topimage

2017-05

いよいよ祗園祭月!〜粽作り - 2015.06.29 Mon

まだ梅雨空は続くが、来月は1日から祗園祭が始まり一月にわたっていろいろな祭礼行事が行われる。いよいよ待ちに待った(?)祗園祭月。


P62800093.jpg


四条室町あたりでは、もう電柱が祗園祭仕様。(鉾のために電柱の上部に黄色い網をかける)



P62800113.jpg



今年も昨年、一昨年にひきつづき綾傘鉾の粽つくりのお手伝い。

うわわあ〜〜な量の粽が待っている(綾傘鉾で3000〜4000本くらい。長刀さんは10000本とか)。



P62800163.jpg



この熊笹の(中味空)粽本体は深泥ヶ池周辺の専属の農家さんの手作り。これらの材料はかつて花背とか大原でまかなわれたらしいが、昨今は特に芯になる稲藁不足で東北地方にまで探しに言っていると聞く。ひとつひとつあだやおろそかにしてはいかんなあ。



P62800173.jpg


はだかの状態の粽。これに各山鉾町で飾り付けをしていくのだ。笹の葉の良い匂いに包まれながら作業開始。祗園祭学を学ぶ学生さん20〜30人といっしょに。



P62800183.jpg



綾傘鉾は綾小路室町西、会所にもなる大原神社の御札つき。三角の鱗マークはここの鉾のシンボルで浴衣にも棒踊りの衣裳にもついている。



P62800143.jpg


着物の打ち合わせと同じように巻いていく。ここで間違えたり汚かったりすると検品係がはねていくので丁寧に。



P62800133.jpg



完成はこのように。あ、なんて写真撮ってるばやいではない。粽は山とある。次から次へとがんばらなくては。根本の藁のところに稲穂がまんまくっついているのもあって、これは「当たり」やな。




P62800203.jpg



祗園祭はかつてはご町内の行事だったが、人口のドーナツ化現象もあって町内だけではどこも維持していけない。町家をつぶして次々と建つマンションの住民はあまり祭参加に積極的でないと聞く。そこで外部からのボランティアが活躍する。私もさることながらブロ友のいけこさんもacoさんも京都移住組、それぞれ別の山鉾町のお手伝いをしている。地元生まれの人よりも憧れが強いだけに思い入れも深いのよ。

お手伝いの形態は粽作りの裏方仕事から粽売り、数十人の浴衣の着付けまであるそうだ。昨今浴衣も着られない人が多いのはちょっと残念。


P62800213.jpg



さて、次はビニール袋入れ。このビニールにいれたまま軒先に魔除けでつるすので、よりきれいにいれないといけない。これが一番しんどい作業だ。


P62800223.jpg



できあがりはこんな感じ。みなさん、買ってね(^-^)



P62800283.jpg



最後にお買い上げの時に粽をいれてわたす紙袋に紐を通して終了。今年は学生ボランティアさんが帰る正午までに、全部出来上がらずあとはお町内の方の仕事になりそうだ。


P62800293.jpg



綾傘鉾スタッフの作業正装。首に巻いた鱗模様の手ぬぐいも忘れずに。

私、今も山鉾オリジナル手ぬぐいいくつか持っているけれど、今年から少しずつ各山鉾の買い足してコンプリートを目標にしよう。(御朱印集めるのもいいけれどより実用的)



P62800303.jpg



会所になる大原神社。注連縄更新はまだのようだ。
1日吉符入り、2日くじ取り式、、、いよいよ毎日がおっかけでいそがしくなりそうだ。二階囃子も聞きにいかなくては。



P62800313.jpg



綾小路をさらに西に行くと、最大級の町家、伯牙山の会所にもなる杉本家があるが、こちらでも粽作りしていたようだ。宵山周辺には屏風祭の一般公開もある。



P62800083.jpg



反対に東に行って愕然!!

あのすごく重厚な大きな町家(田中長・奈良漬の店)が消滅しとる!!
あ〜あ、、、鉾町にしてこれだ。なんとか保存できなかったのか。


P62900023.jpg



家に帰ってこの季節だけだす鉾の軸をかけて



P62900033.jpg



八坂神社のお守りかざって、、、祗園祭月を待つ準備完了。


関連記事

● COMMENT ●

うちにも綾傘鉾の粽あります。婿殿が持ってきてくれます。ひょっとしてしぇる様の作品では…
和菓子の会へは行かれませんでしたか?気が付いたのが二日前でしたので、もう諦めて、しぇる様の記事を楽しみにしておりましたが。

ひこうきぐも様

私がつくった粽がいく確率は計算上1%前後ですかね〜(^_^;
また宵山の時は機会がありましたらよろしくお買い上げくださいませ〜。
和菓子の会、時間を間違えてえらい迷惑をかけてしまいました。なのでまた記事にしますが肝腎のお参りにはいけませんでした。

6月からこういう大変な準備が進められているのですね。
しぇるさんのご苦労に敬意を表し、
今年の粽は綾傘鉾のにするカナ ? ( ← ヒトリゴト)

S&Y様

衣装の管理とかお囃子とかは新年になったとたん開始するそうです。
祇園祭で1年明け暮れるのね。
よろしければ是非粽おもとめください。(私、売り子はしませんというよりさせてくれません〜。やっぱり若くて可愛い子の方がええもんね)

おはようございます、しぇる様

わ~!お茶屋さんでお話しされていた粽づくり!
こんなに積まれると、壮観ですね~。
一度経験してみたいです(うちのお山は粽より別のがメインなので笑)
いよいよ祇園祭の月、私のキュウリ絶ちも始まりました・・・。

田中長・奈良漬の店閉店なさったのですか!?
びっくりしました・・・。

いけこ様

ビニール袋にいれるのが一番やっかいで、ゴムでしばる作業で親指いためました(^_^;
でも綾傘鉾で4000弱、長刀鉾は40000と一ケタちがうんですって〜(◎-◎;)
粽以外?手ぬぐいかなんか?のぞいてみまっす!

閉店ではなく移転だそうです。でもあの重厚な町家はなくなりました、、、(T.T)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/488-73c2957f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京都和菓子の会〜葵の菓子を愉しむ@上賀茂神社 «  | BLOG TOP |  » 紫陽花の雨に心洗う茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (203)
茶事(亭主) (23)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (14)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (34)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (20)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR