topimage

2017-04

桜月雑記2015 - 2015.04.25 Sat

里桜もそろそろ終わりかけ、桜を尋ねて洛中洛外奔走した桜月もいよいよフィナーレ。この一月をふりかえって。


P32400013.jpg


桜の嚆矢は御所、近衛の糸桜。(近衛邸跡)

   昔より 名にはきけども今日みれば むべめかれせぬ 糸さくらかな
                                (孝明天皇)


殿上人の屋敷跡ゆえか、その雅さはなんともえいない。毎年なにがあっても会いにきたくなる。


P10900653.jpg


時を同じくして満開になる出水の桜(御所、出水の小川あたりにある)。



P32700883.jpg


これを愛でつつ、向かいの出水の小川の木の下でお弁当を食す。食後に一服、孫の手を借りて茶を点てる。


P32700893.jpg


ことのほか美味し!ちょっと光悦っぽいこの茶碗は大学卒業したてのA君が焼いたもの。気に入って毎日使っている。

糸桜がおわりかけのころ、ソメイヨシノが一斉に花開く。鴨川の堤にも洛中洛外の神社仏閣、個人のお宅にも街角にも。町を歩く人の心も浮き足だって、昼も夜も京都市中全部がうきうき浮かれているような、そんな頃になる。確かにこの季節、京の町はことのほか美しい。町のコンパクトなスケールもあいまって、こんなに桜が楽しい都市も他にないのではなかろうか。



P40201033.jpg


私は徒歩圏内に桜の名所をかかえている(?!)ので、遠出しなくても仕事帰りに夜桜を楽しむ。旧京都会館脇の疏水べりで。



P40201073.jpg


水に写った桜も美しい。ときおり十石舟が鏡面をやぶる。


P40201043.jpg


近代美術館の疏水縁の桜。こうして夜花見に来られるご近所さんは多い。



P40201143.jpg


夜に包まれ桜に包まれヒソヒソ話もまた風情あり。



P41900113.jpg


鴨川。
かくするうちに里桜の満開の頃は菜の花も咲き出す。利休忌(別名:菜の花忌)は旧暦2月28日、今年は4月16日だったのでまさしくそのころ菜の花って咲くんだ。


P41900183.jpg


大文字(遠くに見える)に菜の花がよく似合う、、、なんちゃって。
菜の花は利休がとても愛した花だとか、自刃の部屋にいけられていたからとか。裏千家では敬意をあらわして、利休忌が過ぎないと菜の花を茶室に生けないという。


P41900133.jpg


その鴨川近く、下鴨神社参道にある川口美術さんで大分の女性陶芸家・水垣千悦さんの陶展。確かこの方は漢字の「福」の字の箸置きを作られる方だった。白磁がお得意だと聞くが三島や刷毛目、染付などもすてきだ。


P41900163.jpg


鴨川に面するお庭の片庇(腰掛け待合い)で水垣さんの茶碗を使っての煎茶会。某流派なので適々のお茶、つまり茶碗に一滴か二滴。凝縮された茶のエッセンスを口腔と鼻腔で味わう。


P41900143.jpg


お菓子は聚洸さんの手の込んだ桜餅。餡を羽二重でくるんでその上から桜色の寒天をかけたもの。しかもおいしい。どうして京都の和菓子屋はどこもこんなにすごいのか。


P10901603.jpg


いいなと思った作品はすでにほとんど売約済み、ようやっとみつけたこのお皿を買い占めた(5枚)。染付の絵のとぼけ具合がいい。



P10901613.jpg


ちょっとトマトをのせても良い感じ。



P10901573.jpg


そろそろ炉の季節も今月でおしまい。桜を見る時間を捻出するため今月は自宅での茶会をあえていれなかったが、さすがにちょっとさびしいので、最近知己を得た茶友さんをおふたりお招き。裏千家は釣り釜は3月なのだけれど、表さんは4月だし、まあいいか。この自在、けっこう気に入っている。(大工さん作)


P10901543.jpg


おもたせの干菓子も桜に青楓がまじるようになった。


IMG_06123.jpg


気がつけばもう藤の花も咲き始め、、、、


P10901453.jpg



これは4年ほど前にvivasan 様にいただいた鉢植えのフタバアオイを坪庭に地植えしたもの。こんな大株になった。


P10901463.jpg


花もさいてるよ。(だれかがこれキノコに似てるといっとったな^_^; たしかに)豆餅で有名な出町柳のふたばさんの包み紙にも花、ちゃんとついてた。(最近は包装紙かわったのかな)

今年の桜月ももうおわり、賀茂の祭(葵祭)もまもなくだねえ、、、。


関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

桜、終わりましたね~

今年も、早かったなぁ・・・

私は夜桜撮りは、断念

眼に見る分は、良いけど

カメラだと、コントラストがきつくて

どぎつくなってしまうんやなぁ・・・^^;

まあ、私の腕が未熟なんですが><

可愛い 御孫さんの手 点てられたお茶はそれはそれは美味しいですよねえ。
ええなあ。

高兄様

目にまさるレンズはないですものね。
暗いところから明るい外を見ると目は光と影を両方認識するのに、カメラではどちらか一方になってしまいます。夜桜も目に映った姿がやはり最高。でも、カメラをもって挑戦は続く。(まあ、私の場合ハードル低いですが)

ひいらぎ様

点てるのはお上手(?)、あと抹茶を飲んでくれればねえ、、、、

まあまあ、お孫ちゃんのお手ての可愛いこと!!
来年頃にはうちの子もと、狙っています。今のところ、酸っぱい苦いがダメなので心配ですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そらいろつばめ様

お茶の先生んところのお孫さんはほぼ同じ頃生まれなのにさすがに抹茶大好きだそうです。
なにがちがうんでしょ?(◎-◎;)
とりあえず茶筅=お茶、、、のすりこみはできた!はず、、、、

鍵コメ様

申し訳ありませんが、いまは時間がいっぱいいっぱいでこれ以上手をひろげられませ〜ん。m(__)m
ごめんなさい。お声かけありがとうございました。

ありがとうございます!

チェックの仕方が分からず、お返事遅くなりました!
お忙しいとのこと了解しました。

これからも素敵なブログ楽しみにしています!

Mari様

すみませんでした〜。今後ともよろしく。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/456-40ce42c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鞍馬街道〜前編・門前集落・火祭りの里 «  | BLOG TOP |  » 好日居・茶ノ教室夜会〜清明から穀雨へ2015

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR