topimage

2017-06

還幸祭〜御霊遷し2015 - 2015.07.26 Sun

後祭巡行の夜。


四条御旅所にいてはった神さんが八坂神社へお帰りになる。お帰りになる前に神輿に乗って氏子の住むエリアでお遊び、見回りしはる還幸祭。

来年見にいかはる人のために時間系列とともにその還幸祭の点描を。



P72408033.jpg



19時すぎの鯉山町。山はもう片付けられていて、提灯だけが巡行の名残。



P72408053.jpg



黒主山の誉田屋さんの前ではキーヤン(木村英輝さん)の鯉の幟もかたづけられている。

19:30ごろ  三基すべての神輿が通る三条通を西へさかのぼる。


P72408083.jpg



巡行復帰をめざす休み山の鷹山の会所が室町三条西に。三条通り唯一の山。ここで粽も売り出しているようだ。これも早く復帰するといいな。



P72408113.jpg



三条通では各家の前に床机をだして、みなさん神輿を待つ。年配の方は今年も見られる、という思いで。



P72408143.jpg



子どもたちは花火で遊びながら。


こういう祭の風景はほんとうに心にしみる。



P72408263.jpg



20:00前  三条堀川東  八坂神社神官、宮本組、の行列通過。



P72408283.jpg



20:00過ぎ  同場所にて綾戸國中神社神官と久世の駒形稚児さん。


P72408333.jpg



「駒形稚児の到着なくば、御神輿は八坂神社から一歩も動かすことならぬ」

神輿を先導する駒形稚児はまさに神の依り代。

今年は久世の綾戸國中神社までお参りもさせてもらった。



P72408313.jpg



八坂神社へ向かう行列をお見送り。


P72408373.jpg



20:25ごろ 三条堀川の三条会商店街入り口で中御座。一基につき約500人の輿丁さんがつくので男臭い集団がおしよせる。

♪ ホイットホイット







P72408453.jpg



三条通の塩屋町かいわいに、今年は後祭を盛り上げようと、かつて軒先に吊されていた提灯を半世紀ぶりに復活させたそうだ。



P72408473.jpg



20:50ごろ 三条西洞院、東御座。



P72408513.jpg



コチラには子供神輿もつくのでミニチュアの法被を着たお子たちも多い。



P72408533.jpg



東は四若の輿丁さん。



P72408573.jpg



三条会商店街の入り口にある三條若狭屋さんには仲良く三基の御神酒札。



P72408583.jpg



そのまま商店街を西へ。最後の西御座、錦の輿丁さんの姿がみえだした。



P72408613.jpg



商店街の中ほどにある御供社では還幸祭の時だけ、神社の鳥居の横に斎竹をたて、池の水辺を表す芝生を敷き、三本の御幣をたてるオハケとよばれるものがたつ。神輿は三基ともここをお参りするのだ。


21:05 最大級の神輿、西御座、来た〜!






御供社の前で鳴り鐶ならしてひともみ。



P72408693.jpg



神輿のてっぺん、鳳凰がくわえている稲束はご神田にて収穫されたもの、八坂神社へかえったときに輿丁さんや関係者が一束ずつおもちかえり。



P72408703.jpg



しかし、ここの商店街では輿丁さんと一般人がいりまじる、至近距離のおつきあい(?)



さて、ここで私は八坂神社へ先回りして、祗園のマッサージ屋さんで1時間休憩にはいります>^_^<


23:00過ぎ 八坂神社


P72408813.jpg



中御座、東御座はもう舞殿にお帰り。あとは西御座を待つばかり。


P72408873.jpg



西御座のお帰り。このあと三回境内を練って、よ〜さ〜よ〜さ〜のかけ声のもと、輿丁さん最後のお仕事、舞殿へ安置。


そして、、、、23:40過ぎ

真っ暗闇、、、といいたいところだが、今年も雲明かりで薄闇の中、オ〜オ〜の警蹕(神様がおとおりになる、という合図のようなもの)の声の中、三基の神輿にうつってはった神々が八坂の本殿におかえりになった。今年も昨年にましてたくさんの人がいっさいの明かりを遮断して(携帯もカメラもoff)参加。これはちょっと鳥肌ものでくせになるよ。



P72408933.jpg



ふたたび明かりのついた境内。すでに神様がでていかれたあとの三基の神輿。
28日の神輿洗い、31日の疫神社の夏越祓え、これで今年も祗園祭はほぼおわった。

今年もまた同じように祗園祭を楽しめたありがたさに頭をたれる。自分も家族もまわりも、明日になにがおこるかわからぬ人生と思えば、来年もまた、きっと同じように楽しめますようにと祈らずにはおられない。



関連記事

● COMMENT ●

今年も 楽しませていただきました。

ありがとうございましたv-63

名無し様

楽しんでいただけたなら幸いです(^-^)

しばらく休養します。

しぇる様へ

遅くまで、お疲れ様でした。
私は、八坂神社の4花街を含む舞を見物した後、暑さに中り、少し、休養して
19時には四条から帰途につきました。
従って、しえる様のレポートで還幸祭を楽しんでいます。

後、8月1日の八朔ですが、今年は土曜日ですので、全国からカメラおじさん、おばさんが
参集するのでしょうね。
それまで、体力の回復を期さないと・・・・

narahimuro様

長かった祗園祭もおわろうとしています。
今年もブログに書ききれなかった新しい事を知ったり出会いがあったり、心に残る1ヶ月でした。
しかし、、、この酷暑、疲れました〜。
これからはまたいつものゆっくりペースで更新します。

八朔は週末にあたり大混雑が予想されるため警察からお知らせもでています。
どうぞ、お気をつけて!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/511-0899e8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信長公陣中茶会の茶狂な人々〜楽々荘 «  | BLOG TOP |  » 後祭・山鉾巡行点描2015

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (18)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2017 (1)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (21)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR