topimage

2017-06

二階囃子の夜2015 - 2015.07.06 Mon

祗園祭のお囃子の稽古はもうずっと前からはじまっているのだ。週末になると鉾町のあちこちでお囃子の練習が聞こえる。会所などの二階でされることが多いので、二階囃子といわれる。これを聞くのも祗園祭の楽しみ。今年もあいにくの雨に負けずでかける。


hokonotuji74.jpg



とくに新町や室町の人通りの少ない道で聞く二階囃子はことのほか味わい深い。
耳をすませて、、、あ、あっちでやってる、と音のする方へすすむのだ。


jizou74.jpg



ここは後の祭の大舩鉾。昨年巡行復活をはたした鉾の会所。初の曳き初め、ひいたもんね〜♪
後の祭なのでいまは練習してはらへんな。



funaboko74.jpg



こちらは船鉾の二階囃子。舟型の鉾は狭い通りから四条通りへ出航する様が見所の一つ。
年配者が小学生に口写しで拍子をおしえている。こうして代々伝えられていくその山鉾独自のお囃子。
聴いてみよう。はじまりのところなので少しゆっくりめ。ちなみに鉾町へ帰るときの帰り囃子は早い調子になる。






このあたりは岩戸山とごくちかいので、あっちからもこっちからもお囃子が聞こえて良い感じ。

こちら岩戸山。






これ聞いただけでどこの山かわかるようになったらすごいな。すべて聞き分けられる人、いるんだろうか。


iwatokousi.jpg



岩戸山の会所に去年からなっているTHE TERMINAL KYOTO。もと呉服商かなにかの大きな町家。



iwatokousi2.jpg


一階は座敷のカフェになっていて祗園祭期間中お休み処としておすすめ。



kinobu74.jpg



この町内には木乃婦さんもある。お帰りのお客さんのためにタクシーが行列しているあたりやはりすごいわ。



byoubu74.jpg



こちらのお宅ではミニ屏風祭。

新町も南北観音山は後祭なので、いまはまだお囃子してないのが残念。(一昨年は後祭なかったのでこのあたり賑やかだった)


houkaboko74.jpg



放下鉾の会所。ここには宵山の時二階にあがれる。お囃子はないようだ。



ayakasa74.jpg



綾傘鉾も奥の会所で打ち合わせ中かな。



kikusui74.jpg



室町の菊水鉾は町内の寄り合いが今終わったところらしい。



au-mu74.jpg


いつも手織寿司をランチに食べそこねている(開店前からならばないとありつけない、、、)新町のa wombさん、鉾町に隣接してたのか。夜の方が競争率少なくてありつけそう。


さて、四条通りにもどろう。四条通りは交通量も人通りも多いので、風情にはちと欠けるが。

函谷鉾。会所はビルの中。







お向かいの月鉾。



tukihoko74.jpg



ここは昨年鉾立の時、升酒をふるまってくれた。(今年も飲めるかな)



nagonata74.jpg



最後に長刀鉾。会所の前のアーケードの屋根が鉾建てのころ左右にぱかっと開くのは最近知った。







山鉾巡行の前日、翌日の晴天をいのって日和神楽が各山鉾ででる。今日は雨だが、当日晴れるといいな。



関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

ああ、情緒たっぷり^^

ええなぁ~

二階囃子♪

私は、今年の大船鉾の龍頭が、愉しみで溜まりません^^

高兄様

す、、、すみません!!
龍頭の話はデマでした!というか龍の掛け物が完成した、という話に尾ひれがついたみたいで、、、(^_^;
でも数年掛けて、龍頭をふくむ装飾品をふやしていく予定とのことで、そのうちきっと見られる、、と思います。

ありがとうございます

今日も素敵な体験をさせていただきました。

写真も文章も素敵で楽しくて、幸せな気分になりました。

ありがとうございます。

しぇるさん、再び、こんにちは

>龍頭の話はデマでした!というか龍の掛け物が完成した

ま、まじっすか?

大船鉾さんのHPで、早春に

木彫り職人さんの、募集をされていたので

復活かと・・・・あ~・・・・

シラユキゲシ様

いえいえ、ありがたいお言葉、励みになります。
祗園祭のおっかけは、もう無理!と体がきかなくなるまでがんばりますわ。
(腰痛はすでにあるけど、、、(^◇^;) )

高兄様

2月に募集なんで、そんなに早く完成するわけないですよね〜(^_^;
ちょっとフライングしました。
完成したらもっとニュースになってますよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/493-96713b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

salon de KANBAYASHI «  | BLOG TOP |  » 久世駒形稚児の綾戸國中神社

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (18)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2017 (1)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (21)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR