topimage

2017-08

Ryoriya Stephan Pantel - 2015.06.18 Thu

今月の月いちグルメ倶楽部はフレンチ。


Ryoriya Stephan Pantelさんに行きました。なぜここか?



P61400613.jpg



実は裁判所横、御所の真ん前のこの仕舞屋は以前ツキトカゲさんという鳥料理のお店だったのです。ランチはご飯に味噌汁もついてリーズナブル、御所で遊んだあとによく利用していたのです。(ツキトカゲさんはもすこし南に移転)新しいお店になってどう変わったか?ちょっと興味もあって。



P61400623.jpg


新しい店のシェフは祗園でKEZAKOという有名なフレンチのお店のシェフだったシュテファン・パンテル氏。実はKEZAKOには行ったことがない。でも名前は有名なので聞いたことはありましたが。



P61400813.jpg



基本的な構造はツキトカゲ時代とあまりかわらないけれど、内装はがらりとモダンスタイリッシュに。以前のKEZAKOが祗園にあったせいか、ご飯食べ(贔屓筋の客と外食する)とおぼしき芸妓さんのお姿もありました。



P61400633.jpg



さて、コースのスタート。
ただし何度もいうようですが記憶力が???なので食材に関してはあまり書くことがありません。アシカラズ。ただおいしかったとだけ。

これは根セロリのムースだったかな。それに数種の貝。真ん中の赤いのは、、、、忘れました(^_^;



P61400653.jpg



フレンチ食べにきて日本酒飲むやつ。
だってワインはようわからん。でも日本酒も五種類くらいそろえてはった。これは月の桂の増田徳兵衞商店、「抱腹絶倒」。とろりとして果実酒みたい。(増田徳兵衞商店には「吃驚仰天」という酒もある)



P61400663.jpg



ここは出てくる皿毎にカトラリーが変わる。すごいヴァリエーション。このスタイリッシュなナイフ・フォークはポルトガルのCutipol。



P61400673.jpg



前菜。海老にエディブルフラワー。フェンネルがフェンネルの味がして(ヨーロッパ製のあの黒いグミの味!)にやり。



P61400683.jpg



さて、この皿が問題の一皿。フォアグラの奈良漬け巻き。なんでもステファン・パンテルの名物料理なのだそうだが、、、


私→フォアグラダメ
相方→奈良漬けダメ


(^_^;(^_^;(^_^;
どうしてこんなコンビネーション、、、と思いつつお互いに苦手なものを交換。ごめんなさいシュテファンさん、決して一般的にまずいわけじゃないのよ。



P61400703.jpg



スープは冷製なにかの(^_^;)ムースに底の方はイカスミ、チョリソーのせ、バジルオイルをデコレーション。見た目もとてもきれいでおいしいスープでありました。



P61400713.jpg



魚はサーモンに賀茂茄子、万願寺唐辛子の京野菜とのコンビネーション。麦の穂みたいなのはアスペルジュ・ソバージュ(野生のアスパラ)。賀茂茄子がうまい!



P61400723.jpg



肉料理にでてきたナイフはなんと有次さんのだった!特注だそうで反対側には「ス」の刻印が。有次さんでは購入した庖丁に名前を刻印してくれるがStephanのSでなくてス、なのがええわ。


P61400773.jpg



よくみればこのカトラリー台のはじっこにも「ス」(^o^)



P61400743.jpg



肉はラム肉、緑のペーストはそら豆と枝豆だったかな。


P614007833.jpg



デザート。白い豆腐みたいなのが山椒のパンナコッタだったかな、これおいしかったよ。さわやかで。こんなコンビネーションもありか。



P61400803.jpg



コーヒーにはかるいアミューズ付き。(希望すれば別料金でチーズもいただけますがワタクシチーズモニガテ)
もうおなかいっぱいであります。




P61400823.jpg



外の門をくぐったところの前栽庭は以前とかわらないようですね。

どちらかというときちんとしたディナーのドレスコードの人が多かったような。私はカジュアルな格好で行ったがそこは年の功(?)でごまかす。(年とったら体をしめつける服がだめでねえ、、、トカナントカ^_^;)



P61400833.jpg



シュテファンさんに見送られて帰路につきました。久々のフレンチもいいわね。満足。



関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

KEZAKOの頃は、何度か伺った事があります

うちの相方も、彼も料理コース好きなんです^^

ステファン氏、料理だけでなく

話術も巧みですから

機会あれば、是非、カウンターで

ステファン劇場も、お楽しみくださいませ

高兄様

きっとKEZAKOに行かれたことがあるだろうと思っておりました。
有名なところは予約もとりにくく、、、、ついついいかずじまい。
残念ながらカウンターは常連さんがしめていたようです。
お見送りの時だけでしたが、気さくに写真撮影もOKしてくださって最後まで見送ってくれました〜(^◇^)

ツキトカゲ

この前、久しぶりにツキトカゲでランチしようと思って行ってみたら、名前が変わっていて、かなり入りにくそうな構えになっていたので、引き返しました。こんなお店になっていたんですね。

vivasan様

も、ツキトカゲ、ご愛用でしたね。
ふらっとはいってランチできたのがよかったのですが、、、、
まあ、まったくちがうコンセプトのお店になりました。
でもツキトカゲさん、もう少し南に移転営業されているので、いちど偵察行ってきます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/482-2f81fd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫陽花の矢田寺 «  | BLOG TOP |  » 台湾茶と道具展〜shop & gallery YDS

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
古筆 (1)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (22)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR