなくなった釜は水屋で洗われ、蓋を替えるだけで点茶用の釜になりました。今回は粥なので釜を清めるのは簡単だったと思いますが、おこげができる普通のご飯の時はどうやって洗うのでしょう。こびりついて大変だと思いますが、そこは水屋の裏方さんがササラで必死にこそげとるとかw( ̄o ̄)w オオー!

P1020408.jpg

中立の前には手作りの蓬餅を。蓬が香り立ち、春の気配を十分に堪能させていただく。

P1020411.jpg

練っていただいた濃茶もたっぷりであつあつ。いつもダマができないようにと1杓目でお湯をたくさんいれてしまうので、長く練っているとさめてしまうことが多いのですが、2杓目をたっぷり入れるのがあつあつにするこつだと教えていただきました。

P1020409.jpg

後炭では、お粥をたきあげた炭は胴炭も中まで白く燃えており、寒い季節のこのような炉中はとても美しい景色。
お干菓子はこれもお手製の蕨の落雁、そしてほろほろ繊細な甘さの冬季限定、仙台の九重本舗霜ばしらをご用意いただきました。(これ大好き♪)

前後しますが、待合の軸は「龍起一澤氷」。本席は「茶〜(以下茶の徳について書いた漢文)」。

「龍起一澤氷」は円悟語録からの言葉で「鶴は飛ぶ千尺の雪、龍は起こる一潭の氷」の後半部分。「鶴は千尺も積もった雪原を蹴破って飛び立ち、龍は一面氷の淵を突き割って昇り起つ。」長年の修行の成果により、本来具有する仏の心が発露されること意味するそうです。

本来の意味とはちがえ、春が近づき薄くなった氷をつきやぶって天に登る様を想像して、なんて壮大な景色だろう、と思いました。

P1020414.jpg

楽しく勉強させていただいた茶飯釜の茶事もおわり、峯風庵さんのとっても賢い愛猫イチゴちゃん登場。
「苺」ちゃんとばかり思っていたら、一期一会の「一期」だったのね〜。

同席いただいた御連客様には共通の茶友が数人いることが判明し、これもびっくりやらうれしいやら。

P1020416.jpg

帰り道、じない町を楽しみながら。ここも古民家を利用したおもしろいお店が増えて楽しくなりそう。
こんな意匠も見つけましたよ。

P1020418.jpg
(雨樋の一部が鯉!)


関連記事

● COMMENT ●

歌右衛門の政岡が

「伽羅先代萩」の「まま炊き」の場面でこのようなことをしているというのがよくわかりました。

粥茶事は私も経験があります。粥をいただきながらだんだんご飯に近づくのが楽しいですよねえ。
また皆で竹筒でふ〜ふ〜も楽しいです。
よき1日でしたね。

N様

実は仙台萩のくだんの場面、見たことがないのですが、茶飯釜がかかると政岡のはなしはよくでるようです。あ、それで干菓子が仙台の霜ばしらだったとか、、、??

ひいらぎ様

今回はお粥だったのがよかったです。茶事の楽しみは人様々、シチュエーション様々でほんとうに尽きることがありませんね。まだまだ教科書通りしかできない私ですが、、、、( ̄▽ ̄;)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/45-ddaf749a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酒蔵仕込み見学〜伏見・招徳酒造 «  | BLOG TOP |  » 名店もりだくさん!丹後半島エクスカーション

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)
ポルトガル中部〜北部紀行 (2)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR