topimage

2017-06

茶事〜à la française  - 2015.04.17 Fri

お茶事 à la française 〜フランス風茶事、、、なんちゃって。

フランスに住んでおられたこともあるフレンチ料理がお得意なマダムのお宅におよばれ。懐石がフレンチといういわばフランス風ミニ茶事のはじまりです。


P41400153.jpg


汲み出しはHerb cordialというハーブドリンクをお湯でわっていただきます。飲みやすい飲み物ですね。


P41400033.jpg


テーブルコーディネートもà la française 。
前菜が蛸のハーブソース(お酒進む)、ラディッシュ(フランス風にバターと塩で食べる!意外といける)、チコリにリンゴやナッツ、ブルーチーズをのせたもの、プルーンを生ベーコンでまいたもの。さすがおフランス、おしゃれだわ。ワインがすすむこと!



P41400073.jpg


重ねたお皿がちょっとジャポニズム?で一閑人だったりして(^o^)



P41400093.jpg


ここからが茶飯釜みたいに席中で調理。スフレに使う卵白の泡立てをみんなで交代してがんばります。道具がもおうプロだわ。泡立てた卵白はスフレ用にホワイトソースをまぜて魚介料理の上にのせ、そのままオーブンへ。


P41400103.jpg



さてさて、スフレができあがるまでに、お先にオーブンにはいっていたテリーヌを。上にのっているのは紫蘇の葉だそうです。



P41400123.jpg


切り分けて、生野菜のサラダとともにいただく。ホテルのレストランを思わせるような盛りつけ。おいしゅうございました。トレビッア〜ン♪ と言うべきか(^-^)


P41400133.jpg


そうこうするうちに良い匂いがしてきましたよ。スフレ完成!



P41400143.jpg


アメリケーヌソースみたいなソース+魚介の上にふわふわスフレ。これはまぜまぜしていただくと美味しい>^_^< これはフランスの家庭料理なのかな、はじめての料理で、レストランなどでは食べたことがありません。



P41400023.jpg


ここらでもうおなかいっぱ〜い、、と言いながらやっぱり別腹は別腹。イチゴのタルト!するっとおなかにはいりました。あとフランスの料理法や食べ方などいろいろお聞きしたが、フランス語は圏外(?)なのであまり記憶に、、、、(^_^;) 食べてしゃべるのに忙しかったからね。


P41400203.jpg


ハーブティーやスミレのお茶などめずらしいお茶も飲んだにもかかわらず、ここからが新たに茶席になるのが茶友の流儀(?!)であります。


P41400263.jpg


茶友1さんの手作り和菓子!いつもおいしい和菓子、洋菓子をありがとう。
それにしても芸がこまかい!緑の部分はそら豆の餡なんですよ。おいしくてあとを引きます。


P41400283.jpg


茶友2さんの干菓子。寒梅粉の桜と蝶々。これもほろほろとろけるようなお菓子でした。



P41400243.jpg


お菓子を作る芸のない私は、このアルコールランプ風炉をもってきて、お茶をにごした(^_^; 銀瓶はマダムがみつけてきたもの。盆略でお薄をたてていただいた。ちなみに茶巾置は Taste-vin タストヴァン、ワインのソムリエが胸にぶらさげているあの試飲用カップですよ。



P41400273.jpg


お茶碗は、、、これもカフェオレボウル!



P41400323.jpg


茶友3さんの手作りラズベリークッキー。こちらも菓子作りを習われているプロの味でした。


P41400333.jpg


お茶を点てていただいてる間にも、茶友4さんが家のお近くで摘んでこられたたくさんの春の花を花寄に。それぞれの選んだ花器に思い思いに投げいれ。私がえらんだ花器はイタリアのレモンチェッロ(レモンのお酒)のガラス瓶。


花を愛で、お茶を飲んでおしゃべりして、これまた楽しい茶事 à la française でありましたこと!マダムに、ごいっしょいただいたマダムたちにも感謝!です。


関連記事

● COMMENT ●

お〜!
ついに始まりましたね。私は残念でしたが いつか伺うのを楽しみにしたいです。
亭主も素晴らしいですが お客様もすごいですねえ。
画面からゴクン。

ひいらぎ様

いろいろな方がいて、いろいろなお茶があるのが楽しいですね。

しぇるさん、こんにちは

いやいや、ご謙遜

なかなか、仏文化にも仏語にも明るい、しぇるさんでは^^

にしても、美味しくて、愉しい茶会ですね♪

高兄様

そういえば去年の夏はパリでした(遠い目)
フランス語は大学の時に趣味で速習コース受けてすぐ挫折、言語がわからないと文化もしみこみにくいです。
マダムはフランス語の通訳もおできになるのでうらやましい。
数年前なら仕事仕事でこんな時間はもてなかった!だからことさら楽しかったです。

一昨日の但馬コネクションのゲストはブックディレクターの幅允孝さんでした。今、岡崎の動物園の図書館作りの最中とのこと。それならと、しぇる様の噂をしておりました。彼も近いうちにお茶を始めたいとのこと、こんな楽しいお茶会もあるのだと知らせて差し上げましょう。
ちょうど今日は田道間守命を祭った中嶋神社の菓子祭、昨日は前日祭で豊岡も楽しく美味しい週末です。

そらいろつばめ様

そんな方には是非お茶をしてほしいですね!
明倫の茶会で「図書館茶会」なんかできたらいいのに。
お能のシテ方田茂井さんも前日祭で能「田道間守」をふたたび演じられたようですね。
いちど、これ京都でやらんかな、見に行きたい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/451-72307abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花の寺〜里桜の西陣聖天・雨宝院 «  | BLOG TOP |  » 哲学者をしのぶ茶会

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (18)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2017 (1)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (21)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR