topimage

2017-06

宵々々山〜黄昏点描2015 - 2015.07.15 Wed

14日は、まだ歩行者天国ではなくて、露店もでないし、半数くらいの山鉾でもう粽売ってるし、お囃子もしてるし、観光客より地元の人がふらふらしているので、、、宵々山、宵山より風情があって好きですね〜。


日中は体温越えの暑さだったので、さすがに危険を感じて自重、黄昏時におもむろに鉾町へでかける。ふらふら歩き回った鉾町点描。


sugimotokenohakuga.jpg



伯牙山の会所の杉本家住宅。宵山期間中は屏風祭もあり、一般開放(有料)してくれるので、いつもなんとなく中へよせてもらうな。



P10905703.jpg



今年も大きな氷柱で涼をとる室礼、この暑さではこんなもんではどうにもこうにも、と思うが、大きな町家の中は外気より温度が低いのだ。木造建築バンザイ。



P10905743.jpg



綾小路も西洞院をすぎると人混みもなくてよい風情。



P10905773.jpg



芦刈山の会所飾りには荷茶屋(にないちゃや:巡行に付随してかつて行列の人に茶をたてた)もおいてある。太子山ではこれを新調して昨年か一昨年から知人のTさんが実際巡行中にお茶をたてて保存会の役員さんに振る舞うのを拝見できるようになった。



P10905833.jpg



鉾町の西、南のはずれ、一番昔の風情を感じさせる太子山。ここは子どもたちの♪ろうそく一本献じられましょう〜が聞ける。会所は秦家住宅



P10905843.jpg



これこれ!これがTさんの荷茶屋。



P10905903.jpg



太子山のすぐ北東にある木賊山。ここの会所は現役の医院なのだ。はいると消毒薬などの病院独特のにおいがして好きだわ。大きな商家だった町家もあればビルの一角や、こんな医院の一角がある、というところが会所のおもしろいところやねえ。



P10905913.jpg



まだ駒形提灯に灯りは入らない。



P10905943.jpg



町中じゅうに祭礼の提灯がかかる風情がまたよろし。残念なことにこんな景色は日本全国のあちこちから徐々に消えていっている。



P10905963.jpg



木賊山から高辻に抜ける細い路地にも祭礼の提灯。



P10906003.jpg



かつて祗園祭の期間中、各家はこんなお飾りをしていたのだろうな。こんな家並が軒を連ねていた頃を見てみたい。学生の頃はまだ少し面影があったと記憶するが。



P10906013.jpg



岩戸山の会所に昨年からなった大きな呉服問屋だった建物を利用したTERMINAL KYOTOさん。奥でビールも飲めまっせ。



P10906033.jpg



船鉾の向かいに立つ長江家住宅。ついこの前まで現役の布問屋だった。京都和菓子の会で利用させてもらったこともある。しかし、、、、ご多分にもれず当主の高齢化、跡継ぎなし、、、で不動産屋に売却されたのだ。おかげで中にはいって奥まで拝見することはできたが、、、、

立命館大の教育事業にも利用する、、、という話だが、いつまで壊されずに残るか、、、かなり心配。四条町家みたいにならなければいいが。



P10906083.jpg



船鉾のご神体の神功皇后をチラ見。戦のために根性で?出産予定日をおくらせた、、、という逸話のあるスーパーエンプレスなのだ。



P10906123.jpg



四条通りへでてみると、、、、月鉾の向こうに夕暮れ時のめずらしい虹も見た。

先日曳き初めのときにもらった無料拝観券で月鉾にあがらせてもらう。外側をお囃子の人たちが演奏しているのを見ながら中をくるっと回れる、、、というのはおもしろかった。ほんまお囃子の人たちは命綱つけてないんや。




P10906243.jpg



日が落ちてきて、とうとう提灯に灯がはいった。いつも烏丸の東にぽつんとはずれている保昌山(和泉式部ゆかり)ははずれているがゆえに、ほとんどいったことがないので、この日はがんばって歩いて行って見た。近くに胡粉ネイルで有名な胡粉屋さんなんかもあってわりと賑わっている。あ、木と根さんの近くだったんや。



P10906363.jpg



こちらも例年恒例の菊水鉾の茶席。高い位置で鉾が見られるのでおすすめ。今年も亀廣永さんの「したたり」ここでいただく。(お皿も持って帰る。4枚たまった、、、)


白楽天山で、くじ改めの練習をしてはるのを見た。小学生低学年くらいかな。






山鉾の順番のはいった紙をあらためてもらって、後に続く山鉾を招く、、、
おわったらギャラリーは拍手。本番、がんばれ〜!



P10906513.jpg



この日の戦利品。これから数年かけて全山鉾の手ぬぐいゲット計画の手始め。(月鉾、船鉾、綾傘鉾)

ああ、台風がちょっと心配。無事巡行できますように。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/501-69536b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嵐の宵山〜綾傘鉾の日和神楽 «  | BLOG TOP |  » 南禅寺大寧軒

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (16)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (21)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR