topimage

2017-10

南観音山危機一髪?!2015 - 2015.07.19 Sun

神さんをのせた神輿は四条の御旅所できげんようしてはるはず。24日の還幸祭、神さんのお帰りのための後祭の準備がいよいよはじまった。


大きな山鉾は新町通りの四条をはさんで大舩鉾、南観音山、北観音山。


P71903513.jpg


これは南観音山の真松。りっぱな松だこと。

北と南の観音山は真松といって大きな松をたてる。はるばる滋賀県から造園業者が運んでくるのだが、二本とも遜色ないながら、とりあえず松取り式といって、南と北でくじをひいいて前に選ぶ方をきめるのだ。例年13時ごろだったのだが、後祭復活でこの日は朝の11時にもうおわっていたらしい。残念。



P71903583.jpg



北観音山にもいって見よう。こちらも立派な松だ。



P71903613.jpg



ここの作事方はいろんな地方から出張ってきていると聞いた。海の向こうからもおいでのようだ。



P71903543.jpg




北観音山は山鉾連合会吉田会長のお家(無名舎)の真ん前でもある。



P71903703.jpg



進捗状況をみると南の方が少し早いかな?



P71903713.jpg



松の木がもう心棒にくくりつけられているし。

まだ真松立てには時間がありそうなので、四条通りをわたって大舩鉾を見に行く。



P71903743.jpg



昨年150年ぶりの巡行復帰をはたした船の勇姿がみえる。


P71903893.jpg



なにせ新しいので、木材のいい香りがまだまだするのだ。いつかこの香りも失せてすっかり祭になじんでいくのだろう。



P71903983.jpg



この鉾町(四条町)にお住まいの書家、窓月庵坐屼(そうげつあんざこつ)先生を囲んでなにやら。先生は大舩鉾のシンボル、凱旋の「凱」をかかれた方なのだ。(私その凱の扇持ってる〜)



P71903843.jpg



なんと作事方の人たちが自分のTシャツに「凱」と書いてもらっている。かっこいい〜。ひとつほしいな〜。2年前、まだ巡行復帰前、お囃子だけ復帰した大舩鉾の会所で先生に集印帳に一筆「凱」を書いてもらった。これ、軸装しようかな、と思っている。





P71903903.jpg



こちらは石持(鉾の重しになるとってもとっても重いパーツ)をのせてはこぶ台車。良く滑るように荏胡麻の油をぬってはります。この車輪、岸和田だんじりのおさがりなんだそうで、、、




P71903993.jpg



鉾町にはところどころこんな四角い穴ぼこあり。これは前祭でもう巡行終了した放下鉾の会所前。ここに木の角材をはめこんでてこのようにして山立てに使うと、今年はじめて気づいた。



P71904023.jpg



南観音山。お、石持がでてきた。



P71904123.jpg



鉾をたおす支点となる部分。さっきの四角い穴ぼこ、活躍中。



P71904233.jpg



まずは鉾を90度たおして、、、、



P71904303.jpg



真松をさしこんで、、、、



P71904383.jpg



また90度起こす、、、あ、立った立ったと思ったら、、、危機一髪のハプニング!!






なんとか作業方にも観客にも怪我はなくてなにより。



P71904403.jpg



本体が動いてゆがんで松が引っかかった状態。松がぽきっといかないかとヒヤヒヤもの。




P71904413.jpg



ここにくるまで待つこと2時間。なのにさらにここからの修正が長かった。でも今年は鶏鉾の鉾立も最後まで見とどけられなかったので、ここだけはなんとか見たい!

見れば遠景にすでに立っている北観音山の真松が見える。選択をちと間違えたが、こういうハプニングも珍しい経験かも。


ここからさらに待つこと2時間、計4時間も待ったことになる。ここは日陰なのと曇天なのと風があったので、なんとかしのげたが、ちょっとキツイ。



P71904453.jpg



電動ジャッキもくりだして、、、


P71904463.jpg




なにごとか、と視察にこられた吉田会長のお姿も。

結局いちど本体を元に戻して支点をしめあげ、やっと松立て。


P71904533.jpg


まず90度に倒す。



P71904543.jpg



真松さしこむ。




(途中で顔を横にして見てね^_^;)



今度こそ!緊張がはしる!私も他の観客も、思わず「立て!立て!」と心の中で叫んでいたに違いない。




P71904623.jpg



やった〜〜!!立った〜!



失敗してもあせらず慎重に粘り強く作業をすすめた作事方のみなさんに大きな拍手!

こちらも緊張した今年の真松立ては例年よりはるかに感動的であったことはいうまでもない。






関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

おお、感動、感動!

記事を拝読して、さらに感動!

実は、本日は休みでして

祝日で休みの娘を連れて、新町辺りを、ぶら~り^^

大船鉾、愉しみ、愉しみ^^

拍手!!!

高兄様

私はさずがに今日の曳き初めはパスしました。暑い〜〜
おじょうさんとの鉾町歩きはいかがでしたか?
曳き初めも参加されました?
どんな写真をとられたか、こちらも楽しみ〜>^_^<

花咲さん

今年は4時間待った甲斐があった松立てでした〜!!

しぇるさん、再び、こんにちは

流石に、私たちも

曳き初めは、パス^^;

夕方に、一般拝観の大船鉾に

娘は、鉾に乗れて、喜んでおりましたよ^^

そうそう

四条町の方と、話していて

例の龍頭

もう、ほんとんど完成しているらしく

来年には、その勇姿が鉾頭に観られそう

ああ、愉しみや^^

高兄様

そうでしたか〜。
私も今宵いってきました。
では来年こそ竜頭が見られるんですね。また見所がふえました。
露店がないので、屏風祭もゆったり、後祭の方が風情がありますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/505-8518027b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

他流派朝茶事 «  | BLOG TOP |  » 前祭・山鉾巡行点描2015

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR